fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



“ありふれた奇跡”を描く群像劇
「ありふれた奇跡」 は来週が最終回と言うことだが、
山田太一ドラマの定番なのか、毎回イマイチ盛り上がりに欠ける展開だった。

  arifureta-kisekiTop.jpg
      (クリックで拡大)

登場人物の設定は、「ありふれた」ものではない。

主役三人、加奈(仲間由紀恵) ・ 翔太(加瀬亮) ・ 藤本(陣内孝則) は、
全てが自殺未遂の経験を持つ人たち。
藤本の自殺未遂に関わって救済した加奈と翔太が次第に接近して・・・

という展開なのだが、何か歯がゆい。
一応続けて見てはいるが、別に 「必ず見なくては!」 という程でもない。

その上に「奇跡」のような偶然の繋がりとして、
加奈と翔太の父親が、秘密の女装クラブの会員で、懇意にしているという話。

しかし、その父親同士は懇意な間柄にも関わらず(それ故か?)
いずれも、加奈と翔太の交際を認めない。

その原因は・・・

**************
とにかく設定が異様で、「ありふれた」ものではないのにストーリーは退屈。
これが、このドラマに対する私の感想。

************************************
ランキングの応援をよろしく ⇒ 
************************************


 【キャスト】
  仲間由紀恵、加瀬亮、陣内孝則、
  井川比佐志、風間杜夫、戸田恵子、松重豊、岸部一徳、八千草薫

◇ありふれた奇跡(最終回)◇
 加奈(仲間由紀恵)と翔太(加瀬亮)はある母親から赤ちゃんを預かるが、母親はなかなか戻ってこず、翔太は平常心を失う。加奈は母親を捜すために赤ちゃんを抱いたまま、母親が駆け込んだと思われるトイレへ。しかし、母親の姿はなかった。やがて赤ちゃんが泣きだし、翔太はミルクを飲ませるために湯をもらいに行き、加奈は紙おむつを交換。2人は赤ちゃんの世話に奔走する羽目に。それでも母親が現れる気配はなく、不安になった翔太は藤本(陣内孝則)に電話をかけると、藤本は警察官の権藤(塩見三省)を連れてやって来る。

山田太一が11年ぶりに連続ドラマを担当する、仲間由紀恵、加瀬亮主演のドラマ「ありふれた奇跡」。普段、生活している中で、誰もが見落としがちな小さな奇跡を描くドラマの会見は、物語が醸し出す雰囲気そのもののような穏やかな空気の中で行われた。

まずは統括プロデュースの中村敏夫から「『風のガーデン』に続く、フジテレビ開局50周年記念ドラマの第2弾です」と挨拶が。「今、ドラマの不作の時代と言われていますが、山田先生、仲間さん、加瀬さんのフレッシュな組み合わせで、できるだけ新しいドラマをもう一度作りたい」と意気込みを語った。

次に脚本の山田が「若い人向け中心のドラマばかりの中、もう出る幕はないと単発ばかり手がけていました(笑)。俳優がロミオとジュリエットのロミオを演りたいのと同じで、引き受けたはいいが失敗をさらすのは嫌でしたが、素晴らしい俳優に恵まれ、素晴らしい仕事ができていると思う」と力強く語り、拍手を誘った。
関連記事
テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック