FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



俊友会管弦楽団 特別演奏会 【グレの歌】
2008年10月5日(日)

 20歳くらい後輩の同僚が参加しているオーケストラの演奏会に招待されて聴きに行った。

東京の「すみだトリフォニーホール」で、10月5日(日)午後4時から7時

 曲目は、アーノルト・シェーンベルク作曲の
   超大曲「グレの歌」 (Gurrelieder)


私も以前FMラジオか何かで1回だけ聴いたことがあるかないかの曲だ。

 帰りの飛行機の時間の関係で、全部観ることができないことがわかっていたので、その同僚にお願いして、ゲネプロ(総練習)を見せてもらうことにした。
 (したがって、以下の写真は、ゲネプロのものです)

 この曲が、どれくらい大曲かと言えば、大オーケストラ+大合唱団と言う編成はもとより、
第一部:1時間,第二部45分
  という演奏時間も半端ではない。

 その編成をプログラムから引用してみると

Gurrelieder01.jpg

〔管弦楽団〕 128人

 【弦楽器群】 ; 69
   第1ヴァイオリン:15本
   第2ヴァイオリン:15本
   ヴィオラ:13本
   チェロ:13本
   コントラバス:9本
   ハープ:4台

 【木管楽器群】 ; 25 
   フルート:8本(内 ピッコロ持替え4本)
   オーボエ:5本(内 コールアングレ持替え3本)
   クラリネット:7本(内 バス持替え4本,E♭持替え2本)
   ファゴット:5本(内 コントラファゴット持替え2本)

 【金管楽器群】 ; 25 
   ホルン:10本(内 ワグナーチューバ持替え4本)
   トランペット:7本(内 バストランペット1本)
   トロンボーン:7本(内 アルト1本,テナー4本,バス1本,コントラバス1本)
   チューバ:1本

 【打楽器群】   8人 

 【鍵盤楽器】   1人 (チェレスタ)

 【ソロ歌手】   5人
   ヴァルデマール王:テノール
   トーヴェ:ソプラノ
   山鳩:メゾ・ソプラノ
   農夫:バス
   道化師:テノール
   
 【合唱団】  136人 
   ソプラノ:28人
   アルト :34人
   テノール:34人
   バ ス :40人

 【指揮】 
   コンダクター:堤俊作
   合唱指揮:清水敬一

以上、管弦楽団と合唱とソリスト・指揮者も合わせると 271名の大所帯。

と言う訳で、3階席の入り口を入ったところで、ステージ側を見ると、
視界全野 これすべて オーケストラ と 合唱団 という感じ。

Gurrelieder02.jpg


アマチュアの「俊友会管弦楽団」に当然これだけの力量はなく、
オケの半分は、外部協力(いわゆるエキストラ;業界用語で「トラ」)との話。

合唱団は、似たような名前だが知る人ぞ知る有名合唱団 「晋友会合唱団」



音楽ブログランキング


************************************
ランキングの応援をよろしく ⇒ 
************************************

【グレの歌】 第1回   【グレの歌】 第2回へ 
関連記事

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック