fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



映画【カラーパープル】をユナイテッドシネマトリアス久山で見る !
2024年2月16日(金)

 きのうユナイテッドシネマトリアス久山で
映画【カラーパープル】
 (原題・The Color Purple)を見て来ました。

The Color Purple_Movie-Poster-01

一部を除いて出演者全員が黒人で作られたミュージカル映画でした。

見る前はミュージカルとは思わず、事実を元にしたドキュメンタリー的なもの
と思っていました。

物語の全体は、百年以上前の黒人社会の中に公然と有る女性差別
(と云うか差別とも思っていない)の実態を描いています。
嫁を取ることは、家事労働のタダ働き『使用人』として、
夜は『娼婦』として性の搾取など・・・
それは、黒人社会の固有のものではなく全世界的現象で、
今の日本にも色濃く残るものかも。

The Color Purple_Movie-02

映画終盤には初めて白人が登場し、露骨な黒人差別を描きます。
抵抗した黒人女性は即刻逮捕され刑務所行き。

ちょっとミュージカルにするには重すぎるテーマ?
逆にミュージカルだからこそ重いテーマを描ける?!

観客は、私ひとりのみの貸し切り状態。

*******


映画【カラーパープル】<公式サイト
https://wwws.warnerbros.co.jp/colorpurple/



映画【カラーパープル】<予告編映像
 https://youtu.be/ThkTd_rdjn8




  映画.comによる作品紹介
   https://eiga.com/movie/96539/

【解説・ストーリー】
巨匠スティーブン・スピルバーグが1985年に手がけた名作映画「カラーパープル」をミュージカル映画としてリメイク。
ピュリッツァー賞を受賞したアリス・ウォーカーの同名小説と、ブロードウェイでロングランヒットを記録したミュージカル版をもとに再映画化する。

横暴な父に虐待され、10代で望まぬ結婚を強いられた女性セリー。唯一の心の支えである妹とも離れ離れになり、不遇な日々を過ごしていた。
そんな中、型破りな生き方の女性たちとの出会いや交流を通して自分の価値に目覚めたセリーは、不屈の精神で自らの人生を切り拓いていく。

主人公セリー役にはブロードウェイ版でも同役を演じたファンテイジア・バリーノを起用し、「ドリーム」のタラジ・P・ヘンソン、実写映画「リトル・マーメイド」のハリー・ベイリー、シンガーソングライターのH.E.R.らが共演。
また、ブロードウェイ版でソフィア役を演じてトニー賞にノミネートされたダニエル・ブルックスが本作にも同役で出演し、第96回アカデミー助演女優賞にノミネートされた。

製作総指揮にはスピルバーグをはじめ、オリジナル版に出演したオプラ・ウィンフリー、オリジナル版の音楽を手がけたクインシー・ジョーンズが名を連ね、アリス・ウォーカーのピュリッツァー賞受賞小説を原作に新鋭ブリッツ・バザウーレ監督がメガホンをとった。

*****************
 2023年製作/141分/
 G/アメリカ
 原題:The Color Purple
 配給:ワーナー・ブラザース映画
 劇場公開日:2024年2月9日
*****************


【スタッフ・キャスト】
監督 : ブリッツ・バザウーレ
製作 : オプラ・ウィンフリー スティーブン・スピルバーグ スコット・サンダース クインシー・ジョーンズ
製作総指揮 : アリス・ウォーカー レベッカ・ウォーカー クリスティ・マコスコ・クリーガー カーラ・ガーディニ マーラ・ジェイコブス アダム・フェル コートニー・バレンティ シーラ・ウォルコット マイケル・ビューグ
原作 : アリス・ウォーカー
原作ミュージカル : マーシャ・ノーマン
脚本 : マーカス・ガードリー
撮影 : ダン・ローストセン
美術 : ポール・D・オースタベリー
衣装 : フランシン・ジェイミソン=タンチャック
編集 : ジョン・ポール
音楽 : クリス・バワーズ
音楽監修 : ジョーダン・キャロル モーガン・ローズ
楽曲 : ブレンダ・ラッセル アリー・ウィルス スティーブン・ブレイ
振付 : ファティマ・ロビンソン

 配   役 : 役   名
ファンテイジア・バリーノ : セリー
タラジ・P・ヘンソン : シュグ・エイブリー
ダニエル・ブルックス : ソフィア
コールマン・ドミンゴ : ミスター
コーリー・ホーキンズ : ハーポコ
H.E.R. : スクイーク
ハリー・ベイリー : 若き日のネティ
アーンジャニュー・エリス : セリーとネティの母親
フィリシア・パール・エムパーシ : 若き日のセリー
シアラ : ネティ
デビッド・アラン・グリア : エイブリー牧師
デオン・コール : アルフォンソ
ジョン・バティステ : グレイディ
ルイス・ゴセット・Jr. : ミスターの父親.
タメラ・マン : ファーストレディ
エリザベス・マーベル : ミス・ミリー
スティーブン・ヒル : ヘンリー・“バスター”・ブロードナック





関連記事

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック