fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



いまでも人海戦術だ
上海訪問記-第7回
****************************

Logistics:いまでも人海戦術だ-自動化機械を投入しない

007_20070905161732.jpg

   本日も記事と写真は関係ありません。
    屋上レストランの一画からバンド地帯をみる。
    映っている女性も、たまたまそこに居たひとです。  

****************************
CRC  Logistics『華潤物流(上海)有限公司』

 中国でも最大手の物流企業である。もちろん全国展開している会社の上海分社のようなところ。

 中国共産党が国民党と内戦をたたかっているときから存在し、共産党の物資搬送を引き受け、資金提供も行ってきたそうだ。
 民営企業ではあるが、今も政府との関係は強いという。国内外の物流・貿易全般を取り扱っている。

 取扱い物資の99.97%をリアルタイムに把握できている。取扱いミスは、3/10,000。
 この、コンピューター管理システムは元々「盗難防止」を目的に開発された。(日立建機も建設機械の盗難防止に、この方法を採用した。) それが今では物流管理そのものに利用されている。

 CRC-香港では、20フィートコンテナ換算で、年間57万コンテナを扱っている。一見少ないように思えるが一日・千五百個以上であり、相当な量である。

 別の場所にあるGE・東芝の合弁企業(GE-TOSHIBA-Silicones)にある生産・物流倉庫を訪問。
 ここでは樹脂ペレットを生産している。単に倉庫ではなく生産と物流が一体となった構成である。
 原料のほとんどは多くの国々から輸入しているという。
 樹脂製品の種類は、たとえば「Noryl」「Cycoloy」「Lexan」など。
 検査で不合格品には黄色で「REC」と表示し、工場に戻し再生(Recycleか?)。


 日本では物流倉庫というと、自動ピッキングシステム(パネルのスイッチを押せば、その番地にある荷物をロボット型ピッキングマシンが自動的に所定の場所へ持ってくるシステム)が当たり前に成ってきているが、そのような自動化装置は何も無い。
 最新鋭の工場と倉庫にあるのは、3・4段のスチールラック(格段1.5m程度、全高さ4~5m?)とフォークリフト1台のみ。あとは人手でやるのだろう。

 とにかく、ここに限らず何かにつけ人海戦術でやることは平気な考えのようである。人力の『省力化』という発想はもともと希薄なのかもしれない。

 CRC社は、このGE・東芝の樹脂ペレット製造工場の物流を上手(原料の輸入)から下手(製品の輸出)まで一手に引き受けている。GE・東芝は製品の製造だけに特化して資源(人・もの・金・情報)を投入でき経営コストを節約できる。
 工場でのホッパーへの原料投入の直前までCRC社が引き受け。製品(樹脂ペレット)の梱包、倉庫での分類・整理・保管、発送・輸出まで事務手続きを含めて一切取り仕切っている。したがって、各提携企業の物流倉庫にCRC社の事務所があり(狭かった)、当然管理用コンピューターがある。

 案内の方は、生産以外の全ての過程をCRC社がやっていることを強調されていた。


 工場の階段に『三大規律・八項注意』という革命当時の中国人民軍のスローガンをもじった「生産・安全スローガン」が掲げられていたのが興味深かった。共産党との距離感のあらわれかも。


【本日了】訪問先が写真禁止だったので、本日の写真は記事とは関係ありません。

****************************
上海訪問記-第7回
  第6回へ   第8回へ
    このシリーズを最初から読む

************************************
ランキングの応援をよろしく ⇒ 
************************************ 

関連記事

テーマ:中国旅行 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック