FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



裁判員制度の問題点をえぐった特別ドラマ 【家族】 
2009年5月18日(月)

裁判員制度特別ドラマ 【家族】 
  その時あなたは死刑宣告できますか?


 が、今終わった。

サブタイトルは、
 【認知症老女殺人事件容疑者の自白は事実?
    マスコミ報道が事実?裁判員はどうする?」】


ドラマは、始まって間もなくから、『裁判員制度』 の重大な問題点を次々と明らかにする。

① 争点整理
 まず、取り上げられたのは、裁判官・検察官・弁護人によって行われる『争点整理』である。
 これは、裁判員の負担を減らすという口実で、裁判員が評定する事実を事件の極一部に限定してしまうというものである。
 ドラマでは、「強盗殺人」を認めてしまっている被告の
 【『殺意』があったかなかっただけを裁判員が判定する】というもので、
 その被告が真犯人なのか?
 犯行の動機は何か?
  など、事件の根幹については、裁判員の判断を求めない。
 と言うものである。

SaibaninDrama-gallery5b.jpg
  (公判廷終了後、裁判官と裁判員が協議するが、裁判長が強引に指導する)

② 裁判長による強引な運営
 次に、①にも通じるものだが、『争点整理』として専門家が定めた『争点』以外の疑問点を問い質そうとする裁判員の質問をさえぎり、「それは裁判員が判断する内容ではない。」とした。

③ 裁判員の質問内容に枠を嵌める
 検察官が裁判員が行っている質問に異議を述べ「裁判員は、検察官か弁護人のような質問をしている」と、強弁する。 裁判員は、検察官や弁護人が事前に調整した『争点整理』を超える質問をしてはいけないような考えである。
 これに対して 「これでは、一般人の常識を裁判に反映するという裁判員制度の精神に反するのではないか」と裁判員が異議を申し立てたのは当然である。

SaibaninDrama-gallery4b.jpg
  (公判廷では、裁判官と裁判員は並んでいるが、自由な質問は許されない)

④ 裁判官・検察官・弁護人の敷いたレールの上を走らされただけか?
 ドラマの中で、裁判の協議の終盤になっても裁判長が強引に裁判指導をするので、裁判員から「レールの上を走らされただけか?」という発言が出される。
 そして、別の裁判員からは、「裁判結果が後で問題になった時に、市民の裁判員も入って決めたこと、と責任回避をするためではないか」とズバリと発言する。

 他にも幾つも問題点を抉り出していたが、このように、このドラマは「裁判員制度」が持つ重大な欠陥を明確に炙り出した点で時機を得た立派なドラマであった。

俳優陣も好演

 被告役の笹野高史さん、被害者の息子を演じた西村雅彦さんの適切な演技(単なる熱演と言うものではない抑えた演技)もこのドラマの重さを伝える大切な役割を果たしていた。

谷口みな子(大塚寧々)のようには、積極的な発言は実際には難しい

 裁判員の一人を演じた大塚寧々さんの役柄としての奮闘振りも特筆する内容ではあるが、余程肝の据わった且つ何らかの社会的活動をやっているような人でないと、裁判長の強引な裁判指導に抗して、あそこまで積極的に発言できる人は居ないと思う。
 ドラマの中の描き方では、谷口みな子 (大塚寧々) は、裁判長の『裁判指導』に「納得できない」と発言し、裁判長の制止も振り切って、裁判長や検察官、弁護人を圧倒する迫力(しかし、落ち着いた抑えた質問の仕方)で裁判を取り仕切っていたようにも見えたが、有り得ないことだと思う。
 他の5名の裁判員も、初めは投げやりな態度の人もいたが、谷口みな子の勇気ある態度に接して行く中で、この裁判員裁判の異常さを積極的に指摘するようになってくる。

 “一般人”の裁判員では、裁判長によるドラマのような裁判指導があれば、黙ってしまうであろう。
そこは、裁判員制度の問題を浮き立たせるためのドラマならではの演出と言うことができる。

SaibaninDrama-gallery2b.jpg
  (谷口みな子 [大塚寧々] は、自ら感じた疑問を質問するが度々の妨害に会う)

裁判員の職業配置

 ドラマでの裁判員の職業も良く考えられた選定であった。
喩え法律で決められた制度による休暇であっても、何日も休めば解雇されかねない「非正規労働者」、リストラを業務として行わざるを得ない管理職、介護するべき親を抱えてながら仕事もこなしている女性など、それぞれの裁判員制度に対するスタンスの大きな違いも含めて絶妙な配置である。

************************************
ランキングの応援をよろしく ⇒ 
************************************

公式サイトによる【みどころ・あらすじ・スタッフ・キャスト】は、ここをクリック

【公式サイト】 から

  みどころ

 今年の5月21日から導入される裁判員制度を取り入れた法廷サスペンス。裁判員制度のもと、6人の裁判員が招集された。年齢・職業も違う6人が手探りで向き合う裁判は、認知症の老女殺人事件。
 犯人は被害者の息子か、それともホームレスか?さらに強盗殺人ではなく、嘱託殺人なのか?
 主人公の谷口みな子(大塚寧々)は「家族への思い」をキーワードに、殻を閉ざす容疑者の心理を見事に解き明かす。
 選ばれた裁判員の職場・家庭環境などの現実と、人を裁くことに戸惑いながらも必死に真実を追求しようとする6人が熱く描かれる。 


  あらすじ

 認知症の老女・牧田文子(長内美那子)が絞殺された。
 第一発見者は息子の孝一郎(西村雅彦)。マスコミは孝一郎が母親を邪魔に思い殺したのではと、煽り立てた。
 同じく認知症の母親・由布子(長谷川稀世)の介護を続けている谷口みな子(大塚寧々)はそのニュースを見て、ありうる話だと感じていた。

 そのみな子が裁判員になり、偶然にもその事件の裁判を担当することになった。
 ただそれまでに、孝一郎ではなくホームレスの三田尻作雄(笹野高史)が強盗殺人の容疑で逮捕されていた。何者かによる警察への密告電話がきっかけだった。

 被告の三田尻は盗みの目的で牧田家に侵入し、目撃されたために文子を窒息死させたことを公判で認めた。しかし、証言台に立った三田尻の妹・遠野幹子(烏丸せつこ)は、三田尻のことを家族思いの優しい性格だと証言し、仲間のホームレス・露木久男(寺田農)も、三田尻は故郷に残した母親の死を非常に悲しむほどの優しい人間だと語った。自ら人を殺す、あるいは頼まれて殺人を犯すような三田尻ではないと主張する証人たちに対し、本人は文子の首を絞めて殺したと断言した。

 やがて、裁判長の西原誠一郎(石丸謙二郎)が判決を言い渡す。  


  【スタッフ・キャスト】

 原作  …  小杉健治 「家族」(双葉社刊)
 脚本  …  林誠人
 法律監修  …  久島和夫
 プロデューサー  …  池端俊二
               霜田一寿
               梅田玲子
 監督  …  白川士
 
<キャスト>
 ○大塚寧々○西村雅彦○石丸謙二郎○石田太郎○長谷川稀世
 ○長内美那子○烏丸せつこ○寺田農○笹野高史 


関連記事
テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

?? ?? 餹??

????ξ????ôδ?????Τ餹о???ĤĴ????
?? ?? 餹??【2009/06/18 01:07】