fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



【シバトラ】 最終回 続いて 【リアル・クローズ】
 麻薬を媒介とする事件に挑む刑事ものドラマ 【シバトラ】 が最終回を迎えた。
「真犯人」は、なんと『チーム・シバトラ』の一員である大後寿々花さん扮するミズキだった。
公式サイトは、ここをクリック

          SHibatora.jpg
           (クリックで画像拡大)

*****************************
 そのドラマ終了のすぐ後の時間帯(2008年9月16日午後10時~)で、
新番組【リアル・クローズ】 が始まった。

Real Clothes 01

公式サイトは、ここをクリック

寝具売り場の、いかにもダサイ風貌の天野絹恵(香里奈)が
                        cast_karina.jpg

「エリート婦人服売り場」へと異動になり、
ファッション界の伝説の人物、神保美姫(黒木瞳)の
                   cast_kuroki.jpg

      厳しい指導を受けて
    story_photo_01.jpg

        見違えるような、センスの良い美人販売員に変身するという
        photo_karina_04.jpg
          シンデレラ・ストーリー

 顔もスタイルも抜群の香里奈さんが、ダサイ衣服とダサイ眼鏡を掛けて最初画面に現れるのだが、地が美形だと解っているので、ドラマの先が予想できてしまい、若干期待感に乏しい。

 そのうえ、これから数話進展してゆくなかで、次第に『マイ・フェア・レディ』 状態に進化してゆくのかと思っていたら、第一話でそこまで突き進んでしまったので、今後の話を見る楽しみがなくなってしまう。

 この続きは、ここをクリック

************************************
ランキングの応援をよろしく ⇒ 
************************************

 なお、【リアル・クローズ】 とは、特別な席で着る為のファンシー・ドレスではなく、
実用の場(Real)で、いつでも着るような、「ちょっとおしゃれ着」(Clothes)という意味のようだ。

【リアル・クローズ】 公式サイトより引用

【キャスト】 
天野絹恵(越前屋百貨店販売員) … 香里奈
神保美姫(越前屋百貨店婦人服統括部長) … 黒木 瞳
山内達也(絹恵の彼氏) … 高岡蒼甫
田淵優作(美姫の部下のチーフバイヤー) … 山本太郎
佐々木 凌(絹恵のライバル) … 加藤夏希
森 奈津子(絹恵の同僚) … 芦名 星
木村瑞穂(美姫のチーフアシスタント) … 能世あんな
榎本ミチル(絹恵の顧客) … えれな
花田 瞳(絹恵の布団売り場の後輩) … 南 明奈  


【ストーリー】
 越前屋百貨店の7階。リビングふとん売り場の絹恵(香里奈)は、眼鏡に履きふるしたローファーといつもの冴えない格好で売り場に向かった。仕事は人一倍熱心。
「ふとんを愛しています」と言ってはばからない熱意でトップセールスの成績だ。
ある日、7階の商品リストを届けるよう言われた場所へ行くと、高価な調度品の中に完璧なファッションの女が立っていた。呆気に取られつつ資料を渡し去ろうとする絹恵に、その女は「つまらないものを着ていると、つまらない一生になるわよ」と嫌な一言。
女性販売員たちのあこがれ3階婦人服売り場が、優秀な人材を集めて大幅リニューアルすることになった。同期の奈津子(芦名星)は「ダメもとで『3階』」を希望する」というが、絹恵は相変わらずふとん売り場を志望。が、辞令が下ったのは絹恵だった。3階のセレクトショップ『ザ・スペース』への異動。
絹恵は「ふとんが服に変わるだけ…」とぶつぶつつぶやきながら初出勤する。

流行めまぐるしいファッション業界。時代は消費低迷の真っ只中にあり、越前屋百貨店もライバル百貨店にトップを奪われ苦戦していた。そこへ、一人の女性が現れる。
神保美姫(黒木瞳)。
百貨店激戦区の銀座でトップを目指すべく迎えられた、ファッション界伝説の人物。絹恵を苛立たせたあの人だ。「婦人服で勝つことが業界で勝つことです。越前屋の婦人服売り場を、全く新しい誰も見たことのないような売り場にします」と美姫は一堂に宣言。販売員たちに走る緊張。洋服について右も左も分からない絹恵は途方に暮れるばかり。お客様が口にするファッション用語一つ理解できない、だから売れない。「服なんて、表皮一枚のことだろ、脱いじゃえばおんなじ!」と達也は励ますが、初めて売った洋服は似合っていないものを勧めたため返品になる始末。そんな絹恵に凌(加藤夏希)は厳しい表情で「販売のプロとして口先だけのセールスはやめてほしい、洋服をなめないでください」と言い放つ。

閉店後、ボディにコーディネートしようと悪戦苦闘する絹恵に、チーフの陽子(真野裕子)は「イメージできなかったら自分で着てみたら?」とアドバイスする。次々と試着し、最後に絹恵があるドレスに袖を通した時、居合わせたトップバイヤーの田淵優作(山本太郎)に「頼むから早く脱いでくれ」と一喝されてしまう。優作の背後には美姫の姿も。実はそのドレスは、美姫が難しい交渉で勝ち取った、ミラノの老舗ブランド『ロカテッリ』による世界に一つだけのドレスだった。「彼女は自分を知らない」「おサルさん」と美姫に言われた絹恵は、内面のことまで言われたくないと反発。しかし美姫の答えは「中身が見た目ににじみ出るのよ」だった。
帰宅中、街で女性たちの様々なファッションに目が吸い寄せられる絹恵。「ダサくて、あか抜けなくて…」と遠目に見ていた姿が近づくと、それはショーウィンドウに映った絹恵自身。がく然とした絹恵は、陽子に頭を下げてメイクからファッションまで教えを請う。休みの日も街でチェックをしていると、優作に偶然出会いブランドショップの敵状視察に連れて行かれる。夫婦を装い商品を見定めていくうち、絹恵はアンティークのコサージュに目を留めた。日本有数のハンドメイドブランド『飛猫舎』の一点もの。美姫も契約交渉しているが、断られ続けていることを優作に聞かされる。

一生懸命さが実り、絹恵は心の底からお勧めできる洋服を売れるまでに成長した。さらには、美姫が作ったVIP専用のフィッティングルーム『ペシュ・ミニョン』で美姫のアシスタントをすることに。そこで絹恵は、二人のVIP客を満足させ、たった4時間で一千万円を売り上げる美姫の凄さを目の当たりにする。夜はパーティー、その後は宴席で巨額の契約交渉。寸暇もない美姫に付き添った絹恵は、帰宅のハイヤーの中で疲れきった美姫の「…私は魔法使いなの…」というつぶやきを聞く。
お得意様を集めての越前屋コレクションの期日も迫り、優作は『飛猫舎』に再度の交渉を挑んでいた。しかし飛猫舎デザイナーの日比谷(伊藤裕子)は頷かない。優作がここまでこだわるには理由があった、美姫が勝ち取った『ロカテッリ』のあのドレスに合わせたい一心だ。一方、忙しく働く絹恵に、恋人・山内達也(高岡蒼甫)から実家の父親が倒れたから来てくれないかと知らせが入る。急げば達也の実家の甲府に向かう最終特急に間に合う。しかし絹恵はパーティー会場から出てくる美姫を待っているところだった。迷ったあげく駆け出す絹恵。

仕事を放り出した絹恵は美姫に見放された。「薄皮一枚、着飾ってみても、結局中身はおサルさんのままね」。そのまま美姫はコレクションに招くロカッテリ本人を迎えにミラノに発つ。落ち込む絹恵に優作は、絹恵に白羽の矢を立て大抜擢したのは美姫であったことを教えた。いろいろな気持ちが交錯したのち、意を決する絹恵。向かったのは外されたはずの越前屋コレクションの準備が進むバックステージ。どうしても『ロカテッリ』のドレスに『飛猫舎』のコサージュを合わせたい…。絹恵は優作にデザイナーの日比谷を無理に連れてきてもらい、次々とボディにコーディネートを施して日比谷に見せた。ドレスとアクセサリーの心がこもったコーディネートだ。美姫不在中の絹恵の独断行動にスタッフ一堂はざわめく。日比谷の答えは…。そしてコレクション当日、帰国した美姫に絹恵はある事を告げる…。 

関連記事
テーマ:シバトラ - ジャンル:テレビ・ラジオ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

リアル・クローズ

痴女教師に教室で居残り授業を受けたい 動画ダウンロード ■【シバトラ】 最終回 続いて 【リアル・クローズ】 ■ドラマ「リアル・クローズ」 ■ドラマ ■ジンボ ミキ ■リアル・クローズ ■リアル・クローズ、 エ ロ カ ワ イ ィ .:。+゜*('∀`...
youtubeニュース動画【2008/09/18 19:09】