fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



【戦場のピアニスト】(4Kリマスター版)をKBCシネマで見る !
2023年12月8日(金)

  きのうKBCシネマでリバイバル映画
【戦場のピアニスト】(4Kリマスター版)
 (原題・The Pianist)を見ました!

20231207_ThePianist_Movie-01.jpg

2002年のオリジナル上映時に見たという記憶はあるのですが
4Kデジタルリマスター版をもう一度、見てみることに。

20231207_ThePianist_Movie-02.jpg

残念ながら、殆ど覚えていませんでした。

唯一、覚えていたのはChopinの楽曲ノクターン第20番嬰ハ短調『遺作』
映画の冒頭は、この楽曲で始まります。

この楽曲が日本で認知度がアップしたのは、この映画によるかも。私も!

他にもバラード第1番やピアノ協奏曲第2番など幾つものChopinの楽曲が流れます。

20231207_ThePianist_Movie-03.jpg

ストーリーで覚えていたのは、屋根裏に一人隠れるシュピルマンを見付けた
ナチス・ドイツ将校が、ピアニストだと名乗る彼にピアノを弾かせ感動して見逃し、
食糧を自ら何度も届ける処。
そして、ドイツ敗戦時に将校が他のドイツ兵と伴に鉄条網の中に収容されている様子。
即ち、映画の最終盤部分のみでした。

20231207_ThePianist_Movie-04.jpg

ドイツ兵はドイツ語で、ロシア兵はロシア語で話しているのに、
ポーランド人が英語になっている処に違和感が (^_^;)

観客は十数人でした。

*******



映画【戦場のピアニスト】公式サイト
 https://senjo-pianist.jp/



映画【戦場のピアニスト】予告編映像
 https://eiga.com/movie/1700/



  映画.comによる作品紹介
   https://eiga.com/movie/1700/

【解説・ストーリー】
第55回カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールの栄冠に輝き、第75回アカデミー賞でも作品賞ほか7部門にノミネートされ、ロマン・ポランスキーの監督賞、エイドリアン・ブロディの主演男優賞など計3部門で受賞を果たした戦争ドラマ。ナチスドイツ侵攻下のポーランドで生きた実在のユダヤ人ピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマンの自伝を映画化した。

1939年、ナチスドイツがポーランドに侵攻。ワルシャワの放送局で演奏していたピアニストのシュピルマンは、ユダヤ人としてゲットーに移住させられる。やがて何十万ものユダヤ人が強制収容所送りとなる中、奇跡的に難を逃れたシュピルマンは、必死に身を隠して生き延びることだけを考えていた。しかしある夜、ついにひとりのドイツ人将校に見つかってしまう。

監督のポランスキー自身もパリでポーランド人の両親のもとに生まれ、収容所で母親を亡くし、各地を放浪して生き延びたという体験を持つ。日本では2003年に劇場公開され、第2次世界大戦終結から70年目の2015年にデジタルリマスター版でリバイバル公開。2023年には4K デジタルリマスター版でリバイバル公開。

*********************
 2002年製作/150分/PG12/
 フランス・ドイツ・ポーランド・イギリス合作
 原題:The Pianist
 言語:英語・ドイツ語・ロシア語
 配給:KADOKAWA
 劇場公開日:2023年12月1日(リマスター版)
 日本初公開日:2003年2月15日
*********************

【スタッフ・キャスト】
監督 : ロマン・ポランスキー
製作 : ロマン・ポランスキー ロベール・ベンムッサ アラン・サルド
製作総指揮 : ルー・ライウィン ヘニング・モルフェンター ティモシー・バーリル
原作 : ウワディスワフ・シュピルマン
脚本 : ロナルド・ハーウッド
撮影 : パベウ・エデルマン
美術 : アラン・スタルスキ
衣装 : アンナ・シェパード
編集 : エルベ・ド・ルーズ
音楽 : ボイチェフ・キラール

 配  役 : 役  名
エイドリアン・ブロディ : ウワディスワフ・シュピルマン
トーマス・クレッチマン : ヴィルム・ホーゼンフェルト大尉
フランク・フィンレイ : 父
モーリン・リップマン : 母
エド・ストッパード : ヘンリク
ミハウ・ジェブロフスキー : ユーレク
エミリア・フォックス,ジュリア・レイナー,ジェシカ・ケイト・マイヤー





関連記事

テーマ:ヨーロッパ映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック