fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



2002年6月の上海にフラッシュバック
早くも5年も前になってしまった上海訪問の思い出を、
当時のメールマガジン方式のメールを元に書きます。

【2002年6月21日・記】上海訪問記-第1回

 私ども九州大学ベンチャービジネスラボラトリィでのMOT(Management of Technology)スクールの同じグループで学んだ同志7名は、このグループの一員であり日中両国籍をもつKさんの案内で、2002年6月15日(土)から19日(水)まで中国・上海のビジネス視察ツアーに行ってきました。
001_20070905160021.jpg


 日本は梅雨どき、中国も雨季という時節ながら旅行中は好天に恵まれ傘も不要の5日間でした。
 実質的には一日目は昼下がり着、最終日は早朝出発なので、3日半と言う行程ではありました。
 これから、何回かに亙ってこの小旅行の印象と成果を綴ってゆきたいと思います。

 文体は、「ですます体」では今の上海の“生き馬の目を抜く”有り様とバイタリティを表現しにくいかと思いますので、「だ体」など織り交ぜて不定形で行きたいと思います。また、日程を順に追うのではなく、印象を書き付ける形で書いてまいります。

<コーディネーターは『中国遺棄孤児』の御子息>

 この旅行の企画・引率・訪問先との交渉そして通訳を一手に引き受けたのは、T.K.さんだ。彼は9年前に帰国した中国残留孤児の御子息である。
 この問題を扱った「大地の子」を書いた山崎豊子さんは、『残留孤児』というと自らの意志で居残ったようだが、これは実態を反映しない、むしろ大日本帝国・日本軍に置き去りにされた『遺棄孤児』というべきだと強く主張する。Kさんは弱冠28歳(当時)で、そういうハンディを負いながらも、福岡市中央区で日中貿易商社(WK商事)の社長をしている。

 中国語がいわば「母国語」ではあるが、帰国後9年間で身に付けた日本語は殆ど違和感がない。
蔭の努力はいかばかりかと思う。

 彼の交流範囲は広い。このようなビジネススクールでの交友関係はもちろん、中国政府の中までその人脈は広がっているようである。
 とかく挨拶だけでおわりがちな各種の講演会やイベントでも最大限可能な限り面識を増やし知人をつくることに精力的だ。
 人から人へのつてを手繰ってネットワークを広げて行く。遠慮していては13億人の中で生きてゆけないという中国での生き様がこのバイタリティの源でもあろうか。

 というわけで、我々(みんな彼より20才くらい年長だが)はこの力強い先達の引率で上海の幾つかの企業を訪問してきたわけだ。
一部ではKさんのビジネスにも同席しながら。

****************************
上海訪問記-第1回
第2回へ

************************************
ランキングの応援をよろしく ⇒ 
************************************ 
関連記事

テーマ:中国旅行 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック