fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



映画【僕らの世界が交わるまで】をユナイテッドシネマ・トリアス久山で見る !
2024年1月29日(月)

  きのうユナイテッドシネマ・トリアス久山で
映画【僕らの世界が交わるまで】
 (原題:When You Finish Saving the World)を見ました!

20240128_bokuranosekai_Movie-Poster.jpg


 家庭内暴力などから逃げる子どもたちの『駆け込み寺』を運営する母と
SNSでの自作映像配信の「View」と『投げ銭』の獲得だけが関心事の息子

 双方に無関心な母子の位置違いとすったもんだの果てに和解に至る
いわゆるヒューマンドラマ。

 母親は、息子への無関心の反動なのか『駆け込み寺』に収容する
子ども達に『過干渉気味』。嫌がる子どもに無理に進学を進めたり・・・

 息子の方は、SNSで女の子の人気を得るのに涙ぐましい努力の末
好意を寄せる女子に無断で、その子の映像をアップして嫌われる結果に。

 とはいえ、私的にはそれほど良い映画とは思えませんでした。

原題は「When You Finish Saving the World」
      ➡ あなたが世界救済を終わる時
 邦題の「僕らの世界が交わるまで」とは全然違う!

 観客は十数人でした。

   *******



映画【僕らの世界が交わるまで】公式サイト
 https://www.culture-pub.jp/bokuranosekai/



映画【僕らの世界が交わるまで】予告編映像
 https://youtu.be/3329TyTF12k




  映画.comによる作品紹介
   https://eiga.com/movie/100523/

【解説・ストーリー】
「ソーシャル・ネットワーク」「ゾンビランド」シリーズなどの俳優ジェシー・アイゼンバーグが長編初メガホンをとったヒューマンドラマ。
アイゼンバーグがオーディオブック向けに制作したラジオドラマをもとに自ら脚本を手がけ、ちぐはぐにすれ違う母と息子が織りなす人間模様を描く。

DV被害に遭った人々のためのシェルターを運営する母エブリンと、ネットのライブ配信で人気を集める高校生の息子ジギー。
社会奉仕に身を捧げる母と自分のフォロワーのことで頭がいっぱいのZ世代の息子は、お互いのことを分かり合えず、すれ違ってばかり。
そんな2人だったが、各々がないものねだりの相手にひかれて空回りするという、親子でそっくりなところもあり、そのことからそれぞれが少しずつ変化していく。

「アリスのままで」のジュリアン・ムーアが母エブリン、ドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」シリーズのフィン・ウルフハードが息子ジギーを演じた。「ラ・ラ・ランド」「クルエラ」の俳優エマ・ストーンが製作に名を連ねる。

*************************
 2022年製作/88分/G/アメリカ
 原題:When You Finish Saving the World
 配給:カルチュア・パブリッシャーズ
 劇場公開日:2024年1月19日
*************************

【スタッフ・キャスト】
監督 : ジェシー・アイゼンバーグ
製作 : デイブ・マッカリー エマ・ストーン アリ・ハーティング
製作総指揮 : ベッキー・グルプカンスキー
脚本 : ジェシー・アイゼンバーグ
撮影 : ベンジャミン・ローブ
美術 : メレディス・リッピンコット
衣装 : ジョシュア・J・マーシュ
編集 : サラ・ショウ
音楽 : エミール・モッセリ

 配  役 : 役  名
ジュリアン・ムーア : エヴリン・カッツ
フィン・ウルフハード : ジギー・カッツ
アリーシャ・ボー : ライラ
ジェイ・O・サンダース : ロジャー
ビリー・ブリック : カイル
エレオノール・ヘンドリックス : アンジー





関連記事

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック