fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



KBCシネマでドキュメンタリー映画【春の画(SHUNGA)】を見る !
2023年12月7日(木)

  きょう9時40分からKBCシネマでドキュメンタリー映画
【春の画(SHUNGA)】を見ました!

20231207_Shunga_Movie-01.jpg

取り上げられる主要な作品は、以前見た劇映画【春画先生】とほぼ同じで
愛好家による鑑賞会の雰囲気も【春画先生】で再現された状況と似ています。

20231207_Shunga_Movie-02.jpg

一方で【春画先生】では映画の終盤で春画の芸術的到達を貶める
『SM映画』に堕落していましたが
今回の【春の画(SHUNGA)】では、当時の作者の芸術的そして
職人技の極致を目指す技工が解説されていました。

20231207_Shunga_Movie-03.jpg

中でも『陰毛』の表現について詳しく解説が。
『陰毛』は、櫛で整えられた頭髪と異なり、縮れ絡み合い複雑な状態
となっていますが、それを可能な限り再現し1cm四方の中に何十本も
細密に描かれています。
それを描く絵師の筆使いは勿論、彫刻刀で刻む彫り師、そして細密さを
失わないように何十色の顔料を順次塗り和紙に写し取る摺り師の技量が
紹介されます。

20231207_Shunga_Movie-04.jpg

その技量を習得し次世代に残すために現在の職人が再現を試みますが
江戸時代の技巧には遥かに及ばないと御本人たちが語っていました。

松平春嶽などの名だたる藩主がプロデューサーになり作成されていたとのこと。

20231207_Shunga_Movie-05.jpg

春画のような朗らかな文化が『猥褻なもの』とされたのは、
西洋文化が大量に入ってきた明治期という話しでした。

当時は、結婚の必需品として親が嫁ぐ娘に持たせたものとか。
現代で謂えば『性教育』パンフレットか?!

観客は十人前後。

*******


映画公式サイト
 http://www.culture-pub.jp/harunoe/


映画予告編映像
 https://youtu.be/NLdmdWs-T_g




  映画.comによる作品紹介
   https://eiga.com/movie/100059/

【解説・ストーリー】

江戸時代に隆盛を極め、明治時代に禁じられた「春画」の美の世界に迫るドキュメンタリー。

葛飾北斎、喜多川歌麿ら名だたる浮世絵師たちが情熱を注いだことで知られる春画。絵師・彫師・摺師の才能と高度な技術によって数多くの名作が生み出されたが、明治時代になると「猥褻画」として警察の取り締まり対象となり、日本文化から姿を消した。そして近年になってようやく、出版物や展覧会を通してアートとしての再評価の機運が高まっている。

ディレクターとして数々のドキュメンタリー番組を手がけてきた平田潤子監督が、北海道から九州、海外にまで足を運んで美術コレクターや浮世絵研究家、美術史家、彫師、画家に取材。バラエティ豊かな傑作の数々を美しい映像で映し出し、エロティシズムだけにとどまらない多彩な表現内容や技巧、創造性に富んだ春画の魅力に迫る。さらに春画をアニメ化し、江戸時代の人々が親しんだその世界をいきいきと描く。
アニメパートでは俳優の森山未來と吉田羊が声の出演。

*********************
 2023年製作/121分/R18+/日本
 配給:カルチュア・パブリッシャーズ
 劇場公開日:2023年11月24日
*********************

【スタッフ・キャスト】
監督 : 平田潤子
製作 : 中西一雄 小林敏之
企画 : 小室直子
プロデュース : 小室直子
プロデューサー : 橋本佳子
撮影 : 山崎裕 高野大樹
録音 : 森英司 阿斯汗
編集 : 鈴尾啓太
音楽 : 原摩利彦
構成 : 檀乃歩也
朗読 : 森山未來 吉田羊

コメントなどで出演
横尾忠則,会田誠,木村了子,石上阿希,早川聞多,浦上満
アンドリュー・ガーストル,ミカエル・フォーニッツ
橋本麻里,朝吹真理子,春画ール,ヴィヴィアン佐藤
樋口一貴,高橋由貴子,山川良一





関連記事

テーマ:ドキュメンタリー映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック