fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



中洲大洋さよなら上映『ニュー・シネマ・パラダイス』を見る !
2024年3月23日(土)

  きょう午後5時20分から中洲大洋で
映画【ニュー・シネマ・パラダイス】
 (原題:Nuovo Cinema Paradiso)を見ました!

Nuovo Cinema Paradiso_poster

12時20分上映回は完売😂だったので
17時20分上映回を購入😁していましたが
17:00に行っても長蛇の列と中洲大洋の姿を残したい方が外観撮影

20240323_NakasuTaiyo-01.jpg

この映画は超有名な映画ですが、なんと私が見るのは初めて!?のようでした。

機械的故障でフィルムが停止し、そのひとコマが光源の熱で溶け出し発火して
フィルム全体が燃え始め、室内の可燃物に延焼して映画館(実は教会を流用)
全体が炎上。
このシーンは有名なシーンのようですがリアルに描かれていました。

実際に、光源がカーボン端子に高電圧を掛けて発火させる方式で高熱を発し、
且つフィルムが燃えやすいセルロイド製だった頃には、火災への対策が極めて
重要で、実際に映画館の火災は頻繁に起こっていたようでした。

なお、小倉昭和館の火災は飲食店から発生した火事が延焼した貰い事故でした。

現在はフィルムも燃えなくなり(この場面は映画内でもありました)
光源も比較的低温になったので火災は減っています。
更に、殆どのシネコンでは映像配信によるビデオプロジェクションになり
フィルムそのものが無くなりつつあります。

中洲大洋は旧作上映も積極的に行っていたので35mm映写機も
維持していたのではないでしょうか?
私が勤務していた会社は長年に亘り中洲大洋および九州一円の
映写機のメンテを行ってました。 そのメンテ業務も急速に減り・・・

20240323_NakasuTaiyo-02.jpg
  中洲大洋1階チケット売り場横の『キネマカフェ』

20240323_NakasuTaiyo-03.jpg
  階段で降りて来る途中の壁にある『配給会社』などのロゴ一覧

20240323_NakasuTaiyo-04.jpg
  上映終了後も多くの方が外観をスマホに納めていました!

*******

  映画.comによる作品紹介
   https://eiga.com/movie/22716/

【解説・ストーリー】
シチリアの小さな村を舞台に映写技師と少年の心あたたまる交流を、あふれる映画愛とともに描いた不朽の名作。
映画監督として成功をおさめたサルバトーレのもとに、老いたアルフレードの死の知らせが届く。
彼の脳裏に、「トト」と呼ばれた少年時代や多くの時間を過ごした「パラダイス座」、映写技師アルフレードとの友情がよみがえってくる。
シチリアの小さな村の映画館を舞台に、映画に魅せられたサルバトーレの少年から中年に至るまでの人生を3人の役者が演じる。
アカデミー外国語映画賞やカンヌ映画祭審査員特別グランプリなど、各国で賞賛を浴びた。

**********************
 1989年製作/124分/PG12/
 イタリア・フランス合作
 原題:Nuovo Cinema Paradiso
 劇場公開日:1989年12月16日
**********************

【スタッフ・キャスト】
監督 : ジュゼッペ・トルナトーレ
製作 : フランコ・クリスタルディ
脚本 : ジュゼッペ・トルナトーレ
撮影 : ブラスコ・ジュラート
美術 : アンドレア・クリザンティ
編集 : マリオ・モッラ
音楽 : エンニオ・モリコーネ

 配  役 : 役  名
フィリップ・ノワレ : アルフレード
ジャック・ペラン : サルヴァトーレ
マルコ・レオナルディ : サルヴァトーレ(青年時代)
サルバトーレ・カシオ : サルヴァトーレ(少年時代 トト)
アントネラ・アッティーリリ
エンツォ・カナバレ
イサ・ダニエリ
レオ・グロッタ
プペラ・マッジオ
レオポルド・トリエステ





関連記事

テーマ:ヨーロッパ映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック