FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



星組主演男役 安蘭けい 退団記者会見
宝塚歌劇公式ホームページよりコピペ

AranKei03.jpg


10月15日、星組主演男役・安蘭 けいが、Musical『My dear New Orleans(マイ ディア ニューオリンズ)』-愛する我が街-、レビュー・ファンタスティーク『ア ビヤント』(宝塚大劇場:2009年2/6~3/9、東京宝塚劇場:2009年3/27~4/26)をもって退団する事を発表し、記者会見を行いました。

 安蘭けい(宝塚歌劇団星組)
「来年の宝塚大劇場、そして東京宝塚劇場で卒業させて頂くことになりました。今までたくさんの方に支えて頂いた気持ちを胸に、最後の日まで宝塚の男役として頑張りたいと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します」

Q.今の心境は?
A. やっと皆様に報告できた喜びでホッとしているのと、今は満足感で満たされているので、すごく清々しい気持ちでいます。

Q.退団を決意された理由と時期は?
A. 主演をさせて頂けると決まった時に、幸せで一杯だったのでいつ辞めてもいいなと思っていたのですが、(宝塚大劇場公演の主演)3作目の『THE SCARLET PIMPERNEL』をやらせてもらえると決まった時に、この作品が出来れば本当に満足だなと思い決意しました。
SCARLET PIMPERNEL
   (クリックで拡大)

Q.退団後の進路は?
A. 今までやってきた事を活かしたいと思いますし、歌は大好きなので続けていきたいなと思っていますが、具体的にはまだ決めていません。

Q.印象に残っている役は?
A. たくさんの役をやらせていただいて、その全てが大好きで印象に残っているのですが、やはり男役としていながら女役を演った(『王家に捧ぐ歌』の)アイーダが印象的です。
今まで幅広い役をいただき、たくさん練習させてもらいましたし、成長させてもらったなと本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


   AranKei09asAIda.jpg
      (王家に捧ぐ歌のアイーダ)


Q.主演になってからの宝塚大劇場作品のタイトルには花の名前が、そして名前にも蘭が入っていますが、最後の作品ではどんな花を咲かせたいと思いますか?
A. 主演になって最初の作品が『さくら』だったのですが、最後の作品も桜の時期になりますので、桜のように最期は潔く散りたいなと思っています。

Q.今まで続けてこられた支えや力の源は?
A. ファンの皆様がどんな時も応援してくれた事そして宝塚の仲間が支えですが、私の中では夢が1番で、自分の夢を叶えるという事が自分にとっての力の源です。

Q.残りの宝塚生活の中で星組の仲間や宝塚歌劇全体に伝えていきたいことは?
A. 舞台を好きでいてほしい思いと、“宝塚の男役”というのは宝塚にしかないですし、宝塚でしか出来ない事もたくさんあって、その事に早く気付いて欲しいという思いがあるので、伝えていけたらいいなと思います。 




************************************
ランキングの応援をよろしく ⇒ 
************************************

■安蘭 けいプロフィール
滋賀県出身 甲西高校出身
1989年 4月 宝塚音楽学校入学
1991年 3月 宝塚音楽学校卒業
1991年 3月 宝塚歌劇団入団、『ベルサイユのばら』で初舞台
1992年 1月 雪組に配属
2000年 8月 星組に組替え
2006年 12月 『ヘイズ・コード』(ドラマシティ)で星組主演男役に就任

■主な舞台歴 ※劇場名のないものは全て宝塚大劇場公演
1991年 3~5月 『ベルサイユのばら』で初舞台
1995年 6月 『JFK』(新人公演) ジョン・F・ケネディ ※新人公演初主演
1996年 2~3月 『エリザベート』ルドルフ(少年)/(新人公演)トート
1998年 2~3月 『ICARUS(イカロス)』(バウホール)イカロス ※バウホール公演初主演
2000年 10月 『花吹雪 恋吹雪』(バウホール)石川五右衛門
2001年 8~10月 『ベルサイユのばら 2001』フェルゼン
2002年 4~5月 『プラハの春』ヤン・パラフ
2003年 5月 『雨に唄えば』(日生劇場)ドン・ロックウッド
AranKei13asRockwood.jpg
2003年 7~8月 『王家に捧ぐ歌』アイーダ
AranKei07.jpg
2003年 12月 『巌流』(バウホール)佐々木小次郎
2004年 5~6月 『ファントム』フィリップ・ドゥ・シャンドン伯爵
2005年 5~6月 『長崎しぐれ坂』らしゃ
2005年 9~10月 『龍星』(ドラマシティ)龍星
AranKei05.jpg
2006年 1~2月 『ベルサイユのばら』アンドレ
2006年 2~4月 『ベルサイユのばら』(東京宝塚劇場)オスカル
AranKei02.jpg
2006年 6月 『コパカバーナ』(梅田芸術劇場)リコ・カステッリ
2006年 12月 『ヘイズ・コード』(ドラマシティ)レイモンド・ウッドロウ
2007年 3~4月 『シークレット・ハンター』ダゴベール ※主演男役として初の大劇場公演
2007年 11~12月 『エル・アルコン―鷹―』ティリアン・パーシモン
2008年 3月 『赤と黒』(ドラマシティ)ジュリアン・ソレル
2008年 6~8月 『THE SCARLET PIMPERNEL』パーシー・ブレイクニー

■今後の出演予定
(1) 2008年11月8日(土)~12月7日(日)<全国ツアー>
宝塚ロマン『外伝 ベルサイユのばら -ベルナール編-』
原作/池田理代子 外伝原案/池田理代子 脚本・演出/植田紳爾
ロマンチック・レビュー『ネオ・ダンディズム!III』-男の美学- 作・演出/岡田敬二

(2) 2008年12月20日(土)~21(日)<梅田芸術劇場>
『タカラヅカスペシャル2008~La Festa!~』
構成・演出/三木章雄、中村 暁、石田昌也

(3) 2009年2月6日(金)~3月9日(月)<宝塚大劇場>
Musical『My dear New Orleans(マイ ディア ニューオリンズ)』-愛する我が街- 作・演出/植田景子
レビュー・ファンタスティーク『ア ビヤント』 作・演出/藤井大介

(4) 2009年3月27日(金)~4月26日(日)<東京宝塚劇場>
※演目は(3)に同じ
関連記事
テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

年次改革要望書を批判しよう!

年次改革要望書の事を書いた。 その中で(外務省のホームページには英文しかありません。)と書きましたが 米国大使館のHPに和訳が出てますよ。と山形の住人に教えていただいたので見て見ました。
大津留公彦のブログ2【2008/11/10 11:25】


弘法大師釈放さる

2008年10月28日 (火)の麻生さんのおうちを見にいっちゃいけないの?で紹介
大津留公彦のブログ2【2008/11/09 00:49】


日本の未来がわかる文書?

フジテレビ「年次改革要望書」特集に波紋
大津留公彦のブログ2【2008/11/08 19:21】


戦後日本が生んだ最大なジャーナリスト逝く(筑紫哲也さん)

筑紫哲也さんが今夜肺がんで亡くなった
大津留公彦のブログ2【2008/11/08 00:22】


日本でもyes we can.

アメリカ大統領選挙に勝利したオバマ氏の支持の内訳を%で見てみると男性が49に対し
大津留公彦のブログ2【2008/11/07 22:48】


「定年後はパソコンと暮らす」を読んだ

「定年後をパソコンと暮らす」(加藤仁著)を読んだ。 加藤仁さんは3000人以上もの定年退職者の取材をしており多くの著書があります。 本書では22人のケースを紹介しています。
大津留公彦のブログ2【2008/11/06 14:02】