fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



“言葉と戦車” 思想家・加藤周一 Last Message !
 先日12月5日に、「九条の会」の呼びかけ人の一人であり、思想家の加藤周一さんがなくなったことは、別の記事 で書きました。

 きのう、NHK総合の「篤姫」が終わった時間帯から、教育テレビで加藤周一さんを偲ぶ番組が放映された。
 『偲ぶ』番組と言っても、彼を知る人々が集まって人柄や業績を偲ぶと言うものではなく、【1968年】を語るロングインタビューでした。

KtouShuichi.jpg

 最初、番組の予告編を見た時点では、1968年の諸事件について、その当時のインタビュー番組を再編集して再放送するものかと思っていましたが、そうではなく、今年収録した当に
“Last Message !”と言うにふさわしいものでした。

 加藤さんの話のキーワードは、「言葉と戦車」
1968年のチェコ・スロヴァキアでドプチェク共産党第一書記が始めた「プラハの春」と称された『人間の顔をした社会主義』への改革運動とそれを武力侵略・弾圧したソ連軍との関係を中心に話を展開された。
 特に、戦車を先頭に武力侵略してきたソ連軍に対して、武装闘争ではなく、戦車上の同世代の若いソ連兵に話しかけるチョコの学生たちの活動に着目して、それが「言葉と戦車」との表現に集約されています。
 加藤さんは、チェコの社会主義の民主的な発展に期待していただけに、ソ連の介入と弾圧を目の当たりにして社会主義が自ら墓穴を掘ったように感じたようです。

 感銘を受ける話が多かったのですが、さすがに今年(2008年)の猛暑の夏のことでもあり、言葉の重さに比べると声に勢いはありませんでした。
 
 「9条の会」の呼びかけ人になって、働きかけを行っていることは、最後の方に紹介されましたが、極短い扱いでした。

 番組では、「評論家・加藤周一」と紹介されていますが
私の捉え方では、「思想家・加藤周一」 だと思います。

************************************
ランキングの応援をよろしく ⇒ 
************************************

NHKの番組ページ によると、以下の通り。 

ETV特集
「加藤周一 1968年を語る~“言葉と戦車”ふたたび~」
 チャンネル :教育/デジタル教育1  /ジャンル :ドキュメンタリー/
 放送日 :2008年12月14日(日) / 放送時間 :午後10:00~午後11:30(90分)
2008年12月5日、評論家の加藤周一さんが89歳で亡くなった。加藤さんは夏、病をおしてインタビューに応じた。テーマは1968年。その年、加藤さんは五月革命に揺れるパリでサルトルと議論し、プラハの春を推し進める市民に接する。その体験は著作「言葉と戦車」にまとめられ、権力と言論の問題を考えていく。そして今、68年と同様に「閉塞(へいそく)感」が社会に広がる中、あの年が私たちに問いかけるものとは? 

 
【NHK の番組紹介ページ】 より引用 

 12月5日、評論家の加藤周一さんが89歳でなくなった。

幅広い知見、国際的な視野から日本文化を見つめ直す評論活動を展開。人間の自由について考え続けた戦後民主主義を代表する知識人であった。

その加藤さんが入院直前の今年夏、「どうしても語りたいことがある」と病をおして、2日間インタビューに応じた。そのテーマは1968年であった。

今からちょうど40年前の1968年。激動が全世界を覆った。チェコの民主化運動「プラハの春」で幕を開け、パリ五月革命、シカゴ暴動、東大安田講堂の封鎖など、若者たちによる異議申し立てが世界中に広がった。

加藤さんは、60年代後半、教鞭(べん)をとっていたカナダやアメリカの大学で、社会に不満を募らせていく若者たちを目の当たりにしていた。そして1968年、五月革命に揺れるパリでサルトルと議論を交わし、東欧では、自由な空気に酔うチェコスロバキアの市民たちに接する。しかし、その直後、ソ連の戦車がプラハに侵入。救援を訴えるアナウンサーの姿を地下放送で見て衝撃を受けたという。その体験は著作「言葉と戦車」にまとめられ、権力とそれに対峙する言論の問題を考え抜くことになる。

そして、今、アメリカでは「60年代に崩壊した道徳と秩序の回復」を重要な政策に掲げたブッシュに代わり、「Change!」を訴えるオバマが初の黒人大統領に当選・・・。加藤さんはそこにパリ5月革命と同様、変革を求める人々の声を聞いた。そして日本には68年と同様に「閉塞感」が社会に広がり、これに不満を抱く若者たちの姿があった。

「1968年、社会を覆っていた閉塞感は、20世紀から21世紀に積み残されている」と加藤さんは言う。

1968年、世界の若者たちはなぜ反抗したのか?
世界が未曾有の恐慌におびえる今、あの年の問いかけが私たちに問いかけるものとは…


番組では、「プラハの春」を中心に加藤周一さんの見た1968年を再構成。
評論家・加藤周一が、“68年”を通して今に遺(のこ)したラストメッセージを伝える。  

関連記事
テーマ:ドキュメンタリー - ジャンル:テレビ・ラジオ

この記事に対するコメント

私もあのNHKの番組を観てから、加藤さんの著作を食べるように読み漁っています。私のかさついたココロに染み込むように栄養分として入ってきます。
加藤周一氏の言葉が点滴となって今を生きている感じがいたします。

【2009/07/29 04:59】 URL | takao shimizu #- [ 編集]


コメントありがとうございます。

憲法9条
については、沢田研二さんが典型的な例ですが、タレントさんも「9条を守ろう」と公言するようになってきたという大きな変化があります。
この背景には「9条の会」が地域全体で7千を大きく超え、今まで行動に参加してこなかった大勢の人々が声を挙げ始めたことがあると思います。

今後とも御訪問くださいますようよろしく御願い致します。

【2008/12/16 23:07】 URL | JUNSKY #96q68/9Y [ 編集]


junskyさま こんにちは

私も、加藤周一さんの追悼番組、録画しています。
まだ見ていないのですが~;

加藤さんの意見は、新聞などで読んできていました。昔は、余り賛同できないなと思っていたのですが、最近は、氏の仰っていること、真っ当なことではないかと、私は思うようになりました。

「9条」を無視、軽視する人が増えてきているように思います。怖い時代が来ないと良いのですが;;
心配です~。

いつも、ブログは拝見しています。コメントは久し振りですが~。

ミ(`w´彡)

【2008/12/16 16:13】 URL | rudolf2006 #rD0dw0ug [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

「私にとっての加藤周一」その二

私にとっての加藤周一昨日の続きです。市民の加藤周一をはじめて見たときの第一印象は割と共通している。まきひろみさんはこう言う。「壇上に現れた氏は、足元危なげな老人に見えた。しかし語りだすと、しだいに聴衆を圧倒していった。「このお歳だし、無理もないか」とタ...
再出発日記【2010/01/22 14:51】


加藤周一 1968年を語る   “言葉と戦車”ふたたび

ETV特集 「加藤周一 1968年を語る~“言葉と戦車”ふたたび」 放送日 :2008年12月14日(日) 午後10:00~午後11:30(90分) 12月5日死去した評論家・加藤周一さん。1968年パリ五月革命やプラハの春を目撃した。40年前の若者の反乱が今問いかけるも?...
試稿錯誤【2008/12/24 10:39】


加藤周一「言葉と戦車」

加藤周一「言葉と戦車」1969年刊。  12月14日に放映されたETV特集「加藤周一 1968年を語る~“言葉と戦車”ふたたび~」  ・・を見たので、 本棚の奥から、20年ほどぶりに「言葉と戦車」を手に取りました。 箱入りの本ですが、箱から出すと、意外...
システムエンジニアの晴耕雨読【2008/12/21 19:07】


日本共産党元旦新聞広告

元旦の新聞には、各企業が全面あるいは二面ぶち抜きで、自社の 企業理念を語る広告が並ぶ。その中に、日本共産党も割り込むのである。 日本国中が、騒然となろう。左様、マスメディアを通しての革命宣言である。 人類史上初の試みである。赤旗志位之助クン、やってみな...
BLOG BLUES【2008/12/16 19:48】


ミス・ワールド2008でロシアが栄冠に輝く

南アフリカのヨハネスブルクで13日、「ミス・ワールド2008」コンテストが開催され、ロシアのクセーニャ・スヒノワ(Ksenya Sukhinova)さん(21歳...
カナダde日本語【2008/12/16 04:30】