fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



中洲大洋さよなら興行で チャップリンの【独裁者】を見る!
2024年3月30日(土)

  今日10時10分から『中洲大洋さよなら興行』で
チャップリンの【独裁者】
 (原題:THE GRATE DICTATOR)を見ました!

Nakasu-TAIYO_20240330-01.jpg


中洲大洋最終日の明日の興行は全席完売とのことで
私にとっては今日が最後の中洲大洋での映画鑑賞。

Nakasu-TAIYO_20240330-03.jpg

今日の【独裁者】も全席完売!

何度か見た映画ですが、
中盤までは記憶から遠ざかっていて新鮮でした!

最後の6分半のチャプリン自身の意志表明でもある演説は
字幕をできるだけ見ないようにして聴き入りました。

最後の「Let us all unite!」の処で私は、結構目立つように
拍手をしましたが誰も共鳴されずガッカリ。

【関連記事 私のもう一つのブログから】
  JUNSKYblog - 2007年1月3日~2月2日 原語:私の和訳掲載


「チャプリンの独裁者」でのチャプリンの演説−1
 http://junskyblog.blog.fc2.com/blog-entry-338.html

その2
 http://junskyblog.blog.fc2.com/blog-entry-346.html

その3
 http://junskyblog.blog.fc2.com/blog-entry-347.html

その4
 http://junskyblog.blog.fc2.com/blog-entry-349.html

その5
 http://junskyblog.blog.fc2.com/blog-entry-355.html

その6
 http://junskyblog.blog.fc2.com/blog-entry-359.html

その7
 http://junskyblog.blog.fc2.com/blog-entry-362.html

その8
 http://junskyblog.blog.fc2.com/blog-entry-363.html

その9
 http://junskyblog.blog.fc2.com/blog-entry-365.html



映画終了時の拍手も起きませんでした😂
矢張りユダヤ人国家であるイスラエルが、パレスチナ・ガザへの
無惨な殺戮を続けていることを反映しているのでしょうか?!

上映10分前の【中洲大洋-1】スクリーン
Nakasu-TAIYO_20240330-05.jpg


  映画.comによる作品紹介
   https://eiga.com/movie/46767/

【解説・ストーリー】

チャーリー・チャップリン初のトーキー作品で最高傑作とも言われる風刺コメディ。

第1次大戦末期、トメニア国の兵士として戦線に出ていたユダヤ人の床屋チャーリーは、戦傷によりすべての記憶を失ってしまう。
戦後、トメニアは独裁者ヒンケルが支配する国となりユダヤ人迫害を開始。
そんな中、激変した状況を知らない床屋のチャーリーが退院し、ゲットーに帰ってくる。

チャップリンが、製作・監督・脚本・主演(2役)を務め、痛烈にヒトラーの独裁政治を批判した。
邦題は「チャップリンの独裁者」でも知られる。

*******************
 1940年製作/125分/G/アメリカ
 原題:The Great Dictator
 配給:KADOKAWA
 劇場公開日:2022年11月3日
 その他の公開日:1960年(日本初公開)
*******************

【スタッフ・キャスト】
監督 : チャールズ・チャップリン
製作 : チャールズ・チャップリン
脚本 : チャールズ・チャップリン
撮影 : カール・ストラス ローランド・トザロー
美術 : J・ラッセル・スペンサー
編集 : ウィラード・ニコ ハロルド・ライス
音楽 : メレディス・ウィルソン

 配  役 : 役  名
チャールズ・チャップリン : アデノイド・ヒンケル/床屋
ポーレット・ゴダード : ハンナ
ジャック・オーキー : ベンツィーノ・ナパローニ
ヘンリー・ダニエル : ガービッチ
レジナルド・ガーディナー : シュルツ
ビリー・ギルバート : ヘリング
モーリス・モスコビッチ : ジェケル
カーター・デ・ヘイブン : 大使


中洲大洋の場内には、ファンの『ひと言メッセージ』が所狭しと貼り付けられて

Nakasu-TAIYO_20240330-04.jpg

Nakasu-TAIYO_20240330-06.jpg

往年のスターの写真も

Nakasu-TAIYO_20240330-07.jpg


そして、見終わったあとの中洲大洋劇場 明治通りを隔てた外観

Nakasu-TAIYO_20240330-02.jpg




関連記事

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック