FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



METライブビューイング 第7作 ドニゼッティ 《ランメルモールのルチア》
メトロポリタン歌劇場(ニューヨーク)制作のオペラ生演奏の映像のリアルタイム配信事業
【METライブビューイング】

第7回となる次回は、ドニゼッティ作曲の
《ランメルモールのルチア》
 
2009年2月7日に現地で上演されたもので、これを以下の日程で上映する。

【上映日程】
  ◆ 2月28日(土)~3月6日(金)1日1回上映
   
     [東京]東劇(東銀座)<18:40~>      
     [東京]新宿ピカデリー <10:00~>
     [神奈川]109シネマズ川崎 <11:00~>
     [千葉]MOVIX柏の葉 <10:00~>
     [埼玉]MOVIXさいたま <10:00~>
     [大阪]なんばパークスシネマ <19:00~>
     [京都]MOVIX京都 <11:00~>
     [愛知]ミッドランドスクエアシネマ <10:00~>
     [札幌]札幌シネマフロンティア <12:30~>
     [福岡]福岡中洲大洋 <10:00~>
  ◆ 料金 3500円 
 

 《ランメルモールのルチア》
作品について
■イタリアの作曲家ドニゼッティのもっとも著名なオペラで、17世紀のスコットランドが舞台となっています。兄の宿敵を愛してしまうヒロインと、その恋人の悲恋の物語です。
■第3幕の政略結婚の相手を殺したルチアが狂乱しながら歌う「狂乱の場」は、高音を駆使し歌い上げるソプラノの最大の見せ場で、このオペラのまさしくハイライト部分になります。またそれ以外にもルチアとエドガルドの二重唱やエドガルドとエンリーコの二重唱といった美しいアリアが随所にちりばめられたオペラです。

[指揮]マルコ・アルミリアート
[演出]メアリー・ジマーマン
[出演]
アンナ・ネトレプコ(ルチア)
ピョートル・ベチャワ(エドガルド)
マリウーシュ・クヴィエチェン(エンリーコ)
イルダール・アブドラザコフ(ライモンド)


私が前回見た「トリスタンとイゾルデ」の記事は、ここをクリック

************************************
ランキングの応援をよろしく ⇒ 
************************************


【追加情報】 公式メルマガより引用

みどころ
■ブルーメンフェルドによるクラシックな衣裳と、メアリー・ジマーマン演出に
よる独特の色彩美あふれるロマンティックな舞台が融合する、新しい「ルチア」
の世界をお楽しみください。

出演者について
■類まれなる歌唱力と舞台映えする華やかさを併せ持つ、ロシアの歌姫、アンナ
・ネトレプコがルチア役で登場します。

■今回ヴィリャソンのかわりにエドゥガルド役を務めたのはポーランドの生まれ
のテノール、ピョートル・ベチャワ。リンツ州立劇場、チューリッヒ歌劇場で活
躍ののち、メトロポリタン歌劇場、ミラノ・スカラ座、バイエルン国立歌劇場な
どの世界有数の歌劇場に登場しています。2008年始めにはベルリン国立歌劇場で
ヴェルディの《仮面舞踏会》のリッカルド役で大成功を収め、ドヴォルザークの
《ルサルカ》の王子役でザルツブルク音楽祭に出演し、センセーションを巻き起
こしました。現代において叙情的な表現力が最も優れているといわれているテノ
ールのひとりです。

…「METライブビューイング」ならではのお楽しみ。
 ┃   今回の《ランメルモールのルチア》の特典映像は?
 ┗━ 
□―───────────────────────────────―□
今回の特典映像は盛り沢山!A・ネトレプコとP・ベチャワのインタビューに始ま
り、舞台裏スタッフの苦労話に花が咲きます。続いて登場するのは演出家のA・
ジマーマン、インタビュアーのN・デセイと話が盛り上がり、いつしか話題は次
々作の《夢遊病の娘》の制作裏話まで脱線(?)。休憩を挟んで次に登場するの
は指揮者のM・アルミリアート。今年6月6日日本公開のドキュメンタリー《The
Audition》にも出演していますが、その人柄の優しさ、あたたかさに魅了されフ
ァンになってしまう方もきっと多いはず。さらにインタビューはM・クヴィエチ
ェン、I・アブドラザコフに進み最後は再びA・ネトレプコで締めています。ちょ
っと長めの今回のMETライブビューイングですが、その密度の濃さにきっと時間
の経つのも忘れてしまうでしょう…。

●METライブビューイング2008-2009の豪華プログラム(62P)も全国劇場に
て絶賛発売中! 
・今シーズンの10作品以外にもMET創立125周年記念のドキュメンタリー
映画《The Audition》(第21回 東京国際映画祭 特別招待作品)についても
情報を掲載。
・サイズはハンドバッグにすっぽり入るコンパクトなA5サイズ!
・まさに究極のガイドブックを目指した今シーズンのプログラムです。

METライブビューイング2008-2009日本語版(税込 1,300円)
 
     ◇     ◇     ◇     ◇     ◆
関連記事
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック