FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



BBIQ への加入を勧められ 検討の結果加入 & Acer 社の 「ASPIRE one」購入
今日、家電量販店にモバイルパソコンを見に行った時に、BBIQ の勧誘員にしきりに加入を勧められ、充分情報を聴取して検討して加入した。

現在、Yahoo!BBの【8MB】型に入っているのだが、実質の速度は1MBをはるかに下回っている。

BBIQ は、公称100MBで実質でも30MBは出ると言うので、月掛け費用もあまり変わらないこともあり、加入することにした訳である。

さて、どうなることやら。

モバイルパソコンの方は、その量販店で比較検討した結果、いちばん(?)小さく、160GBハードディスク付きの
 Acer 社の 「ASPIRE one」 が良かろうと思い、帰宅してからインターネット販売の 「Source Next」 に申し込んだ。

ASPIREoneBm.jpg

asone_blue_4m.jpg

(実は昨年末、この機種のホワイトを同じく通販で買ったのだが、それは娘用であった)

AcerDVD.jpg
  外付けDVD-ドライブ(販価¥8000)付きで、¥47,800

家電量販店のモバイルパソコン売り場には、E-モバイルの勧誘者(男性ばかり)が張り付いていて、しきりにE-モバイルのセットがお得だと勧誘していた。
以前私が計算したところ、たとえパソコン本体を「100円」(現在、セットで100円キャンペーン中)で買っても、E-モバイルとの契約維持にかかる費用はすぐに本体の値段(5万円前後)に追いついてしまうし、途中解約すると数万円(解約時期により異なる)の解約手数料が掛ることになっている。

また、使い方にもよるが、私にとって、E-モバイル に加入するメリットは全くない。


**************************

ところで、この勧誘員(可愛い女の子たち)や、その後書類手続きを担当する青年に、シチュエーションを訊いたところ、その量販店の社員でも無くBBIQの社員でもなく、QT-Netの社員でも無く、その親会社の九州電力の社員でも無いと言う。
青年はBBIQの名刺を持っていたが、その家電量販店の店のみの担当らしい。
勧誘の女の子は名刺も無いという。

結局どちらも、いわゆる「派遣社員」であることが解った。

しかし、派遣社員だからと言って、いい加減な仕事をしている訳ではない。

私を勧誘した女の子は、私が度々入れる『突っ込み』にへこたれることもなく、おそらく30分以上に亘って(すぐに立ち去るつもりだったので、時間を計っていなかったが)食いついてきて、笑顔で説明し、結局私の方が屈服した訳である(もちろんメリットは多分にあることも確認しての上だが)。

仕事を干されないように必死で頑張っている様子が解り、情にほだされたのかも知れない。


************************************
ランキングの応援をよろしく ⇒ 
************************************

関連記事は、【続き】 をクリック
DIAMOND ONLINE ニュースから 引用

it_biz_dw2001.gif

it_biz_dw2002.gif

 ノートPCで東芝・NEC抜き
    台湾エイサーの「ミニ」旋風
「ミニノートパソコン(PC)が、国内市場の勢力図を塗り替えた」
  2008年10月15日 週刊ダイヤモンド (田中繁廣・BCN取締役)

 調査会社BCNによると、9月のノートPCの販売台数シェア(全国25の量販店のPOSデータ集計)で、ソニー、富士通、NEC、東芝の「四強」の一角を切り崩して、台湾エイサーが14.7%のシェアを獲得し、ソニー、富士通に次いで3位に入った。

 ミニノートPC(液晶の大きさが10.2インチ以下)に限ってみると、
同社のシェアは50%を超えており

2位の台湾ASUS(アスース)の32%を大きく引き離している。
高級感のあるデザイン、万全の供給体制、他社に比べて数ポイントは高いと見られる販売店へのマージンなどが奏功した結果だ。

 エイサーの勢いは日本市場だけにとどまらない。
6月から順次投入した「Aspire one」が全世界で大ヒットし
発売当初500万台としていた2008年の世界出荷台数を700万台に上方修正した。
500万台の出荷計画を掲げるASUSを抜いて、トップに立つ見込みだ。

 また、同社の9月単月のノートPC全体の世界出荷台数は380万台と過去最高を記録し、「コンシューマー向けノートPCの単月の出荷台数では、首位の米ヒューレット・パッカード(HP)を抜いた可能性もある」(業界関係者)。

 競合他社も指をくわえて見ているわけではない。9月以降、米デル、中国レノボ、東芝、韓国サムスン電子なども続々と参入し、年末までにNECも商品を投入すると見られている。

 ブーム絶頂のミニノートPCだが、不安要素もある。まず、最大の市場である欧州で、「ノートPCの在庫が重くなってきている」(浅野浩寿・IDCジャパンPCsシニアマーケットアナリスト)点だ。今後欧州で販売が鈍化すれば、エイサーはじめ各社は、販売計画の下方修正を迫られる可能性もある。

 さらに、懸念されていた既存のノートPCとの「食い合い」も始まった。「10.2インチ以下と15インチクラスへの二極化が進みつつある」(菊地友仁・日本HPモバイル&コンシューマビジネス本部プロダクトマネージャ)。

 ミニノートPCは低価格で利幅が薄いため、「今後は売り上げ台数が増えても、事業収益は圧迫される」(氷室英文字色利・ディスプレイサーチディレクター)ことになりかねない。

 ミニノートの比重を高めるエイサーの戦略は吉と出るか凶と出るか。全社が戦線に出揃うこれからが本当の勝負だ。

(『週刊ダイヤモンド』編集部 前田 剛 )
 


【関連記事】

ミニPCは3万円台の攻防へ! 様子見続ける日本勢の“ジレンマ” (1)
     DIAMOND ONLINE 2008年12月24日
ミニPCは3万円台の攻防へ! 様子見続ける日本勢の“ジレンマ” (2)
     DIAMOND ONLINE 2008年12月24日
ミニPCは3万円台の攻防へ! 様子見続ける日本勢の“ジレンマ” (3)
     DIAMOND ONLINE 2008年12月24日
関連記事
テーマ:インターネット関連 - ジャンル:コンピュータ

この記事に対するコメント

固定電話を捨てられるならよい選択だと思います。

うちはBBフォンと固定電話を切り分け配線で二番号で使っていたりとか色々あるうえマンションタイプにはできない(町住だけど契約上各戸引き込みしかできない)ので、速度(3Mくらい出ています)の問題を除けばYahoo!BBのほうがよかったりします。

【2009/01/19 07:58】 URL | BUNTEN #KS.16gCE [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック