FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



第81回 米アカデミー賞 W受賞 「おくりびと」に外国語賞 短編アニメも、
日本映画界にとって快挙です。

81_040.jpg
 外国語映画賞『おくりびと』本木雅弘、広末涼子、余貴美子、滝田洋二郎監督
       (第81回レッドカーペット/2009年2月22日)

共同電を伝える【河北新報】のリード文によると、

 【ロサンゼルス22日共同】
 映画界最大の祭典、第81回米アカデミー賞の発表・授賞式が22日(日本時間23日)、ロサンゼルスで開かれ、滝田洋二郎監督の「おくりびと」が外国語映画賞に輝いた。短編アニメ賞に加藤久仁生監督の「つみきのいえ」が日本作品で初めて選ばれた。日本映画の2冠獲得は1955年に「地獄門」が名誉賞(外国語映画賞)と衣装賞を受賞して以来、54年ぶり2度目。

 外国語映画部門受賞は1956年の稲垣浩監督「宮本武蔵」以来4度目で、日本人監督作品では76年の黒沢明監督の旧ソ連作品「デルス・ウザーラ」以来となる。

  とのこと。

 2008年の映画の入りは、「ポニョ」効果もあって、邦画収入が洋画収入を大きく上回ったという「朗報」もありましたし、日本映画復権の兆しでしょうか?

2009022301000450.jpg
22日、米アカデミー賞の外国語映画賞を受賞
した「おくりびと」の(左から)滝田洋二郎監督と
本木雅弘さん、余貴美子さん、広末涼子さん
  =ロサンゼルス(AP=共同)

2009022301000457.jpg
22日、米アカデミー賞の短編アニメ賞
を受賞し、あいさつする「つみきのいえ」
の加藤久仁生監督
  =ロサンゼルス(AP=共同)

************************************
ランキングの応援をよろしく ⇒ 
************************************

81_038.jpg
      外国語映画賞『おくりびと』本木雅弘、広末涼子
       (第81回レッドカーペット/2009年2月22日)

81_039.jpg
      外国語映画賞『おくりびと』広末涼子
       (第81回レッドカーペット/2009年2月22日)


【河北新報】の記事のコピペは、 ここをクリック

外国語映画賞受賞『おくりびと』の滝田洋二郎、流ちょうな英語でスピーチ!【第81回アカデミー賞】 - goo 映画
外国語映画賞受賞『おくりびと』の滝田洋二郎、流ちょうな英語でスピーチ!【第81回アカデミー賞】 - goo 映画


セレブが居並ぶ【goo映画】のアカデミー賞特集は、ここをクリック

主な受賞作は、ここをクリック

日本映画史に新たな金字塔、普遍的題材に評価…アカデミー賞(読売新聞) - goo ニュース

日本作品がダブル受賞=「おくりびと」に外国語映画賞-米アカデミー賞(時事通信) - goo ニュース

アカデミー賞で「おくりびと」に外国映画賞、日本映画初(トムソンロイター) - goo ニュース

「おくりびと」10部門独占!第32回日本アカデミー賞 - goo 映画
「おくりびと」10部門独占!第32回日本アカデミー賞 - goo 映画


「おくりびと」に外国語賞 短編アニメも、米アカデミー賞

 【ロサンゼルス22日共同】
 映画界最大の祭典、第81回米アカデミー賞の発表・授賞式が22日(日本時間23日)、ロサンゼルスで開かれ、滝田洋二郎監督の「おくりびと」が外国語映画賞に輝いた。短編アニメ賞に加藤久仁生監督の「つみきのいえ」が日本作品で初めて選ばれた。日本映画の2冠獲得は1955年に「地獄門」が名誉賞(外国語映画賞)と衣装賞を受賞して以来、54年ぶり2度目。

 外国語映画部門受賞は1956年の稲垣浩監督「宮本武蔵」以来4度目で、日本人監督作品では76年の黒沢明監督の旧ソ連作品「デルス・ウザーラ」以来となる。

 滝田監督は授賞式で「この映画で助けてくれた皆さんに感謝します」とあいさつした。加藤監督は「とても大きな賞を受け取ることができうれしく思っています」と談話を発表した。

 作品賞は「スラムドッグ$ミリオネア」で、同作品のダニー・ボイルさんが監督賞にも選ばれた。主演男優賞はショーン・ペンさん、同女優賞はケイト・ウィンスレットさん、助演男優賞は「ダークナイト」の故ヒース・レジャーさん、同女優賞はペネロペ・クルスさんだった。

 「おくりびと」は山形県を舞台に、遺体をひつぎに納める「納棺師」の姿を描いた感動作。ヒューマニズムにあふれ、生と死の尊厳を際立たせた演出が評価されての受賞となった。

 「おくりびと」は、日本では昨年9月に公開し、興行収入が30億円を超える大ヒット中。本木雅弘さん主演で広末涼子さん、山崎努さんらも出演した。カナダ・モントリオール世界映画祭で最高賞に輝いたほか、国内映画賞を多数獲得するなど高く評価された。

 滝田監督は1955年富山県生まれ。「病院へ行こう」「壬生義士伝」などコメディーから時代劇まで幅広い作品を手掛けるヒットメーカー。

 「つみきのいえ」は約12分間の作品で、海面の上昇に伴い上方へ建て増しした家を舞台にした、独り暮らしの老人の物語。地球温暖化への警鐘を織り込んだ。加藤監督は1977年鹿児島県生まれ。主な作品に「或る旅人の日記」がある。

 これまでに米アカデミー賞を受賞した日本人、日本作品は次の通り。(授賞式開催年、敬称略)
 1952年(第24回) 名誉賞(外国語映画賞)=「羅生門」(黒沢明監督)
 55年(27回) 名誉賞(同)=「地獄門」(衣笠貞之助監督)、衣装賞=和田三造「地獄門」
 56年(28回) 名誉賞(同)=「宮本武蔵」(稲垣浩監督)
 58年(30回) 助演女優賞=ナンシー梅木「サヨナラ」
 76年(48回) 外国語映画賞=「デルス・ウザーラ」(黒沢明監督、旧ソ連作品)
 86年(58回) 衣装賞=ワダエミ「乱」
 88年(60回) 作曲賞=坂本龍一「ラストエンペラー」
 90年(62回) 名誉賞=黒沢明監督
 93年(65回) 衣装賞=石岡瑛子「ドラキュラ」
 99年(71回) 短編ドキュメンタリー賞=「ザ・パーソナルズ」(伊比恵子監督)
 2003年(75回)長編アニメ賞=「千と千尋の神隠し」(宮崎駿監督)
 09年(81回)外国語映画賞=「おくりびと」(滝田洋二郎監督)、短編アニメ賞=「つみきのいえ」(加藤久仁生監督)(共同)

      【河北新報】 2009年02月23日月曜日
関連記事
テーマ:第81回アカデミー賞 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック