fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



【機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編】を中洲大洋で見る !
2024年3月17日(日)

  今日の午後3時から中洲大洋で
アニメ映画【機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編】
 を見ました!

20240317_Nakasutaiyo_Gundam2-02.jpg

私が、この作品シリーズを見るのは、テレビ時代も含めて初めて😂

Facebook友の強い推しで見に行ったのですが、
私的には矢張り付いて行けませんでした。

その友の話では『反戦』の強いメッセージを伝えるアニメと聞いていたのですが、
人型ロボットなどの戦闘シーンが映画の殆ど9割を占めていて、
好戦的なアニメ即ちこれを見る子どもたちに「戦闘は格好良い」と思いこませて
「自衛隊員になって戦闘機パイロットになりたい」と刷り込むような作風に見えました。

これは見る人の受け止め方次第ではありますが。

なので、今日は第4作まで続けてみる予定を止めて第2作のみで済ませました。

観客は中洲大洋最大の『大洋1スクリーン』に百数十人の盛況でした。

20240317_Nakasutaiyo-08.jpg

【機動戦士ガンダム】4作一挙上映は3月21日まで。

20240317_Nakasutaiyo_Gundam2-01.jpg


【関連記事】

Gundam4_Akahata_20230606.jpg
    しんぶん赤旗-2023年6月6日コラム
 
*******

中洲大洋は、建物の老朽化のため取り壊す予定で3月末までを
感謝デーとして、全作1000円で鑑賞できます。

20240317_Nakasutaiyo-03.jpg

20240317_Nakasutaiyo-09.jpg

20240317_Nakasutaiyo-10.jpg

20240317_Nakasutaiyo-11.jpg


場内の壁にはお客様のメッセージが所狭しと貼られていました。

20240317_Nakasutaiyo-04.jpg

20240317_Nakasutaiyo-05.jpg

20240317_Nakasutaiyo-06.jpg

私も1枚書かせて頂きました。

20240317_Nakasutaiyo-07.jpg

外観写真を今日は取り忘れたので
2024年2月4日私が撮影したもの。

20240317_Nakasutaiyo-12.jpg


映画【機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編】公式サイト
 https://www.sunrise-inc.co.jp/work/detail.php?cid=250



映画【機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編】予告編映像
 https://youtu.be/9N8RS8RrWK4




  中洲大洋による作品紹介
   https://www.nakasu-taiyo.co.jp/movie/detail.php?seq=2104

【解説・ストーリー】
【機動戦士ガンダムⅠ】
Gundam1_Poster.jpg
宇宙世紀0079。地球から最も遠い宇宙都市サイド3はジオン公国を名乗り、連邦軍に独立戦争をしかけてきた。サイド7に住む15歳の少年アムロは、ジオン軍の奇襲の中、モビルスーツ・ガンダムに偶然乗り込み、敵モビルスーツ・ザクを撃退する。避難民を乗せたホワイトベースは、ジオン軍の追撃をかわし、逃避の旅を始める。迫るジオン軍の赤い彗星シャア。大人はみんな死んだ。生きのびたければ、戦うしかない。アムロの意志が、ガンダムを飛翔させる!

【機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編】
Gundam2_Poster.jpg
ホワイトベースの戦いは続いていた。
ランバ・ラルのグフ、黒い三連星のドムがホワイトベースを襲う! 連邦軍のオデッサ作戦が進行する中で、アムロはかけがえのない人たちを次々と失っていく。
ランバ・ラルとハモン、マチルダとリュウが生命をかけて戦い、散華するさまに、アムロが見たものは何か。
死と生の交錯する戦場で、アムロのニュータイプへの覚醒が始まった!

【機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編】
Gundam3_Poster.jpg
ホワイトベースは、再び宇宙へと飛び立った。ニュータイプとして覚醒したアムロは、ガンダムで迫りくるジオン軍を次々と撃破、すさまじい戦果をあげていく。運命の少女ララァの乗るエルメスと交戦したとき、アムロの精神は、激しく共鳴をはじめた。だが、その戦いは、恐ろしい悲劇につながっていく。人の革新とは本当にあるのか?果てしなき喪失感を越えて、アムロの還える場所は…。

【機動戦士ガンダム 逆襲のシャア】
Gundam4_Poster.jpg
宇宙世紀0093年、行方不明となっていたシャア・アズナブルはネオ・ジオンを再興し、地球連邦政府に宣戦を布告した。隕石落としを実行に移したネオ・ジオン軍に対して、ブライト・ノアが指揮するロンド・ベル隊は孤立無援の戦いを強いられる。そこには、シャアのライバルであるアムロ・レイの姿があった。しかし、彼らの善戦も空しく、5thルナは地球へ落下していく。
シャアの動向に脅威を感じたアムロは、サイコフレームを組み込んだMS、νガンダムを受け取るため、開発主任のチェーン・アギが待つ月へと向かった。
その頃、ブライトの息子ハサウェイ・ノアは、宇宙に上がる途中でクェス・パラヤに出会い、彼女に惹かれる。

*************************
 作品名:機動戦士ガンダムII 哀・戦士編
 公 開:1981年07月11日
 配 給:松竹
 映像メディア/発売元:バンダイビジュアル
*************************

「機動戦士ガンダム」の劇場用3部作第2弾。
 TV版の第16話~第31話前半までを再編集し、追討部隊であるランバ・ラルとの激闘、ジオンの占領に反攻するオデッサの激戦、返り咲いたシャアの追撃、地球連邦軍本部ジャブローの大攻防戦を描いている。

【スタッフ・キャスト】
原作:矢立 肇・富野喜幸
総監督:富野喜幸
キャラクターデザイン:安彦良和
メカニカルデザイン:大河原邦男
美術監督:中村光毅
音楽:渡辺岳夫・松山祐士
アニメーションディレクター:安彦良和

声の出演 : 古谷徹、池田秀一、鈴置洋孝、飯塚昭三、古川登志夫、
鈴木清信、白石冬美、井上瑤、鵜飼るみ子、戸田恵子、井上真樹夫、森功至





関連記事

テーマ:アニメ - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック