fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



上海M社・T社長との懇談-3
上海訪問記-第10回
****************************

 みなさんも感じられたかもしれないが、上海では(昨日書いた“スーパー銭湯”等のサービス業は別として)は別にして)サービス精神が欠けている。
13億人の中でなんとか生き抜こうとマナーの悪いところも目立つ。

 先日APECが開催され、2008年にオリンピック、2010年に「国際博覧会」を誘致しており、マナー改善やタクシーや警官などでは英語学習(自主的学習だそうだ)も始まっている。

 物価水準は競争の激化で下がる傾向にある。
オフィス家賃は高騰の傾向。この事務所も7割UPの要請がきている。

010_20070905161756.jpg



賃金について
 上海地区の平均賃金は他の地域より相当高く、1000元(15,000円)/月 程度。
 一部高収入の人ははるかに高い賃金を得ているが、低賃金の人たちも多い。格差は大きい。

 M社では、平均2500元/月 程度。上海平均よりは相当高いが、外資系では安い方。
 公務員はもっと安い。1万元/年を超える人は、一部の幹部を除いて、ほとんど無い。

物価水準について
 台湾系、華僑系、韓国系の人がやっている事業は安くはない。(ゴルフ用品など)
 レストランは、中国の人々にとってそれほど安いわけではないが、土日は予約しておかないと入れない。平日でも結構繁盛している。儲かってしかたないのではないか。
 そういうところに行けるのは平均以上の生活水準の人。3000元/月 程度の所得のある人が多いと思う。しかし、金持ちの真似をしたがる人が多いので、お金を貯めて年数回奮発して行く人もある。

人事政策
 M社では日本人は、T所長以下僅か4名のみ。あとは全て現地スタッフを雇っている。(前回記)
 雇用契約は長くて一年間。上海の中国人の考え方はアメリカ式でクール。これは日本企業の横暴ではなく、中国企業「ハイアール」はもっとクールで厳しい人事政策をとっている。

売上目標について
 現在(2002年)、Mグループ全体で、年間売上3500億円(日本円)だが、2005年には1兆円を目指しており、実現できると考えている。
 中国市場はリスクもあるが、魅力も大きい。 「中国で勝たなければ敗北者となる。」

 日本では『中国脅威論』がはなばなしいが、その元は日本企業がやって来て技術移転をして立ち上げたものである。同じように欧米諸国も中国の技術を立ち上げてきた。そういう経緯である。

 M社としては、「高級家電」が狙い目と考えている。庶民相手ではなく高額所得者を相手にする。
 年収100万元(1500万円)以上の人が、上海1300万の人口の中で200万人は居る。そういう人たちは日系企業が中国で造った高級品ではなく、「Made in JAPAN」の高級品を求めている。

 中国から安い製品が入ってくることだけ見るのではなく、そういう高級品指向の巨大な市場があることに着目することも大事だ。


****************************
上海訪問記-第10回
  第9回へ    第11回へ
    このシリーズを最初から読む


************************************
ランキングの応援をよろしく ⇒ 
************************************ 
関連記事

テーマ:中国旅行 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック