FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



福岡市民劇場 12月例会 【毒薬と老嬢】半分寝てた (^^;;
2018年12月12日(水)


今日は、有休(半休)を取って、福岡市民劇場の12月例会
【毒薬と老嬢】 を観に来ました。

20181212171529d4d.jpg

劇団NLT の50周年記念公演とのこと。

しかし、イマイチで、半分寝ていました!





関連記事
テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

ドヴォルザーク 交響曲第9番 【新世界から】 について!(自分史)
2018年12月11日(火)


今日は、facebook のグループ 【クラシックを聴こう】への私の投稿から

【ドヴォルザーク 交響曲第9番 新世界から】
に関する他の方の投稿にコメントを返信!

伊東 大典さんの『元投稿』

伊東 大典 2018年12月8日 14:53
 とても発音が難しいですが、いちおう「ドヴォルザーク」としておきましょう。チェコ大使館員に笑われるかも知れませんけどね。

 「新世界」(大阪ちゃうで!)の演奏では、ケルテス&ウィーン・フィル以上のものに未だ出会えていません。
これまで多く聴いたのですがね・・・

 カラヤン晩年のこの録音、やはり足を引きずるようなテンポ感があるものの、真摯で緊張感溢れる表現にはおおいに惹かれます。
ケルテス盤の次に愛好しています。



上の投稿に対する私の返信投稿! 

 イシュトヴァン・ケルテス。(ハンガリー人なのでケルテス・イシュトヴァンと読むべきでしょうが)指揮、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のドヴォルザーク 交響曲第9番 『新世界から』は、スコア(総譜)付きで、自由の女神の写真が付いているLPレコードを買いました。

 私の初めてのクラシック全曲との出会い。中学1年生の時。吹奏楽部で大阪市音楽団編曲の第4楽章抜粋を演奏した際に勉強の為に。
 大阪難波の【大十】と言うレコード店で進められて。

 それ以来スコアリーディングも趣味となり、クラシックに没入❣️

 私的にもこの『新世界から』が最高です。

 ケルテス指揮の日本フィルハーモニー管弦楽団の演奏をフェスティバルホールで聴き、LPレコードのジャケットにサインをもらいました。
 奥様のEdithさんも御同行されてました。

 その後、海水浴中の事故で急死されて慟哭しました❗️

 プラハに旅行した際に、ケルテス指揮のドヴォルザーク交響曲全集を買いました(笑)



 ネット画像検索で、懐かしいLPレコードのジャケットの画像を見付けました!
Kertesz Dvorak From the New World Jacket_1965
   ケルテス・イシュトヴァン (KERTESZ ISTVAN) 指揮
   ウィーン・フィルハーモニー (Wiener Philharmoniker) 管弦楽団
   ドヴォルザーク (DVORAK) 交響曲第9番 『新世界から』
   ロンドン・レコード (LONDON ; LP盤) 1965年頃発売

【関連記事】

【中欧三都市ふらり旅-第39回】 ドヴォルザーク記念館
 観劇レビュー&旅行記 - 2007年9月3日
http://junsky07.blog89.fc2.com/blog-entry-238.html


【中欧三都市ふらり旅-第40回】 スメタナMuzeum
 観劇レビュー&旅行記 - 2007年9月4日
http://junsky07.blog89.fc2.com/blog-entry-239.html


【中欧三都市ふらり旅-第41回】 国民劇場 と カレル橋
 観劇レビュー&旅行記 - 2007年9月5日
http://junsky07.blog89.fc2.com/blog-entry-240.html


【中欧三都市ふらり旅-第43回】 オペラ「ルサルカ」
 観劇レビュー&旅行記 - 2007年9月3日
http://junsky07.blog89.fc2.com/blog-entry-243.html

関連記事
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【香椎宮雅楽保存会 第三回演奏会】 を聴く!
2018年12月10日(月)

きのう地元、福岡市東区の『なみきスクエア』で開催された
【香椎宮雅楽保存会 第三回演奏会】
を聴きに行ってきました。

2018年12月9日(日) 18時30分〜20時00分
『なみきスクエア』 なみきホールで。

雅楽と云うとマイナーのイメージで集客が心配ですが、
会場の1階部分には結構観客が詰めかけていました。
おそらく4百人ほどは入っていたのではないでしょうか?

演奏中の撮影禁止につき、写真はありません。

楽曲はどれも同じような感じがして、激しい処も殆ど無く
何度かウットリ・コックリ・・・


今夜は、中央区の光円寺で18時00分から
JAZZ in Temple も開催されていますが、
そちらは毎年行っているので、今日は
こちらの雅楽の方を聴きに参りました。



以下に、プログラムなどの画像を掲載します。

KashiiGagaku_20181209_TopM.jpg
   プログラム 表紙

KashiiGagaku_20181209_Lobby.jpg
   開演前のロビー風景

KashiiGagaku_20181209_Stage.jpg
   開演前の舞台セット(公演中は撮影禁止につき写真無し)

KashiiGagaku_20181209_Program-00.jpg
   公演次第(プログラム)

KashiiGagaku_20181209_Program-1.jpg
   演目紹介 (前半)

KashiiGagaku_20181209_Program-2.jpg
   演目紹介 (後半)


KashiiGagaku_20181209_Gakki-01.jpg
   楽器紹介-1:管・打楽器系(実際にその楽器を一節演奏して音色も紹介)
   私は【笙】のパイプオルガンのような音色が好きで一度吹いてみたい!

KashiiGagaku_20181209_Gakki-02.jpg
   楽器紹介-2:弦楽器系(実際にその楽器を一節演奏して音色も紹介)

KashiiGagaku_20181209_Hazmode.jpg
   プログラム裏表紙 (表紙では『平成三十年十二月九日』と書いてあったのに
   裏表紙では来年の初詣案内に【2019年】と何と西暦表示! 神社なのに!
   来年は元号は変わるけど、それは5月のことで、正月は平成三十一年だけど。




関連記事
テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

アクロス福岡で ゲアハルト・オピッツ ピアノリサイタル を聴く!
2018年12月9日(日)

今日の午後2時からアクロス福岡 シンフォニーホールで
ドイツ正統派ピアニズムの流れをくむ
ゲアハルト・オピッツさんの三大B リサイタルを聴きました!

2018120916272050c.jpg


演目の前半はベートーヴェンのピアノソナタ2曲。

最初の楽曲は、ピアノソナタ第17番『テンペスト』の予定が、
演奏が始まると第14番『月光』が始まりました。
予想外の展開。

その後は、予定通りのプログラム。

以外にも後半最初のバッハのパルティータ第5番も
最後のブラームスのピアノソナタ第2番も初聴きらしい。

バッハのパルティータは、バッハらしく無いと云うかロマン派の雰囲気。

ブラームスのピアノソナタ第2番は、ブラームス最初のピアノソナタと言うことで、
19歳の時の作品。 なので、極めて派手で超絶技巧が続く楽曲でした。
ちょっと辟易するくらい音符の多いド派手な第1楽章でした。

アンコールは、ピアノソナタ第17番『テンペスト』の第3楽章
観客に心の琴線に触れた演奏でした!


アクロス福岡の公演案内から

ゲルハルト・オピッツ ピアノリサイタル

ドイツ正統派の巨匠が"3大B"(ベートーヴェン、バッハ、ブラームス)の名曲を奏でる!



ドイツ正統派ピアニストとして国際的に活動を続け、日本で最も人気のあるピアニストの一人、ゲルハルト・オピッツが再びシンフォニーホールに登場です。

ウィーン・フィル、ベルリン・フィルなどの世界の名だたるオーケストラとの共演を重ねるオピッツ。とりわけ現代の巨匠として知られるリッカルド・ムーティ(シカゴ交響楽団音楽監督)の信頼は厚く、バイエルン放送交響楽団、ニューヨーク・フィルハーモニックほか各地で共演し、絶賛を博しています。

古典から現代まで幅広いレパートリーを持ち、特にベートーヴェンとブラームスに関しては、世界最高の演奏者の一人として確固たる地位を確立。

今回は、まさに巨匠オピッツが真骨頂を発揮する“三大B(”ベートーヴェン、バッハ、ブラームス)の名曲をたっぷりと味わうことのできる豪華なプログラムとなっています。

オピッツ自身も「私にとって“偉大なる三大B“のこのプログラムを演奏できることは、至福の喜びであり、大変な栄誉である」と本公演への強い思いを語っており、この冬要注目のリサイタルであることは間違いありません。


関連記事
テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

前川喜平さんの教育講演会を聴く!
2018年12月8日(土)


今日は朝10時からと言う異例の開催時間に行われた
前川喜平さんの講演会を聴きに行きました。

朝からの講演会と言うのにチケットは完売とのことで、
会場は満席状態。

20181208220241668.jpg

この講演会の後で別会場で開催された
望月衣塑子さんの講演会の模様は私のもう一つのブログに
掲載しています。
【Entertaining Journalist 望月衣塑子さん講演会】
JUNSKY blog 2018年12月8日(土)
http://junskyblog.blog.fc2.com/blog-entry-5127.html

・・・・・・・・

【前川喜平さんの講演会】
不登校から見えてくる教育の未来
〜 多様性を考える 〜
福岡市中央区の都久志会館にて
2018年12月8日(土) 10時00分開会


以下は投稿者(私)が、iPad ダイレクト入力したものであり、
前川喜平さんのお話を正確に伝えるものではありません。
雰囲気を感じて頂ければ幸いです!
・・・・・・・・・・


前川さん自身も小学3年の1学期末から3学期まで不登校だった。
奈良県御所市出身だったが、東京に転校した。
夏休みにプールの授業が有ったが、奈良県ではプールの授業が無かった。
泳げないのは私だけで苦痛だった。
そのあと、学校に行けなくなった。
話す言葉も異なりバカにされたりもした。
そう言うのが息苦しくなり、身体症状が現れた。
腹痛や吐き気が有ったが「学校に行かなくても良いよ、嫌なら寝てなさい」
と母に言われたら症状が消える状態だった。
奈良では優等生だったし、地域の名士の子どもだったので、
前川家のお坊ちゃんだった。
それが東京でドン底に落とされて成績もグンと下がった。
私にとって一番暗い時期が8歳のこの頃。
ケネディ暗殺あった年。
東京でも転居して港区今の地名では西麻布。
4年から6年迄過ごした。
そちらでは先生も良かった(深見先生)。



201812082202402c5.jpg


【不登校】について

平成4年に文部科学省が『不登校』について方針を提起。
その前は『登校拒否』とネガティブな表現。

不登校は子どもの問題ではなく学校の問題と捉える。

子どもの尊厳から捉えるのか、国の方向に従わせるのか?

一人ひとりの幸せが何よりも大切、と言うのが
日本国憲法の求める教育ではないか?

人があり、社会があり、国がある。

国や憲法が先にある訳では無い。

個人の尊厳が大事。
だからと言ってほったからしにしていて良いものでは無い。
学ばなければ人間らしく生きるものにならない。

個人の尊厳において、人々に序列は無い。
人種、性別、地位、職業、等など。
LGBTについてに説明(略)

憲法第14条 個人の尊厳としての平等。



201812082202384ed.jpg


【日本国憲法、教育基本法制定前の日本】

お国の為に役に立つ人間になりなさい。
果てはお国の為の死になさいが美徳に!
明治19年。(明治5年に教育制度が発足)
森有礼が戦前の学校制度の基盤となった。
国家須要な人材を養成する。

軍隊で行われた体操や装備が教育に持ち込まれた。

今も残っている。
詰襟制服:陸軍の制服。
セーラー服:海軍の制服。
運動会:野戦演習。
ランドセル:兵隊の背嚢。
入場行進など:分列行進。
これらのエピソードを説明(略)

就学免除:元は戦前の考え方。
義務教育の『義務』とはお国の為に役に立つこと。
役に立たない不具者は、教育する意味がないので免除する。

この就学免除と言う制度は未だに残っている。
これは大きな問題である。

戦前の教育のバックボーンは『教育勅語』
国の為に命を捨てよ と言う教義ようなもの。
しかし、未だに残っている。




【1980年代の中教審で、教育の見直しに着手】

中曽根氏の改革方向は「国の役に立つ子どもを育てよう」
教育基本法の改革が必要だ。→ 2007年に第一次安倍内閣で実現。
中曽根氏のもう一つの改革。三公社の民営化。

臨教審の論議は中曽根氏の思惑とは多少変わり、
第1部会と第3部会対立もあり結構オープンな論議が戦わされた。
「個性重視」個人の尊厳、個性の尊重、自由自律、自己責任などが
謳われ、憲法の理念を再確認する結果となった。
生涯学習体系への移行。生涯を通じて学習の重視。
学校だけでは無いとの考え方。
生涯教育では無く生涯学習としたのは画期的!
上から目線の教育では無く、自らの意志で学ぶ事を重視した。
臨教審のパラドックス。
中曽根氏は臨教審は失敗だったと結論づけた。



【学びたいと言う自発的意志】

自分が学びたい事を勉強することは喜びであり、
活き活きとして学習している。

夜間中学で喜んで勉強している姿。
本当の学びの姿。
昼間の 中学校は本当の学びの姿ではない。

話変わって、
今や全てがコンピューターで動いている時代。
国と国との境目も下がってきている。
来年からは移民解禁となり(昨日『入管法』が可決成立)
我々の隣人として受け入れ尊重する覚悟を決めなくてはならない。
政府は覚悟を決めていないが、国民は覚悟する必要がある。
地球温暖化、テロ、などなど、
地球が壊れてしまわないようするのが人間の課題。

自ら学び、自ら考え、人々と協力して行動する。
その根底には自らの学びが基本とならなけらばならない。

【日本国憲法 と 教育基本法】

日本国憲法は、個人の尊厳がベースになり、
学習権もその中の重要な部分。
日本国憲法に明示はされていないが最高裁判例で定義。
日本国憲法13条(幸福追求権)に含まれる。
第23条では、学問の自由。
福沢諭吉の『学問のすすめ』で言う学問とは広い意味での学習であり、
高度な研究的学問と言う意味では無い。

教育を受ける権利と、国が教育の機会を提供することが
表裏一体の欠くことのできない要素。

「前川の講演を聴いてはいけない」とか今もあるが、
学習権には自由主義的要素と社会権的要素がある。

国民の活動に対して口を出すとか、やってはならないことと、
教育の機会を保障すると言う、やらなければならないことがある。
最低限の教育は無償でなければならない。
日本国憲法の理念に基づいた教育をしなければならない。
学問の自由に基づいて行われるべき教育に
権力が口を出すことはやってはならないこと。
教科書検定と
『国は大枠としての教育の基本を決めても良い』最高裁判例。
検定も学問の自由に基づいて確認された新しい事象を
追加削除するなどが目的であり、政治的な介入を許すものでは無い。

教育での差別はしてはならない。
大学入試における女子差別などは私学であっても認められない。

日本国憲法26条。
① 全て国民は、その能力に応じて等しく教育を受ける権利 の明示。
国民には日本に住む全ての人々と考えるべきである。
能力に応じても解釈が問題。単一の尺度で測れるものでは無い。
一つの尺度とは、偏差値とか IQ とか、全国テストの結果とか。
このような尺度で人間の能力の全体を見ることができないえ。
ペーパーテストの結果だけで評価される。
数学よりも家庭科などの方がより大事。
「この中で2次方程式を日常に使っている方はどれほどいらっしゃいますか」(爆笑)
数学は好きな人が勉強すればよい。
私の場合は数学は苦手だったがピタゴラス定理は魅力的だった。
魅力を感じた人は突き詰めて考えれば良い。
「能力に応じて」は、「個性に応じて」と読み替えるべき。
「等しく」と言う言葉も大事。
人間は、そもそも1人では生きて行けない訳で。
「共に学ぶ」と言う言葉があればなお良い。

第14条(法の下の平等)人種、性別、社会的身分、門地などが謳われている。
それに加えて「経済的地位」が第23条には入っている。

児童養護施設では、18歳以上になれば自活しなさいとなり、
教育を受ける権利が経済的地位によって実現できない。

義務教育(日本国憲法の第26条)
その保護する子女に普通教育を受けさせる義務をおう。
義務教育は無償とする。
保護者の義務となっている。憲法に書く必要は無かったと思う。
寧ろ国の義務を書くべきだった。
「国は全ての人に無償で普通教育を受ける機会を提供する義務がある」
とするべきだった、と言うのが前川の案。


【教育機会確保法】

学校教育法では「就学義務」となり、
学校に行かない事が悪い事のように思われた。

今の制度では、全ての人から落ちこぼれている人が大勢居る。

学校と言う画一化された制度の中では教育の機会均等は保障されていない。

義務教育は学校だけと言う認識が強かったが、
『義務教育機会確保法』(略称)は、大きな意味があった。
年齢、国籍に関わらず(日本国憲法を超えている)
国際人権規約では、国籍を持たない人にも教育を受ける権利を謳われている。

この法律で、初めて日本国籍を有しない人々にも教育の機会を保障した。

学校の側に変革を求めている。
格一的な仕組みに馴染めない人々は、必ずでてくる。
『窓際のトットちゃん』のエピソード(略)
黒柳徹子さんは、今で言えば『発達障害』の一つに分類されると思われる。
「ともえ学園」
こばやしそうさく と言う方が創立した。
太平洋戦争の最中にこんな自由な教育ができた学校があったことは奇跡!

『義務教育機会確保法』は、自民党から共産党迄含む
超党派の議員立法として検討され、馳浩が代表。
前川は、文部官僚としてお手伝いしただけ。

最初の馳浩案は超党派の反対にあい、次の代表丹羽試案で纏まった。
学校には在籍するが、学校外での学習も容認。
学校の改革。
休養の必要性を認めた。
15歳までの時期に普通教育を受けられなかった人々にも教育の機会を提供する。
ここで夜間中学が重要になってくる。
形式卒業者へも教育機会を作る。学校には来ていないのに卒業証書だけは受領した人にも再度中学校に入れるようにした。
夜間中学の現状では外国人が多数学ぶことになった。

これからドンドン外国人が入ってくるようになるが、無償での日本語学習の機会の提供も大事。

九州や四国には公立夜間中学は無い。
四国に無いのは獣医学部だけでは無かった。爆笑

【インクルーシブ教育について】

どのような障害があろうとも教育の機会を提供する。
共に学べる環境を拡げて行くのが重要。
共に学び、共に生きる。
障害に応じた学習方法が必要。


【LGBTについて】

学校や教師の理解を深め人権と考える。
日本の制度はまだまだ其処まで行っていない。
最新の人権感覚を教育に取り入れて行かねばならない!

あと、1時間欲しいが、会場の時間制限があるので。

以上:11時50分頃終了


関連記事
テーマ:教育問題 - ジャンル:政治・経済

映画【かぞくいろ】の元ネタはビッグコミック・オリジナル連載の【テツぼん】だった!
2018年12月3日(月)


先週の土曜日の12月1日に 中洲大洋で見た
映画【かぞくいろ−RAILWAYS わたしたちの出発−】の原作は
ビッグコミック・オリジナルに連載の【テツぼん】でした!

今頃気付いたのですが、
行きつけのランチハウスで、たまたま【テツぼん】を見たら、
奥薗晶とか駿也とか出演キャラクターがそのままでした。




そう言えば、映画のクレジットの中に何故か【テツぼん】と
有ったのが気にはなっていたことを思い出しました。

それで、バックナンバーを見てみたら第22号にその映画との
提携広告が・・・ (下の写真)




バックナンバーをもう少し辿ると、第21号にもヒロインが
出てきてました!



関連記事
テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

映画【かぞくいろ ―RAILWAYS わたしたちの出発―】を見る!
2018年12月2日(日)

きのう、午後3時からの九州交響楽団の演奏会を聴く前に
午前中は、中洲大洋で、有村架純さんがヒロインを演ずる映画
【かぞくいろ ―RAILWAYS わたしたちの出発―】
を見ました!

20181202155310bf4.jpg


静かに進行する家族愛の物語です。

ヒロイン・奥薗晶(有村架純)の夫・修平(青木崇高)はクモ膜下出血で急死します。
その夫の子ども駿也は、前妻の子どもで、前妻は出産死してしまっています。

修平は1人で子どもを育てていますが、ある日スーパーで買い物中に晶に会い
結婚に至るのです。

晶は、その連れ子・駿也を自分の子どもとして確信を持って育てるのですが・・・

夫の死後、子どもを連れて夫の父・奥薗節夫(國村隼)を訪ね、
しばらく其処に居させてもらうことにします。

その父は『肥薩オレンジ鉄道』の運転手で定年を間近にしています。

晶も運転手を目指すことに・・・

と言う感じで、二重の死がテーマのドラマですが、ある意味この種の映画の
定番のストーリー展開になっています。

『肥薩オレンジ鉄道』を舞台に展開するヒューマンドラマでした。

公開日の翌日でしたが、観客は十数人と淋しい状態でした。


映画公式サイト
http://www.railwaysmovie.jp/

中洲大洋公式サイトによる映画紹介

20181202153628f8a.jpg

監督 : 吉田康弘
出演 : 有村架純、國村隼、桜庭ななみ、歸山竜成、木下ほうか、筒井真理子、板尾創路、青木崇高

晶は、夫・修平とその連れ子・駿也と東京で幸せに暮らしていたが、修平の突然の死で生活は一変。
残された駿也と共に夫の故郷・鹿児島へ向かい、まだ会ったことのない義父の節夫を訪ねる。
節夫は、運転士の仕事一筋で家族を顧みずに生きてきたが、突然やってきた晶たちを戸惑いつつも受け入れ、3人の共同生活が始まった。
そして晶は、亡き修平の子供の頃の夢でもあり、電車好きな駿也のため、鉄道の運転士を目指すことに。
「このままじゃダメだって分かってます。変わりたいんです。」血のつながらない息子の母として、そして運転士になるためまっすぐに生きようとする晶の姿に、これまでの人生で見出せなかった<大切なこと>に気づいていく節夫。
愛する人を亡くし、一度家族を失った3人は、もう一度<家族>になれるのだろうか――。




映画.com による作品紹介

【かぞくいろ RAILWAYS わたしたちの出発 】
https://eiga.com/l/OmNpl
@eigacomさんから

【解説】
地方のローカル線を舞台に鉄道にまつわる人々の人生をつづったヒューマンドラマ「RAILWAYS」シリーズ第3作。有村架純が鉄道の運転士を目指すシングルマザーの女性を演じる。
夫を突然亡くしてしまった奥薗晶は残された夫の連れ子を抱え、夫の故郷である鹿児島県に住む義父・節夫に会いに行く。鉄道の運転士で、妻に先立たれて1人で暮らす節夫は、長い間疎遠だった息子の死、さらに初めて会う息子の嫁、そして孫の存在に困惑する。しかし、行くあてがないという2人を鹿児島の家に住まわすことを渋々認め、3人の共同生活がスタートする。生活のため仕事を探していた晶は、節夫と同じ肥薩おれんじ鉄道の運転士試験を受けることを決意する。運転士という仕事は亡くなった修平の子どもの頃の夢でもあった。
晶役を有村、義父の節夫役を國村隼がそれぞれ演じる。
監督・脚本は「バースデーカード」「旅立ちの島唄 十五の春」の吉田康弘。

【作品データ】
製作年 :2018年
製作国 :日本
配給 :松竹
上映時間 :120分
映倫区分 :G
オフィシャルサイト:http://www.railwaysmovie.jp/

【キャスト・スタッフ】
配役 : 役名
有村架純:奥薗晶
國村隼:奥薗節夫
桜庭ななみ:佐々木ゆり
歸山竜成:奥園駿也
木下ほうか:相羽雅樹
筒井真理子:楠木幸江
板尾創路:水嶋徹
青木崇高:奥薗修平

スタッフ
監督:吉田康弘
脚本:吉田康弘
エグゼクティブプロデューサー:阿部秀司
プロデューサー:石田和義、秋吉朝子、櫛山慶、石田聡子
ラインプロデューサー:渡辺栄二
撮影:柴崎幸三
照明:上田なりゆき
美術:古積弘二
装飾:小林宙央
衣装:岡田敦之、牧亜矢美
ヘア・メイク:宮内三千代
特機:奥田悟
録音:白取貢
編集:村上雅樹
音楽:富貴晴美
主題歌:斉藤和義


関連記事
テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

九州交響楽団 第372回定期演奏会
2018年12月1日(土)

九州交響楽団 第372回定期演奏会を聴きに来ました!

開演前の14時30分からロビーコンサート。

20181202151044368.jpg


今日は、チェロとコントラバスのデュエット!
初めて聴く楽曲でした。

20181202150327f8d.jpg


オーケストラの楽曲は開幕景気付け(笑)に
ワーグナー:楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」 第1幕への前奏曲

2018120215033404b.jpg


続いて、オーストリア出身の美人ピアニスト
コルネリア・ヘルマンをソリストに
モーツァルト:ピアノ協奏曲 第23番 イ長調 K.488

201812021510447c6.jpg


15分の休憩を挟んで本日のメインイベント
エルガー:交響曲 第1番 変イ長調 作品55

第1楽章は、マサに『大仰』を絵に描いた、いや音にしたような
オーケストレーション! それに終わりそうで終わらず長い!!!
ちょっと辟易気味。

第2楽章はスケルツォと言うことで、軽快ではありますが
イマイチ乗って来ない感じ。
切れ目無く続く第3楽章は、それは美しくゆったりした曲で
残念ながら半分寝ていました。
第4楽章も第1楽章を超える『壮大』且つ同じようなフレーズが
長々と続く冗長な楽曲でした!

イギリスでは、第2の国歌とも言われる『威風堂々』を作曲した
エルガーの交響曲と言うことで皆さん誇りを持っているらしく、
人気が高い楽曲であるとのこと。

初演以来、イギリスはもとより欧米各国で何度も演奏された
有名な交響曲ですが、日本では余り馴染みが無いそうです。

201812021510456ac.jpg



関連記事
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

小津 2K デジタル修復版 【麦秋】を中洲大洋で見ました!
2018年11月30日(金)

おととい・11月28日、【SONG & DANCE】を見る前に
中洲大洋で、小津安二郎監督の1951年制作の映画
【麦秋】2K デジタルリマスター版を見ました!

201811301930220cf.jpg
(画像は公式サイトより)

先日、 NHK テレビでデジタル修復の様子が紹介されていましたが
ひとコマひとコマ手作業で(とは言えコンピューターですが)
修復して行く気の遠くなるような作業を続けるのでした。

この番組を見ていなかったら、この映画も見にこなかったと思います。

制作年・1951年と言うと私が生まれる前のこと。

その頃、既に東京には『高層』ビルディングが立ち並び、
ビルの間には多数の自動車が動き回り、
『コカコーラ』と云う飲み物も流行しているようでした。

『麦秋』と云う題名に因んだ風景は映画の最後に映し出される
田舎(劇中では『やまと』と呼んでいるのでおそらく奈良辺り)
の光景でした。

特に大きな波乱もない日常風景でした。

ヒロインは原節子さんで、淡島千景さんや杉村春子さんも脇を固めていました。

男性陣では、あの笠智衆さんが若いイケメンでした(笑)。
佐野周二氏も若い魅力的な上司を演じていました!

観客は二十数人ほどでした。
【麦秋】は、この日、1日だけの上映だったようです。


映画.com (https://eiga.com/l/n6yq)による作品紹介

小津安二郎 【麦秋】デジタルリマスター

【解説】
製作は「自由学校(1951 渋谷実)」「虎の牙」に次ぐ山本武。脚本は「宗方姉妹」と同じく野田高梧と小津安二郎との共同執筆。監督は「宗方姉妹」に次ぐ小津安二郎作品。
撮影は常に小津作品を担当する厚田雄春。
出演者は、「西城家の饗宴」の菅井一郎、「自由学校(1951 渋谷実)」(松竹)の笠智衆、淡島千景、杉村春子、高橋豊子、「白痴」の原節子、東山千栄子、「天明太郎」の佐野周二、「あゝ青春」の三宅邦子、「恋文裁判」の二本柳寛、「初恋トンコ娘」の井川邦子などである。

【ストーリー】
間宮周吉は北鎌倉に住む老植物学者である。
息子康一は医者で東京の某病院に通勤、娘紀子は丸ノ内の貿易会社の専務佐竹宗太郎の秘書である。
佐竹の行きつけの築地の料亭「田むら」の娘アヤは紀子と学校時代からの親友で二人共未婚であるが、安田高子と高梨マリの級友二人はすでに結婚していて、四人が顔を合せると、未婚組と既婚組とに対立する。
折から間宮家へは周吉の長兄茂吉が大和の本家より上京して来たが、紀子の結婚談が出る...
同時に佐竹も自分の先輩の真鍋という男との縁談をすすめる。
間宮家では、周吉夫婦をはじめ康一たちも佐竹からの話に乗り気になり、紀子も幾分その気になっているが、古くから間宮家の出入りである矢部たみの息子で、康一と同じ病院に勤めている謙吉が、急に秋田の病院へ転勤するときまったとき、謙吉こそ自分の結婚すべき相手だったことに気がつく。
謙吉には亡き妻との間に光子という三才の遺児があり、恒産もないので、間宮家では四十歳ではあるが、初婚で、善通寺の名家の出である真鍋との結婚を希望するが、紀子のたっての希望を通してやることにする。
紀子は秋田へ去り、周吉夫妻も大和の本家へ引きあげて行く。その大和はちょうどさわやかな麦秋であった。...

【作品データ】
製作年 :1951年
製作国 :日本
配給 :松竹
上映時間 :124分

【キャスト・スタッフ】

配役 : 役名
菅井一郎:間宮周吉
東山千栄子:しげ
笠智衆:康一
三宅邦子:史子
原節子:紀子
村瀬禪:實
城澤勇夫:勇
高堂国典:茂吉
淡島千景:田村アヤ
高橋トヨ:のぶ
佐野周二:佐竹宗太郎
二本柳寛:矢部謙吉
杉村春子:たみ
宮内精二:西脇宏三
井川邦子:安田高子
志賀真津子:高梨マリ
伊藤和代:矢部光子
山本多美:西脇富子
谷よしの:「多喜川」の女中
寺田佳世子:看護婦
長谷部朋香:病院の助手
山田英子:會社事務員
田代芳子:「田むら」の女中
谷崎純:冩眞屋

スタッフ
監督:小津安二郎
脚本:野田高梧、小津安二郎
製作:山本武
撮影:厚田雄春
美術:浜田辰雄
音楽:伊藤宣二
録音妹尾芳三郎
照明:高下逸男
編集:浜村義康
衣裳:斎藤耐三
監督助手:山本浩三
撮影:助手川又昂


関連記事
テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

皇位継承儀式『大嘗祭を国費で賄うのは疑問』秋篠宮が積極的な発言!
2018年11月30日(金)

今朝の西日本新聞を見てビックリした!

第1面TOP記事で、秋篠宮殿下が皇位継承儀式の大嘗祭は
宗教的色彩が強く国費で賄うのは憲法上疑問が有る!
との趣旨の発言を誕生日記者会見と云う公式の場で行った、
と言うビッグニュース!

20181130164241017.jpg

上の記事から、大嘗祭に関する発言要項部分を拡大して掲載。

20181130164627094.jpg


国政に対する天皇の発言は憲法上疑義があり、
一昨年夏の天皇の御言葉にも様々な評価があったが、
天皇では無い秋篠宮には憲法上の規制は無いとのこと。
(横田耕一 九州大学名誉教授ほかの話し)

20181130164628baf.jpg

ノンフィクション作家の保阪正康氏は日刊スポーツで以下のように話されている。

ノンフィクション作家の保阪正康氏は
「政府はまともな議論をしないまま、前例を踏襲すると早々に決めてしまった」と指摘。
「発言は、政教分離についてきちんと考えてほしいという、皇室側の強いメッセージだと受け止めた」
と話した。




毎日新聞による秋篠宮さまの記者会見全文を読むと、
自身も憲法との関係は良く考えた上での発言らしい。

皇室:秋篠宮さま53歳に ご夫妻の記者会見全文 ‬
‪毎日新聞 ー 2018年11月30日‬
‪https://mainichi.jp/articles/20181129/mog/00m/010/011000c‬

 秋篠宮さま 行事、そういう代替わりに伴う行事で、いわゆる国事行為で行われる行事、それから皇室の行事として行われるものがあります。国事行為で行われるものについて、私が何かを言うことができるかというと、なかなかそういうものではないと思います。そういうものではないんですね。一方、皇室の行事として行われるものについてはどうか。これは、幾つかのものがあるわけですけれども、それについては、ある程度、例えば私の考えというものもあっても良いのではないかなと思っています。

 --具体的に。

 秋篠宮さま 具体的にもし言うのであれば、例えば、即位の礼は、これは国事行為で行われるわけです、その一連のものは。ただ、大嘗祭(だいじょうさい)については、これは皇室の行事として行われるものですし、ある意味の宗教色が強いものになります。私はその宗教色が強いものについて、それを国費で賄うことが適当かどうか、これは平成のときの大嘗祭のときにもそうすべきではないという立場だったわけですけれども、その頃はうんと若かったですし、多少意見を言ったぐらいですけれども。今回も結局、そのときを踏襲することになったわけですね。もうそれは決まっているわけです。ただ、私として、やはりこのすっきりしない感じというのは、今でも持っています。整理の仕方としては、一つの代で一度きりのものであり、大切な儀式ということから、もちろん国もそれについての関心があり、公的性格が強い、ゆえに国の国費で賄うということだと。平成のときの整理はそうだったわけですね。ただ、今回もそうなわけですけれども、宗教行事と憲法との関係はどうなのかというときに、それは、私はやはり内廷会計で行うべきだと思っています。今でも。ただ、それをするためには相当な費用が掛かりますけれども。大嘗祭自体は私は絶対にすべきものだと思います。ただ、そのできる範囲で、言ってみれば身の丈にあった儀式にすれば。少なくとも皇室の行事と言っていますし。そういう形で行うのが本来の姿ではないかなと思いますし、そのことは宮内庁長官などにはかなり私も言っているんですね。ただ、残念ながらそこを考えること、言ってみれば話を聞く耳を持たなかった。そのことは私は非常に残念なことだったなと思っています。



私は、この発言を評価したいと思います。

西日本新聞では、第1面TOPだけでは無く、第3面、29面も
使って詳しく報道しています。

以下に紙面の写メを掲載します。


【西日本新聞 第3面】

20181130165645468.jpg

201811301656448d0.jpg


【西日本新聞 第29面】

2018113017024291d.jpg

20181130170241044.jpg

20181130170241a5f.jpg

【関連記事】

‪皇室:秋篠宮さま 大嘗祭「宗教色強い」公費に否定的見解 - ‬
‪毎日新聞 ー 2018年11月30日‬
‪https://mainichi.jp/articles/20181130/k00/00m/040/144000c‬

 秋篠宮さまは30日、53歳の誕生日を迎えられた。これに先立って紀子さま(52)と行った記者会見で、来年5月に即位する新天皇が五穀豊穣(ほうじょう)を祈る皇室行事「大嘗祭(だいじょうさい)」について「宗教行事と憲法との関係はどうなのかというときに、やはり(天皇家の私的生活費である)内廷会計で行うべきだと思う」と述べた。政府は公費(宮廷費)を充てる方針を決めている。皇族が政府の判断に否定的な見解を公言するのは珍しい。

 代替わりに伴う行事への考えを聞く記者の質問に答えた。大嘗祭は来年11月14~15日に皇居で行われる。

 秋篠宮さまは会見で、大嘗祭への公費の支出に「宗教色が強く、(平成の代替わり時も)そうするべきではないという立場だった。すっきりしない感じは今でも持っている」と政教分離の観点から違和感を示した。

 前回は皇居内に祭場の「大嘗宮(だいじょうきゅう)」を建設し、費用総額は約22億5000万円だった。政府は今回も大嘗宮を新設する方針だが、秋篠宮さまは「身の丈に合った儀式にすれば、皇室の行事として本来の姿ではないか」と形式にも言及した。

 秋篠宮さまは宮内庁の山本信一郎長官に見解を伝えたことも明らかにし、「話を聞く耳を持たなかったのは非常に残念だった」と批判した。山本長官は「持論は承知しているが、宮内庁の立場を説明してきた。決定事項への考えを述べられたのだろう」としている。

 また、秋篠宮さまは長女眞子さま(27)と米国留学中の小室圭さん(27)の結婚延期について、「結婚したい気持ちがあるのであれば、(小室さん側が)相応の対応をすべきだ」と述べた。昨年末から週刊誌などで報じられた小室さん側の「金銭トラブル」を念頭に会見などでの説明を求めたとみられる。結婚延期後に秋篠宮さまが公式の場で発言するのは初めてで、「多くの人が納得し、喜んでくれる状況にならなければ婚約にあたる『納采(のうさい)の儀』を行うことはできない」とも語った。【山田奈緒】

【大嘗祭(だいじょうさい)】

 新天皇が皇室の祖とされる天照大神(あまてらすおおみかみ)や神々に新穀を供え、自らも食べることで五穀豊穣(ほうじょう)や国の安寧を祈る儀式。毎年11月にある「新嘗祭(にいなめさい)」のうち、天皇が即位して最初に行う儀式を指す。平安時代の法令集「延喜式」では最も重要な宮中祭祀(さいし)と位置付けられた。中世に一時中断するなど、儀式のあり方は時代によって変化した。1909年に公布された即位儀式を定めた「登極令」で実施が明記されたが、47年の廃止後は法的な根拠はない。




秋篠宮さま発言に波紋 不満、戸惑いも識者は擁護
日刊スポーツ ー 2018年11月30日(金)
https://www.nikkansports.com/general/news/201811300000350.html

秋篠宮さまが、天皇の代替わりに伴う重要祭祀(さいし)「大嘗祭(だいじょうさい)」への国費支出に疑問を示された発言が波紋を呼んでいる。記者会見の内容が公となった30日、秋篠宮さまの政府決定への異論に、政府関係者らの間では戸惑いや不満が広がる一方、識者からは「一つの見識」と擁護する声も上がった。

政府は、平成の代替わりを踏襲し、大嘗祭への国費支出を決めた。秋篠宮さまは会見で「宗教色が強いものを国費で賄うことが適当かどうか」と異議を唱えたが、官邸筋は「持論とはいえ、お立場を考えればふさわしい発言だったのか」と不満を漏らす。「発言を抑えられなかった」と考え、宮内庁に矛先を向ける政権幹部もいる。

皇族を支える宮内庁内では、戸惑いの声が多い。ある幹部は「皇族の方にもいろいろなお考えがあり、発言を止めることはできない。ただ、大嘗祭を担う皇太子さまは了解されているのに、なぜ波風を立てるような発言をされたのか、理解できない」と困惑を隠さない。「水を差すだけの無責任な発言だ」と憤る職員もいる。

一方、ノンフィクション作家の保阪正康氏は「政府はまともな議論をしないまま、前例を踏襲すると早々に決めてしまった」と指摘。「発言は、政教分離についてきちんと考えてほしいという、皇室側の強いメッセージだと受け止めた」と話した。

秋篠宮さまは30日午前、天皇、皇后両陛下に誕生日のあいさつをするため皇居・御所を訪問。半蔵門を通る際、沿道に集まった人々の「おめでとうございます」という声に笑顔で会釈した。(共同)






...read more
関連記事
テーマ:天皇陛下・皇室 - ジャンル:政治・経済

熊川哲也 Kバレエ カンパニー 「コッペリア」 in Cinema を見る!
2018年11月29日(月)

きのう、劇団四季の【SONG & DANCE 65】 福岡公演を見に行く前に
ユナイテッドシネマ・トリアス久山で
熊川哲也さん率いる 『Kバレエ カンパニー』のシネマ・ビューイング
【コッペリア】 in Cinema を見ました!

Coppelia_Poster01.jpg


作曲したのは、ドリーブ。

コッペリウス爺さんが創った機械人形コッペリアに恋する
若者たちと、機械では無い生身の女性・スワニルダを巡る
コミック・バレエ。 しかしバレエ的には超絶技巧も!

今回はベテランの中村祥子さんたちではなく、若手が抜擢されているようです。

楽しみましたが、公開後しばらく経っているので観客は僅か3人でした!
採算取れるのかなぁ?
あれだけ多くの出演者やオーケストラや指揮者や舞台技術者に
ギャラを払わなければならないのに・・・ (-_-;)


Kバレエ カンパニー 「コッペリア」公式サイト



  映画.comによる【コッペリア】作品紹介 

【解説】
 熊川哲也が主宰する「Kバレエカンパニー」による公演を映像収録し、映画館のスクリーンで上映する「熊川哲也 Kバレエ カンパニー in Cinema」のシリーズ第8弾。
 Kバレエカンパニー20周年の記念イヤーを飾る第1弾として2018年5月に上演された「コッペリア」を上映。

 19世紀半ばのヨーロッパのとある村。自らの理想の女性を模した機械人形を作ることに執念を燃やす老人コッペリウスは、村の美しい娘・スワニルダを自分の人形に取り入れようと、スワニルダを見かけてはスケッチしたり、採寸したりしていた。
 一方、スワニルダの恋人フランツは最近、コッペリウスの家のバルコニーで姿を見かけるコッペリアという娘の存在が気になり……。
 19世紀クラシックバレエの名作を、2004年に熊川の演出・再振付により生まれ変わらせた一作で、かつては熊川自身も出演した作品を、Kバレエカンパニーの若手ダンサーたちの出演で上演した。

【作品データ】
製作年 : 2018年
製作国 : 日本
製作者 : Kバレエ・カンパニー

【キャスト・スタッフ】
 配 役 : 役 名
小林美奈 : スワニルダ
山本雅也 : フランツ
スチュアート・キャシディ : コッペリウス

芸術監督 : 熊川哲也
演  出 : 熊川哲也
再振付  : 熊川哲也
原振付  : アルテュール・サン=レオン
音  楽 : レオ・ドリーブ
管弦楽  : シアター オーケストラ トーキョー
指  揮 : 井田 勝大
舞台美術 : ピーター・ファーマー
衣  装 : ピーター・ファーマー
照明デザイン : 足立恒



関連記事
テーマ:バレエ - ジャンル:学問・文化・芸術

劇団四季【SONG & DANCE 65】福岡公演を観る!
2018年11月28日(水)


キャナルシティ博多のキャナルシティ劇場で公演中の
劇団四季【SONG & DANCE 65】福岡公演 を観にきました。
18:30開演。

201811282115017ec.jpg

数日前のメールニュースで、今日の公演の前に
『リハーサル見学会』と云うイベントがあります、と・・・
16:00前に劇場に到着して、16:20からのイベントに参加。

何と、たまたま順番に成った座席はホールの ど真ん中!

入場すると既にフラメンコダンス部分を入念にチェックされていました。

続いて、ライオンキングの一部を音楽歌付きで場当たり。

イベントの最後に、質問コーナーがあり、
劇団員4人が緞帳前で応対。
福岡出身の平田愛咲さんも出てました。
随分顔立ちも女優らしく成ってました!

20181128211500b64.jpg
リハーサル見学会の前にはキャスト表も空の状態。
リハーサルの状況によってはキャストチェンジも有り得ることを
示唆しているものと思われます。

・・・・・・・・

18:30から本公演。

昨日のこちらの投稿で紹介した数多くの楽曲が次々に披露されます。

私たちの期待の星・平田愛咲さんは、次世代を担うエンターテイナー
として位置付けられているようで、本役では未だ演じていない
ヒロインの楽曲を次々とソロで歌っていました。

既に本役をこなした事のあるナンバーでは、
『美女と野獣』からヒロイン・ベルの登場ナンバー「変りものベル」
未経験のナンバーでは、
『リトルマーメイド』からアリエルが歌う「海の上の世界」ほか
『アラジン』よりヒロイン・ジャスミンの歌う「行こうよどこまでも」
『ウィキッド』よりエルファバが歌う『自由を求めて』三重唱。
『ウエストサイド物語』より「アメリカ」プエルトリコ人役。
『アンデルセン』より「マリンバ・パフォーマンス」一員として。
などなど登場シーンがすごく多い役柄でした。

20181128213517b9a.jpg

ヴォーカル・ソロ部分は、ほとんど松本奈緒さん、平田愛咲さん、谷原志音さん
の3人でやっていたようです。 みんな上手い!

ダンサーはメインは6人のようでした!
女性11人、、男性11人の全部で22人で公演していました!

Song Dance 65_Fukuoka-IMG_IMG_1808
  センター左の上下とも白い衣装が平田愛咲さん(地元で特別扱い?笑!)
   (画像は初日を伝える メールニュースのリンクからコピペ)

舞台装置は人力で動かしているようでしたが
幾つもに分割された階段の動かし方などは絶妙でした。
(上の写真で後方舞台幅いっぱいにある6段ほどの階段が
 2mほどの幅で多数に分割して様々なフォーメーションに!)

その他に、多分割されたハーフミラー(1.5m x 3mほどか)を
さまざまに構成しての演出もありました。

2018112821150274d.jpg
    ロビーには クリスマス飾り付けも。

面会の申し入れを事前にしていなかったので、
平田愛咲さんとの面会は叶いませんでした (-_-;)

『ソング&ダンス 65 福岡』 (キャナルシティ劇場)
 2018年11月28日(水) キャスト表

【男性】
瀧山久志,一和洋輔,芝 清道,笠松哲朗,
厂原時也,二橋 純,岩崎晋也,櫻木数馬,
分部惇平,佐々木玲旺,河津修一

【女性】
平田愛咲,松本菜緒,谷原志音,
多田毬奈,相原 萌,金 友美,
小島光葉,伊藤瑛里子,坂本すみれ,
宮澤聖礼,相馬杏奈






関連記事
テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

劇団四季【SONG & DANCE 65】福岡公演 11月23日より上演中!
2018年11月27日(火)

キャナルシティ博多のキャナルシティ劇場で
劇団四季の【SONG & DANCE 65】福岡公演が11月23日
初日を迎えたとのこと。

以下、劇団四季のメールニュースのリンクから引用
 

 『ソング&ダンス 65』福岡公演が開幕しました!

11月23日(金・祝)、キャナルシティ劇場(福岡・博多)にて、『ソング&ダンス 65』福岡公演が開幕しました。

今年4月から全国各地の皆様へ熱い感動をお届けしてきたこの作品。いよいよ西日本ラストとなる福岡公演の初日、劇場は期待に満ちた大勢のお客様で賑わいました。
幕が上がると、お馴染みの演目から九州では上演したことのない演目、最新作まで、数々のナンバー、そして迫力のダンスシーンに、会場中が熱気と興奮で溢れます。迎えたカーテンコールでは、パフォーマンスを繰り広げた出演者へ大きな拍手が送られました。

『ソング&ダンス 65』福岡公演は、12月9日(日)までの2週間限定。
本作を西日本でご観劇いただける最後のチャンスです!
期間中には、「リハーサル見学会」や「出演者トークイベント」なども実施予定。
劇団四季65年の足跡と未来への道を描く、感動と興奮のステージをどうぞお見逃しなく!

<『ソング&ダンス 65』福岡公演 イベント概要>

★リハーサル見学会
対象公演
【一般】11月28日(水)、12月4日(火) 18:30公演

★出演者トークイベント
対象公演
【会員】11月29日(木) 13:30公演
【一般】12月7日(金) 13:30公演



Song Dance 65_Fukuoka-IMG_1794
   (画像はメールニュースのリンクからコピペ)

私は、明日観に行く予定です。


劇団四季【SONG & DANCE 65】

以下の楽曲が次々と歌われ踊られる予定です。

ミュージックナンバー

ACT1

「サムホエア」

『ウェストサイド物語』
作詞/スティーヴン・ソンドハイム 作曲/レナード・バーンスタイン 日本語歌詞/岩谷時子

「ヴァリエーション23」

『ソング・アンド・ダンス』
原曲/ニッコロ・パガニーニ 編曲/アンドリュー・ロイド=ウェバー
振付/永野亮比己

「精たちの登場」

『青い鳥』
作詞/岩谷時子 作曲/鈴木邦彦 編曲/宮崎 誠

「愛した日々に悔いはない」

『コーラスライン』
作曲/マーヴィン・ハムリッシュ 編曲/宮崎 誠

「グリーン・ゲイブルズのアン」

『赤毛のアン』
作曲/ノーマン・キャンベル

「彼はお前のなかに生きている」

『ライオンキング』
作詞・作曲/マーク・マンチナ、ジェイ・リフキン、レボ・M 日本語歌詞/浅利慶太
振付/松島勇気

「何かがやってくる」

『ウェストサイド物語』
作詞/スティーヴン・ソンドハイム 作曲/レナード・バーンスタイン 日本語歌詞/岩谷時子

「アメリカ」

『ウェストサイド物語』
作詞/スティーヴン・ソンドハイム 作曲/レナード・バーンスタイン 日本語歌詞/岩谷時子

「パリのアメリカ人」

『パリのアメリカ人』
作曲/ジョージ・ガーシュウィン 編曲/中川幸太郎
振付/松島勇気

「パリ野郎」

作曲/レオ・フェレ 日本語歌詞/岩谷時子 編曲/横内章次
振付/松島勇気

「口笛バレエ」

『壁抜け男』
音楽/ミシェル・ルグラン

「イザベルのソロ」

『壁抜け男』
作詞/ディディエ・ヴァン・コーヴェレール 音楽/ミシェル・ルグラン 日本語歌詞/荻野アンナ
振付/松島勇気

「恋するデュティユル」

『壁抜け男』
作詞/ディディエ・ヴァン・コーヴェレール 音楽/ミシェル・ルグラン 日本語歌詞/荻野アンナ
振付/松島勇気

「ラブ・チェンジズ・エブリシング」

『アスペクツ オブ ラブ』
作詞/ドン・ブラック、チャールズ・ハート 作曲/アンドリュー・ロイド=ウェバー 日本語歌詞/浅利慶太

「自由を求めて」

『ウィキッド』
作詞・作曲/スティーヴン・シュワルツ 日本語歌詞/劇団四季文芸部

「フラメンコ」

カホン編曲/容昌ーようすけー

「オーヴァーチュア」

『アンデルセン』
作曲/フランク・レッサー マリンバ・シロフォン編曲/平松浩一郎

「僕はハンス・クリスチャン・アンデルセン」

『アンデルセン』
作詞・作曲/フランク・レッサー 日本語歌詞/岩谷時子
振付/松島勇気

「みにくいアヒルの子」

『アンデルセン』
作詞・作曲/フランク・レッサー 日本語歌詞/岩谷時子
振付/松島勇気

「海の上の世界」

『リトルマーメイド』
作詞/グレン・スレイター 作曲/アラン・メンケン 日本語歌詞/藤川和彦

「深海の秘密」

『リトルマーメイド』
作詞/ハワード・アッシュマン 作曲/アラン・メンケン 日本語歌詞/藤川和彦

「パート・オブ・ユア・ワールド(リプライズ)」

『リトルマーメイド』
作詞/ハワード・アッシュマン 作曲/アラン・メンケン 日本語歌詞/藤川和彦 編曲/宮崎 誠

「『クレイジー・フォー・ユー』メドレー(I Got Rhythm / Girls Enter Nevada / I Can't Be Bothered Now / What Causes That? / Naughty Baby / Stiff Upper Lip)」

『クレイジー・フォー・ユー』
作詞・作曲/ジョージ・ガーシュウィン、アイラ・ガーシュウィン
CRAZY FOR YOU Music and Lyrics by George Gershwin and Ira Gershwin
日本語歌詞/和田 誠 日本語歌詞(Girls Enter Nevada)/高橋由美子
振付/松島勇気


Song Dance 65_Fukuoka-IMG_IMG_1776
   (画像はメールニュースのリンクからコピペ)

ACT2

「星に願いを」

『ピノキオ』
作曲/レイ・ハーライン 編曲/中川幸太郎

「理想の相棒― フレンド ライク ミー」

『アラジン』
作詞/ハワード・アッシュマン 作曲/アラン・メンケン 日本語歌詞/高橋知伽江
振付/脇坂真人 バトン協力/河津修一

「行こうよ どこまでも」

『アラジン』
作詞/チャド・ベグリン 作曲/アラン・メンケン 日本語歌詞/高橋知伽江
振付/脇坂真人

「リフレクション」

『ムーラン』
作詞/デイヴィッド・ジッペル 作曲/マシュー・ワイルダー 日本語歌詞/松澤 薫 編曲/宮崎 誠
振付/脇坂真人

「誰にでも夢はある」

『塔の上のラプンツェル』
作詞/グレン・スレイター 作曲/アラン・メンケン 日本語歌詞/高橋知伽江 編曲/宮崎 誠
振付/脇坂真人

「変わりものベル」

『美女と野獣』
作詞/ハワード・アッシュマン 作曲/アラン・メンケン 日本語歌詞/浅利慶太
振付/脇坂真人

「オーリム(いつか)/ノートルダムの鐘」

『ノートルダムの鐘』
作詞/スティーヴン・シュワルツ 作曲/アラン・メンケン 日本語歌詞/高橋知伽江

「陽ざしの中へ」

『ノートルダムの鐘』
作詞/スティーヴン・シュワルツ 作曲/アラン・メンケン 日本語歌詞/高橋知伽江

「いつか」

『ノートルダムの鐘』
作詞/スティーヴン・シュワルツ 作曲/アラン・メンケン 日本語歌詞/高橋知伽江

「レクイエム/こいつはサーカス」

『エビータ』
作詞/ティム・ライス 作曲/アンドリュー・ロイド=ウェバー 日本語歌詞/浅利慶太
振付(こいつはサーカス)/脇坂真人

「星降る今宵に」

『エビータ』
作詞/ティム・ライス 作曲/アンドリュー・ロイド=ウェバー 日本語歌詞/浅利慶太 編曲/三宅一徳

「エビータとチェのワルツ」

『エビータ』
作詞/ティム・ライス 作曲/アンドリュー・ロイド=ウェバー 編曲/宮崎 誠

「『キャッツ』メドレー」 (ジェリクルソング/メモリー/マンゴジェリーとランペルティーザ~小泥棒/マキャヴィティ~犯罪王/ミストフェリーズ~マジック猫)

『キャッツ』
詞/ T .S .エリオット 作曲/アンドリュー・ロイド=ウェバー 追補詞(メモリー)/トレバー・ナン 日本語歌詞/浅利慶太 編曲(ジェリクルソング)/三宅一徳 編曲(マンゴジェリーとランペルティーザ~小泥棒/マキャヴィティ~犯罪王)/宮崎 誠
振付(マキャヴィティ~犯罪王)/永野亮比己

「オペラ座の怪人」

『オペラ座の怪人』
作詞/チャールズ・ハート 作曲/アンドリュー・ロイド=ウェバー 日本語歌詞/浅利慶太

「サークル・オブ・ライフ」

『ライオンキング』
作詞/ティム・ライス 作曲/エルトン・ジョン コーラスアレンジ/レボ・M、ハンス・ジマー 日本語歌詞/浅利慶太


Song Dance 65_Fukuoka-IMG_IMG_1808
   (画像はメールニュースのリンクからコピペ)






関連記事
テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

コメディ映画 【オズランド 笑顔の魔法おしえます。】 を 見ました!
2018年11月26日(月)

 きのう、トリアス久山ユナイテッドシネマで、『人魚の眠る家』 に続いて
【オズランド 笑顔の魔法おしえます。】 を見ました!

ozland_jp.jpg

 こちらの映画にも、『人魚の眠る家』 に続いて 西島秀俊さんが主演。
 相手役のヒロイン・波平久瑠美(なみひらくるみ:通称なみへい)には
クールビューティ?の女優・波瑠(はる)さん。

 舞台は、熊本に実在の遊園地 【グリーンランド】

 なので、殆どの場面は【グリーンランド】でのロケ撮影。

 ただ、ヒロイン・波平久瑠美が初めて【グリーンランド】に赴任するにあたって、
JR荒尾駅に行くために、熊本市内の路面電車に乗り継ぐ場面があるのですが、
これは有り得ない遠回りでしょう!

 まぁ、ヒロインが熊本市内観光をしてから赴任したとでもしておきましょう!(笑)

 初めから終わりまで『爆弾騒ぎ』がキーポイントになっていますが、
まさに、取ってつけたようなストーリーと過剰演出でした!

 そうそう、私の好きな女優・濱田マリがいつものコミカルさで盛り上げていました。

 また、朝ドラ【あまちゃん】でヒロインの一人を演じた女優・橋本愛さんが冒頭から
明るくオキャンなキャラクターとして弾けた演技をしていました。
 『あまちゃん』のあとは、ちょっと陰のあるクールビューティ役が多かったのですが。

 全体としては、気軽に楽しむ程度の娯楽映画でした!
私は行ったことはないのですが、【グリーンランド】に行ったことがある人には
興味深いコメディ映画だったかも知れません。

 公開後1ヶ月ほど経っているので、観客は数名でした。 (-_-;)


   【オズランド 笑顔の魔法おしえます。】公式サイト




   映画.comによる作品紹介

【オズランド 笑顔の魔法おしえます。】

【解説】
波瑠と西島秀俊の共演で、「海猿」や「S 最後の警官」の原作者としても知られる小森陽一の人気小説「オズの世界」を映画化。

超一流ホテルチェーンに就職しながら系列の地方遊園地への配属という不本意な辞令を受けてしまった波平久瑠美。
落胆する彼女を迎える広大な田園風景とそこに突如出現する遊園地。
そして遊園地で彼女を待っていたのは、これまでに数々の企画を成功させ、「魔法使い」の異名をとる天才社員・小塚慶彦と個性的過ぎる従業員たちだった。
憂鬱な気持ちで遊園地での業務にあたる久瑠美だったが、各支社で目覚しい成果を上げたMVP社員は、好きな部署への異動希望を出せることを知り、MVP社員を目指して仕事に邁進するが……。

 久瑠美役を波瑠、小塚役を西島がそれぞれ演じる。
脚本は「ヒロイン失格」の吉田恵里香。
監督は数々のテレビドラマや「SP」の劇場版2部作などを手がけた波多野貴文。

【作品データ】
製作年 : 2018年
製作国 : 日本
配 給 : HIGH BROW CINEMA、ファントム・フィルム
上映時間 : 105分
映倫区分 : G
公式サイト : http://ozland.jp/

【キャスト・スタッフ】

 配 役 : 役 名
波瑠 : 波平久瑠美
西島秀俊 : 小塚慶彦
岡山天音 : 吉村豪太郎
深水元基 : 上園龍
中村倫也 : 小西俊郎
濱田マリ : 南原カツヨ
橋本愛 : 玉地弥生
園長 : 柄本明戸田昌宏
その他 : 朝倉えりか、久保酎吉、コング桑田

監督 : 波多野貴文
原作 : 小森陽一
脚本 : 吉田恵里香
製作統括 : 加太孝明
エグゼクティブプロデューサー : 安藤親広
プロデューサー : 長谷川晴彦
編集 : 稲垣順之助
音楽 : 白石めぐみ


関連記事
テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

映画『人魚の眠る家』を見ました!
2018年11月25日(日)

 きょう午後4時過ぎからトリアス久山ユナイテッドシネマで
『人魚の眠る家』 を見ました!

367d96151491ade4.jpg

 テーマは「脳死」と医療技術開発で『延命処置』を行うことの
難題を考えさせると云うもののようです。

 心臓が動いているが脳死状態で、脳に替わる電子的制御で
筋肉を動かし『健康状態』を保っている自分の子どもを
生きている(または死んでいる)と認識できるか? と云う問題。

 篠原涼子と西島秀俊に注目されていますが、
脳死した女児を演じた子役の演技が何しろ凄いこと!
電子的に動かわれている腕の動きのリアルさ!
母親の夢の中で出て来てお別れを語る姿など・・・

その同級生役の女児と弟役の男児の演技も驚くべき迫真の演技。

子役無しには有り得ない映画でした。

11月16日公開後1週間以上経っているので観客は10数人でした。


【関連記事】

夫・市村正親さんが「やったほうがいいよ」
篠原涼子さんが引き受けた映画作品

 朝日新聞 【and】- 2018年11月15日


映画『人魚の眠る家』 公式サイト




映画.com による作品紹介
映画『人魚の眠る家』

【解説】
人気作家・東野圭吾の同名ベストセラーを映画化し、篠原涼子と西島秀俊が夫婦役で映画初共演を果たしたヒューマンミステリー。「明日の記憶」の堤幸彦監督がメガホンをとり、愛する娘の悲劇に直面し、究極の選択を迫られた両親の苦悩を描き出す。2人の子どもを持つ播磨薫子と夫・和昌は現在別居中で、娘の小学校受験が終わったら離婚することになっていた。そんなある日、娘の瑞穂がプールで溺れ、意識不明の状態に陥ってしまう。回復の見込みがないと診断され、深く眠り続ける娘を前に、薫子と和昌はある決断を下すが、そのことが次第に運命の歯車を狂わせていく。

【作品データ】
製作年 : 2018年
製作国 : 日本
配 給 : 松竹
上映時間 : 120分
映倫区分 : G


Ningyo-M0vie_Chart01.jpg


【キャスト・スタッフ】
 配 役 : 役 名
篠原涼子 : 播磨薫子
西島秀俊 : 播磨和昌
稲垣来泉 : 播磨瑞穂(子役)
斎藤汰鷹 : 播磨生人
田中 泯 : 播磨多津朗
松坂慶子 : 千鶴子
荒川梨杏 : 若葉
坂口健太郎 : 星野祐也
川栄李奈 : 川嶋真緒
山口紗弥 : 加美晴
田中哲司 : 進藤
斉木しげる、大倉孝二、駿河太郎、ミスターちん
遠藤雄弥、利重 剛、荒木飛羽

監督 : 堤幸彦
原作 : 東野圭吾
脚本 : 篠崎絵里子
製作 : 大角正、石原隆、木下直哉、吉崎圭一、
     見城徹、瀧藤雅朝、田中祐介
エグゼクティブプロデューサー : 吉田繁暁、臼井裕詞
プロデューサー : 新垣弘隆、梶本圭、井上潔
共同プロデューサー : 日高峻
撮影 : 相馬大輔
照明 : 佐藤浩太
美術 : 磯見俊裕

2018年11月16日(金)全国公開

映画『人魚の眠る家』公式サイト
http://ningyo-movie.jp/ 


関連記事
テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

〈世界のトヨタ〉音響設計の魅力を語る 豊田泰久氏講演会 続き
2018年11月24日(土)

昨日の続きです!

11月23日(金) 16:30〜18:30

【豊田泰久さんの講演の模様】

九州芸術工科大学音響設計学科卒業後、永田音響設計事務所に勤め
世界中で、コンサートホールの設計に携われている。

【コンサートホールの音響設計】

201811241929329c8.jpg


世界のトヨタで自動車の設計に携わっておられた方が
本日参加されていると言うのでタイトルに偽りなし!

先日、森ビルで開催されたストラディバリを数十台集めた
イベントがあり、お話させていただき大勢の参加者が
来て頂いていたが、私の話の後に三浦文昭さんの
演奏が有ったか参集された模様。

ウィーン音楽友協会ホールの説明から。
明治維新頃、150年程前の建築物。
この頃にはまだ建築音響学は無かったので、
たまたま良い音のホールになった。
1700席。

ボストン・シンフォニーホールの説明。
1900年ごろの建築。2000席。
いずれもシューボックス型で天井が高い。

アムステルダム・コンセルトヘボウ。
1904年ごろ。2000席。

世界の三大コンサートホールはどれも
似た形状のシューボックス。単なる四角い箱型。
比較的幅が狭く天井が高い。

エコータイムパターンの概略説明。

201811241929302e0.jpg


残響時間との関係についての説明。

ホールでは、第1次 第2次反射音は分離して聞こえ無いが、
ホールの音質としては感じ取ることができる。

後期反射音は何度も反射した音が到達するので
音量は低下するが単位時間あたりの密度は高くなる。
それが残響感となる。

そう言う意味で、初期反射音は、極めて重要である。
音響設計の大事な点は、これを適切に設計すること。

天井が高いと第1次反射音は側壁からの反射音となる。
先程紹介したホールは、この傾向。

椅子の材質は薄い木製。クッションは無い。
客席間隔は狭い。

現在の安全基準で椅子を配置すれば、
ウィーンの楽友協会ホールは1700席から1000席くらいになる。

バルコニーを深くすると、その下の席の音響は悪くなる。

歴史的ホールの音響と同じものを現在のホールに再現するのは
上記のことから(消防避難安全性)不可能である。

ベルリン・フィルハーモニーホールの斬新性!

20181124192931ce7.jpg
この写真はベルリンフィルハーモニーホールのものではないかも(笑)

その頃、日本では東京文化会館が出来た頃。

サントリーホールが出来たのは、ベルリンフィルハーモニーホールの
20年後。1980年代のこと。
豊田泰久氏が担当。

2018112419293136d.jpg


バルコニー席の前壁を反射面とする考え方を採用。

201811241929310e4.jpg


1990年代に札幌きたらホール。1997年オープン。
コンピューターの発展による。Windouws 95 の登場。

米国ディズニーのコンサートホールを設計。 2003年オープン。
米国では、公共ホールは少ない。
1989年にプランニング開始。13年掛かった。
パイプオルガンのデザインがユニーク。建築家がデザインし
パイプオルガンビルダーとの困難な交渉調整で実現した。

残響時間は重要だが、世間で言われているほど重要では無い。

サントリーさんに説明すると、残響時間はウイスキーの度数みたいなもんですね!
と言われて目から鱗だった。
度数は旨さと直接関係ないのと同じように
残響時間はホールの音の良さの指標とはなら無い。

多目的ホールの説明。

2000年以降の仕事。

20181124192932a39.jpg


1番新しいホールは、モスクワ クレムリン近くのホール。
2018年9月オープン。

計画中・進行中も幾つか進んでいる。

サンクト=ペテルブルクのマリンスキーコンサートホール。
ゲルギエフが私財で建設。
ウィーンのムジークフェラインと寸法が近かったので
ゲルギエフはムジークフェラインの再現を求めたが、
座席数は千席程になった。

コペンハーゲンのコンサートホール。
国立放送局コンサートホール。
開設当初は2つのオーケストラの拠点であった。

演奏面の後方は通常は音が悪いと思われている。
チケットも安い場合がある。
しかし面白い席ではある。
設計途上では議論になるが、オープン後には
全く議論になら無い。

お客様同士が対面するので表情が見えて共有している感覚が生まれる。
コミュニケーションの 場である。
それがコンサートホールやオペラハウスの本来の在り方。

取り分けコンサートが優れている時は魅力的。

クレモナのホール改修事業について。
躯体は第二次世界大戦中に出来た文化資材。
天井が低いので撤退することにしたら、地面を掘ります、
と言うことになり4・5メートル掘った。

ラジオフランスのホール。国立ホール。
建物は既存のもの。

もう1つにフランスホール

ハンブルグのホール。2004年~2017年。
大型客船の通る川辺り。
ホール全体を浮き構造としている。

ベルリンの新しい小ホール。
ディズニーホールの設計者が担当。
音楽監督はバレンボイム。

ボストンの正方形のホール


マイアミのユースオーケストラ用のホール。
プロジェクションを採用したい。
側壁上部をスクリーンに。

関連記事
テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

〈世界のトヨタ〉音響設計の魅力を語る 豊田泰久氏講演会
2018年11月23日(金) 勤労感謝の日

今日は午後から
〈世界のトヨタ〉音響設計の魅力を語る 豊田泰久氏講演会
に出かけました。

会場は母校である九州芸術工科大学・多次元デザイン実験棟
現在は九州大学・芸術工学部(大橋キャンパス)になっています。

20181123203831183.jpg


『世界のトヨタ』と云うと一般的には自動車のトヨタですが、
此処では、世界的音響設計の大家である豊田泰久さんのこと。

私の一期後輩でもある九州芸術工科大学・音響設計学科・第5期生。

案内では、13:00〜18:00 と云うことでしたので、
えらく長い講演会だなと思っていましたが、
到着してプログラムを見ると、豊田泰久さんの講演は16:00から。

その前に『前座』と言っては叱られますが、2つの団体による
パフォーマンスがありました。


・・・・・・・・・・

その1つ目は、地元で活動する【劇団ティンカーベル】による
パフォーマンス。


先ず、劇団主宰者の原千波さんによるプレゼンテーション。
劇団の沿革や使命についてパワーポイントを使って説明。

201811232038324f1.jpg

その後、子どもたちによる プチ・ミュージカルの一部上演。

20181123203833903.jpg


最後に、劇団員に必須の分かり易く大きな声を出す訓練と
ストップモーションの訓練の為のワークショップの紹介の
3部構成でした。

201811232038357db.jpg

アンコールに応えて?と云うか出演者全員による歌と踊りで締め括り!

20181123203836c39.jpg


・・・・・・・・・・・

続いて、
ミュージカルとは打って変わって、【筑紫舞 事始め】と称して
千二百年程前から口伝で伝承されてきた『筑紫舞の成立と伝承』を
2代目宗家 西山村 津奈寿(つなとし:女性)さんによる
プレゼンテーションと3つの演目の上演。


20181123204450be2.jpg

『筑紫舞』との言葉は 『續日本紀』に初めて現れるが、その後大陸伝来の
雅楽部が公式となり『筑紫舞』は宮中からは排除されて行った。

神に捧げる『神舞』とエンターテイメントとしての『くぐつ舞』および
その途中や派生系も様々あり、現在は二百演目程が伝承されている。
ただ、それが 千二百年前の形であるかどうかは判らない。

先ずは、『神舞』のうち女舞の巫女装束での舞

20181123204452d4a.jpg

続いて、『神舞』のうち男舞の狩衣装束での舞。
(今日は女性が男装しているが男の踊り手も居ます)

20181123204454c68.jpg

20181123204454d1c.jpg


最後に、『くぐつ舞』としての『さらし舞』。

20181123204456d3a.jpg

布を川で水にさらして白くする仕事をえがいています。


・・・・・・・・・・・

更に、ピアニスト・武内 俊之さんによる
ベートーヴェンのピアノソナタ第30番 作品109 ホ長調の演奏。


20181123204457485.jpg


・・・・・・・・・・・

そして、ようやく開始時間を30分近く遅れて
豊田泰久さんの講演となりました!

しかし、此処まででも余りに長いので、講演の模様は次回に回します。






関連記事
テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

今時有り得ない「オーバーブッキング」で福岡行き欠航、日航
2018年11月22日(木)

 なんともはや! いまどき有り得ない航空券の「オーバーブッキング」

 日本航空で昨夜の福岡行き最終便で定員を大きく上回る座席を予約し
対処ができなくて欠航となった! と云うお粗末!

 日本航空では、パイロットが暴飲してアルコールが全然抜けていないのに
検査機器を不正に『操作して』当該機に乗り込もうとしたところを
現地の警察に『飲酒運転』が発覚して逮捕されると云う事件があったばかり。

 日本航空だけではないかも知れないが、ちょっと緩んでいるのではないか?

 今回の「オーバーブッキング」など初歩的な数え方の問題であり
一人や二人の過剰予約では無く、375席の定員を25席ほども上回る
あまりにも大きな過剰予約!
 様々な予定があった乗客には『大迷惑』この上ないことである。

 このニュースは、下記『日刊スポーツ』の記事だけでは無く、毎日新聞などの一般紙
そして、昨夜遅くの『NHKニュース』でも取り上げられていた!


「オーバーブッキング」で福岡行き欠航、日航
 日刊スポーツ(共同) - 2018年11月22日10時21分 
 

日航が21日夜に運航予定だった羽田発福岡行き335便が、乗客数の見通しを誤って予約を集め、定員を上回る「オーバーブッキング」の状態となった影響で欠航になっていたことが22日、日航への取材で分かった。別便への振り替えなどを求めたが、調整に手間取り、午後10時までの福岡空港の運用時間内に到着する見通しが立たなくなったという。

日航によると、同便は福岡行きの最終で午後7時45分出発予定。座席数は375だった。空港には予約済みの約400人が訪れた。

日航は搭乗できなかった乗客のため、ホテル約30室を用意したが、一部の乗客は空港で夜を明かした。22日朝には、臨時便を運航した。

日航の担当者は「予約しても搭乗しない客もおり、多めに予約を受け付けた。見通しが甘く、多大なご迷惑を掛けたことを深くおわび申し上げる」としている。





関連記事
テーマ:飛行機 - ジャンル:旅行

評判に釣られて 映画【ボヘミアン・ラプソディ】を見る!
2,018年11月19日(月)

 きのう、中洲大洋で MET OPERA 【サムソンとデリラ】を見た後、
別のスクリーンで【ボヘミアン・ラプソディ】を上映するのを知って
前評判も良さそうだし、私の知り合いも見に行ったようでもあり、
ロック?・バンド Queen の 『伝説』 を描く映画
【ボヘミアン・ラプソディ】 を見てきました!

BohemianRhapsody-Top.jpg

この映画は、日刊スポーツの先週のランキングでは第1位のようでした。

ところで、私は『 Queen』も『ボヘミアン・ラプソディ』も全く知りませんでした。

そして、前評判や映画案内を見て、この映画は
『ボヘミアン・ラプソディ』と云う楽曲をKEYにして『 Queen』の 『伝説』 を
追った過去の映像で構成した『ドキュメンタリー』と思っていましたが、
新たに創作された劇映画であり、本人たちの映像と音声はエンドクレジット
の中だけで聴けるものでした。(本編の音声も口パクで実際のものらしい)

BohemianRhapsody-05.jpg
    主人公・フレディ・マーキュリー(パキスタン人と揶揄?された)

その映画で描かれる主人公・フレディ・マーキュリー(ピアノ&ヴォーカル)は
極めて自分勝手で周りの同僚(バンドメンバーやマネージャーや弁護士)や
恋人や妻さえ翻弄する人格として描かれていました。

BohemianRhapsody-03.jpg
   後に妻になる メアリー・オースティン(右) との出会いシーン

そして、彼自身が『自分勝手である』ことを自覚しているようでした。

バンドメンバーに相談もなく、マネージャーを首にしたり、
破格の優遇契約金(400万ドル?だったか)でソロに転向したり、
それが行き詰まると『元の鞘に納まりたい』再び『Queen』に戻ったり・・・

BohemianRhapsody-04.jpg
   同僚(バンドメンバー:前方 や マネージャーや弁護士:後方)たち

良く、こういう我が儘放題の人物に周りが付き合ってきたものだと思いました。

それと、最近の映画で頻出している『ゲイ』であるとの表現。
『LGBT』を社会的に認知することには賛成ですが、映画の中でわざわざ
表現しなくてもストーリー展開に大きな空白が出来る訳でもなく・・・

BohemianRhapsody-01.jpg
   20世紀最大のチャリティコンサート(アフリカ支援)「ライブ・エイド」
   での圧巻のパフォーマンスを再現した部分(数万のエキストラ?)

映画の終盤「ライブ・エイド」で『ボヘミアン・ラプソディ』を歌うシーンは、
数日前のNHK『SONGS』で、この楽曲を紹介していたので解りましたが、
この番組を見ていなければ、どの曲が『ボヘミアン・ラプソディ』だったか
判らないまま終わったと思います!


BohemianRhapsody-02.jpg
    あの有名なフレーズ 『ドン・ドン(足踏み)・パチ(拍手)・』の場面

まぁ、私的には余り共感できる映画ではありませんでした。

オペラ『カルメン』を超えるような壮大な音楽造りを目指すという場面が
ありましたが、それほどの音楽とは私には思えませんでした。


   映画【ボヘミアン・ラプソディ】公式サイト


    (プロモーション映像)


  映画.comによる【ボヘミアン・ラプソディ】作品紹介

【解説】
 世界的人気ロックバンド「クイーン」のボーカルで、1991年に45歳の若さでこの世を去ったフレディ・マーキュリーを描いた伝記ドラマ。
 クイーンの現メンバーであるブライアン・メイとロジャー・テイラーが音楽総指揮を手がけ、劇中の楽曲には主にフレディ自身の歌声を使用。
 「ボヘミアン・ラプソディ」「ウィ・ウィル・ロック・ユー」といった名曲誕生の瞬間や、20世紀最大のチャリティコンサート「ライブ・エイド」での圧巻のパフォーマンスといった音楽史に残る伝説の数々を再現するとともに、華やかな活躍の裏にあった知られざるストーリーを描き出していく。
 
 「ナイト ミュージアム」のラミ・マレックがフレディを熱演し、フレディの恋人メアリー・オースティンを「シング・ストリート 未来へのうた」のルーシー・ボーイントンが演じる。
 監督は「X-MEN」シリーズのブライアン・シンガー。

【作品データ】
原 題 : Bohemian Rhapsody
製作年 : 2018年
製作国 : アメリカ
配 給 : 20世紀フォックス映画
上映時間 : 135分
映倫区分 : G

【キャスト・スタッフ】
  配  役  :  役  名(実在人物)
ラミ・マレック : フレディ・マーキュリー
ルーシー・ボーイントン : メアリー・オースティン
グウィリム・リー : ブライアン・メイ
ベン・ハーディ : ロジャー・テイラー
ジョセフ・マッゼロ : ジョン・ディーコン
エイダン・ギレン : ジョン・リード
アレン・リーチ : ポール・プレンター
トム・ホランダー : ジム・ビーチ
マイク・マイヤーズ : レイ・フォスター
アーロン・マカスカー : ジム・ハットン
マックス・ベネット : デヴィッド

監督 : ブライアン・シンガー
製作 : グレアム・キング,ジム・ビーチ
製作総指揮 : アーノン・ミルチャン,デニス・オサリバン
       ジャスティン・ヘイザ,デクスター・フレッチャー,
       ジェーン・ローゼンタール
原案 : アンソニー・マッカーテン,ピーター・モーガン
脚本 : アンソニー・マッカーテン
撮影 : ニュートン・トーマス・サイジェル
美術 : アーロン・ヘイ
衣装 : ジュリアン・デイ
編集 : ジョン・オットマン
音楽監修 : ベッキー・ベンサム
音楽総指揮 : ブライアン・メイ,ロジャー・テイラー




関連記事
テーマ:アメリカ映画 - ジャンル:映画

サン=サーンス《サムソンとデリラ》新演出 を見る!
2018年11月18日(日)

今日は中洲大洋で、MET Live Viewing
サン=サーンス《サムソンとデリラ》新演出
Saint-Saëns - Samson et dalila
を見ました。

20181118203053c1a.jpg


当方のブログ履歴を見てみた処、初見のようでした。
確かに音楽もストーリーも初めて聴く、ものでした。

10:00 〜 13:25 迄、休憩二回を挟んで3時間半の上映。
今年度から支援企業に スイスの ROLEX が参加したようで
CMが追加されていました。

テーマの主要背景はイスラエルと国を追われ散りじりになった
人々(オペラの字幕ではユダヤ人と言う表現は無かった)が
復讐すると言う話。

双方が相手の全滅を画策して行動する救いの無いもの。

201811182030548eb.jpg
(MET 合唱団が活躍する第1幕の舞台セット)

美貌の女性・デリラが憎き相手の男・サムソンを色仕掛けで誘惑し、
配下の兵士たちに捕縛させると云うのが前半の展開。

これぞメゾソプラノと言う声質と迫力でエリーナ・ガランチャが
難役に挑んでいます!

こちらはデリラにサムソンを誘惑するよう求める悪役・大祭司
20181118203058ec1.jpg


途中何度も居眠りしてしまい話が繋がら無い処もありました(・・;)

20181118203100298.jpg
(このシーンに見覚えが無いのでおそらく居眠り中か?)

MET バレエ団が活躍する第3幕
20181118203056b58.jpg



MET OPERA 公式サイトより引用

英雄サムソンを待ち受ける美女デリラの愛の罠!窮地に陥ったサムソンの最後の抵抗とは?
旧約聖書に基づくドラマティックな物語を絢爛たる音楽で綴った傑作が、ブロードウェイの寵児D・トレズニヤックの新演出で登場!2009年《カルメン》で旋風を巻き起こしたE・ガランチャ&R・アラーニャの伝説的カップルが、再び誘惑する女&破滅する男に扮して激突する話題作。
オペラ史上最強の誘惑のアリア〈あなたの声に心は開く〉に蕩ける快楽を、あなたに。

20181118203058f75.jpg


指揮:マーク・エルダー
演出:ダルコ・トレズニヤック
出演:エリーナ・ガランチャ、ロベルト・アラーニャ、
ロラン・ナウリ、ディミトリ・ベロセルスキー、イルヒン・アズィゾフ
合唱:メトロポリタン歌劇場合唱団
バレエ:メトロポリタン歌劇場バレエ団
管弦楽:メトロポリタン歌劇場管弦楽団
上映時間:3時間20分(休憩2回)
MET上演日:2018年10月20日
言語:フランス語

《サムソンとデリラ》のあらすじ


旧約聖書の時代、ペリシテ人が支配するイスラエルのガザ。支配下に置かれていたヘブライ人の英雄で怪力の持ち主サムソンは、人々を鼓舞してガザの太守を殺す。ペリシテ人の美女デリラは、復讐のためにサムソンを誘惑し、怪力の秘密が彼の長い髪にあることを聞き出した。デリラに裏切られ、怪力のもとである髪を切られたサムソンは、ペリシテ人に捕らえられ、目を潰されてさらし者にされる。サムソンが神に許しを求めて祈ると奇跡が起き…。


関連記事
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽