fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



映画【白鍵と黒鍵の間に】を kinocinema天神で見る !
2023年10月15日(日)

  きょう、11:30からKinocinema天神で
映画【白鍵と黒鍵の間に】を見ました!

Hakken between Kokken_Movie_Poster-01

昭和の時代の銀座のキャバレーやクラブで、BGMとして
ピアノを弾くピアニストたちの話し。

ピアニスト・南博氏の自伝的著作の映画化作品。

映画の中では南と言う人物と博と言う人物の2人に分けて描き、
その2人を池松壮亮が二役で演じるという複雑な構造。
池松壮亮は、その2人を今ひとつ描き分けて演じられていない
感じなので見ている方は度々混乱。

なお、池松壮亮は、実際にピアノを弾いていると言う前宣伝。
映像的には弾いていますが、音の方は南博さん本人では?!

映画の冒頭から当時(昭和63年の設定)の銀座のヤクザ社会が
表に出てくるので、わたし的には辟易。

映画終盤は殺戮が始まり博も殺されて高い処から落とされますが
何故か息を吹き返します。 ゴミ溜めの中から殺されたヤクザたちが
ゾンビのように立ち上がり・・・ 
【春画先生】同様、終盤の展開が作品の品格を奈落に突き落としています。

この映画の展開のキーになる『ゴッドファーザー』をはじめ
幾つかの聴き慣れた楽曲がジャズ風のアレンジで演奏されますが、
期待した程の映画ではありませんでした。と云うかクダラナイ映画!

観客は4名。

*******


Hakken between Kokken_kinocinema-02

  映画【白鍵と黒鍵の間に】公式サイト
   https://hakkentokokken.com/

【STORY】
昭和63年の年の瀬。
夜の街・銀座では、ジャズピアニスト志望の博(池松壮亮)が場末のキャバレーでピアノを弾いていた。博はふらりと現れた謎の男(森田剛)にリクエストされて、“あの曲”こと「ゴッドファーザー 愛のテーマ」を演奏するが、その曲が大きな災いを招くとは知る由もなかった。
“あの曲”をリクエストしていいのは銀座界隈を牛耳る熊野会長(松尾貴史)だけ、演奏を許されているのも会長お気に入りの敏腕ピアニスト、南(池松壮亮、二役)だけだった。
夢を追う博と夢を見失った南。二人の運命はもつれ合い、先輩ピアニストの千香子(仲里依紗)、銀座のクラブバンドを仕切るバンマス・三木(高橋和也)、アメリカ人のジャズ・シンガー、リサ(クリスタル・ケイ)、サックス奏者のK助(松丸契)らを巻き込みながら、予測不可能な“一夜”を迎えることに・・・。


Hakken between Kokken_kinocinema-03


映画【白鍵と黒鍵の間に】予告編映像
https://youtu.be/P4Mga-c6pJk




  映画.comによる作品紹介
   https://eiga.com/movie/99235/

【解説・ストーリー】
池松壮亮が1人2役で主演を務め、昭和末期の銀座を舞台に2人のジャズピアニストの運命が交錯し大きく狂い出す一夜を描いたドラマ。
「素敵なダイナマイトスキャンダル」の冨永昌敬監督が、ミュージシャン・南博の回想録「白鍵と黒鍵の間に ジャズピアニスト・エレジー銀座編」を大胆にアレンジして映画化した。
昭和63年。銀座のキャバレーでピアノを弾いていたジャズピアニスト志望の博は、謎の男からのリクエストで“あの曲”こと「ゴッドファーザー 愛のテーマ」を演奏する。しかし“あの曲”をリクエストできるのは銀座を牛耳るヤクザの親分・熊野会長だけで、演奏を許されているのも会長お気に入りのピアニスト・南だけだった。未来に夢を見る博と、夢を見失ってしまった南の運命は絡みあい、多くの人々を巻き込みながら事態は思わぬ方向へと転がっていく。
共演には仲里依紗、森田剛、高橋和也、クリスタル・ケイ、松尾貴史ら個性豊かな顔ぶれがそろう。

****************
 製作年 :2023年
 製作国 :日本
 配給 :東京テアトル
 劇場公開日 :2023年10月6日
 上映時間 :94分
 映倫区分 :G
****************

【スタッフ・キャスト】
監督 : 冨永昌敬
原作 : 南博
脚本 : 冨永昌敬 高橋知由
製作 : 大熊一成 太田和宏 甲斐真樹 佐藤央 前信介 澤將晃
プロデューサー : 横山蘭平
アソシエイトプロデューサー : 白川直人 寺田悠輔
ラインプロデューサー : 荒木孝眞
撮影 : 三村和弘
照明 : 中村晋平
録音 : 山本タカアキ
美術 : 仲前智治
装飾 : 須坂文昭
ヘアメイクデザイン : 西村佳苗子
編集 : 堀切基和
音楽 : 魚返明未
エンディング音楽 : 南博
仕上担当 : 田巻源太
助監督 : 久保朝洋
制作担当 : 中村哲也
スクリプター : 押田智子

 配 役 : 役 名(役柄;引用者追記)
池松壮亮 : 博(ピアニストを目指す若者)
池松壮亮 : 南(銀座のクラブで演奏する挫折したピアニスト)
仲里依紗 : 千香子(博の音大時代の先輩で銀座では南とバンド仲間)
森田剛 : あいつ(10年の刑期を終えて出所したばかりのチンピラ)
クリスタル・ケイ : リサ(アメリカ人雇われ歌手)
松丸契 : K助(博とコラボするサックス奏者;松丸氏もサックス奏者)
川瀬陽太 : 曽根(クラブを取仕切るヤクザ?)
杉山ひこひこ : 門松(ヤクザ?)
中山来未 : Y子(ウエイトレス?)
佐野史郎 : 宅見(博と千香子の音大での恩師)
洞口依子 : 南の母
松尾貴史 : 熊野(銀座を牛耳るヤクザの頭目)
高橋和也 : 三木(競馬狂いのバンドマスター)

Hakken between Kokken_kinocinema-04



池松壮亮 : 博(ピアニストを目指す若者)
Hakken between Kokken_Hiroshi

池松壮亮 : 南(銀座のクラブで演奏する挫折したピアニスト)
Hakken between Kokken-Minami

仲里依紗 : 千香子(博の音大時代の先輩で銀座では南とバンド仲間)
Hakken between Kokken-Chikako

松尾貴史 : 熊野(銀座を牛耳るヤクザの頭目)
Hakken between Kokken-Kumano

高橋和也 : 三木(競馬狂いのバンドマスター)
Hakken between Kokken-BandMaster

クリスタル・ケイ : リサ(アメリカ人雇われ歌手)
Hakken between Kokken-Risa

松丸契 : K助(博とコラボするサックス奏者)
Hakken between Kokken-Ksike

佐野史郎 : 宅見(博と千香子の音大での恩師)と千香子と博
Hakken between Kokken-Takumi



関連記事

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック