FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



平泉 ~ みちのくの浄土 ~ 
 福岡市博物館で開催されている
      【平泉 ~ みちのくの浄土 ~ 】 展
          を観ました。

こちらはエントランスホールと大階段
Hiraizumi02.jpg


階段を上がって右側が特別展示室の入口
Hiraizumi01.jpg
 
これは、チラシです。
HiraizumiChirasi.jpg

 主として12世紀の平泉を築いた、藤原泰衡、基衡、秀衡 3代に亘って創り上げられた絢爛豪華な仏教美術の世界です。

 源義経を秀衡がかくまったことから鎌倉の怒りをかい、源頼朝の軍勢によって攻撃されるのですが、歴史ドラマによれば、塵一つなく掃き清めて軍勢を出迎えたことから、破壊や焼失からまぬかれたことになっています。

 確かに、当時の文物や仏像が数多く後世に残され、その一部がこの展覧会に出品されている訳です。

中尊寺金色堂は、その典型で、今回の展覧会では、縮尺1/5の精巧な模型が展示されていました。

Hiraizumi102.jpg

************************************
ランキングの応援をよろしく ⇒ 
************************************

特別展「平泉~みちのくの浄土~」 NHKの紹介サイト

「平泉~みちのくの浄土~」 福岡市博物館の公式サイト

関連記事

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック