fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



映画【沈黙の艦隊】をユナイテッドシネマトリアス久山で見る
2023年10月1日(日)

  きょう午後2時15分からユナイテッドシネマトリアス久山で
映画【沈黙の艦隊】
 (英語表記;Silent Service)を見ました!

20231001_SilentService_Movie_Poster-01.jpg

防衛省・海上自衛隊が『特別協力』して
実際の潜水艦内で撮影したという曰く付きの映画ですが・・・
どういう立場で描かれるのかを確認する為に見に行った次第。

原作は、四半世紀前からコミック誌『週刊モーニング』に
連載された、かわぐちかいじさんの作品。
原子力潜水艦『ヤマト』が独立国を宣言して行動すると言う問題作。

同時期?にビッグコミックに連載された『空母いぶき』同様
自衛隊が活躍する劇画です。

映画の中で原子力潜水艦『ヤマト』の艦長・海江田が
『核抑止力論』の虚しさを訴える部分が一瞬ありますが、
その『ヤマト』自らが核ミサイルを搭載していることを宣言し
自ら『核兵器の力』を誇示するという独りよがりの矛盾続出。

今日の観客には中年層が多いように見えましたが、おそらく
その多くが青年期にこの劇画を見て育った世代だと思われます。

また、少なからずの若い世代も見ていたので、好戦的に
格好いい大沢たかお艦長の振舞いやストーリーに
『洗脳』されるのではないか心配するところ多々あり!

その大沢たかお艦長の演技は、確信ある表情の中に
狂気をたたえた処も感じられ、さすがの演技派!
ストーリーはさておき、この演技には賞賛を贈ります!

本作はストーリーとしては序盤で、完結には程遠く、
次回作を期待させる終わり方に成っています。

観客はユナイテッドシネマトリアス久山最大の
250人収容のスクリーンに半分くらいの入り。

*******


映画【沈黙の艦隊】公式サイト
 https://silent-service.jp/



映画【沈黙の艦隊】予告映像
 https://youtu.be/GJdoaSKTKac




  映画.comによる作品紹介
   https://eiga.com/movie/98836/

【解説・ストーリー】
1988~96年に講談社の週刊漫画誌「モーニング」にて連載された、かわぐちかいじの名作コミック「沈黙の艦隊」を、大沢たかおが主演のほかプロデューサーも務めて実写映画化。
日本近海で、海上自衛隊の潜水艦がアメリカの原子力潜水艦に衝突して沈没する事故が発生。
全乗員76名が死亡したとの報道に衝撃が走るが、実は全員が生存しており、衝突事故は日米が極秘裏に建造した日本初の高性能原子力潜水艦「シーバット」に彼らを乗務させるための偽装工作だった。
しかし艦長の海江田四郎はシーバットに核ミサイルを積み、アメリカの指揮下を離れて深海へと消えてしまう。
海江田をテロリストと認定し撃沈を図るアメリカと、アメリカより先に捕獲するべく追う海自のディーゼル艦「たつなみ」。その艦長である深町洋は、海江田に対し並々ならぬ感情を抱いていた。
プロデュースも手がける大沢が海江田、玉木宏が深町を演じ、上戸彩、中村倫也、江口洋介が共演。
監督は「ハケンアニメ!」の吉野耕平。

*********************
 2023年製作/113分/日本
 配給:東宝
 劇場公開日:2023年9月29日
 英語表記:Silent Service
*********************

【スタッフ・キャスト】
監督 : 吉野耕平
原作 : かわぐちかいじ
脚本 : 高井光
プロデューサー : 戸石紀子 松橋真三 大沢たかお 千田幸子 浦部宣滋
ラインプロデューサー : 濱崎林太郎 眞保利基
撮影 : 小宮山充
照明 : 加藤あやこ
録音 : 林栄良
美術 : 小澤秀高
装飾 : 秋田谷宣博
衣装 : 渡辺文乃
ヘアメイク : 本田真理子
VFXスーパーバイザー : 西田裕
CGスーパーバイザー : 宗片純二
スーパーバイジングサウンドエディター : 勝俣まさとし
リレコーディングミキサー : 古谷俊幸
編集 : 今井剛
音楽 : 池頼広
主題歌 : Ado
主題歌楽曲提供 : B’z
監督補 : 中村哲平
助監督 : 蔵方政俊 岸塚祐季
スクリプター : 増子さおり 尾和茜
制作担当 : 鳥越道昭 阿部史嗣

 配  役 : 役  名(役柄;引用者追記)
大沢たかお : 海江田四郎(原子力潜水艦ヤマト艦長)
中村蒼 : 山中栄治(原子力潜水艦ヤマト副長)
前原滉 : 溝口拓男(ヤマト・ソナーマン)
松岡広大 : 入江覚士(入江蒼士の弟でヤマト隊員)
中村倫也 : 入江蒼士(事故死した潜水艦隊員)
玉木宏 : 深町洋(潜水艦たつなみ艦長)
水川あさみ : 速水貴子(たつなみ副長)
ユースケ・サンタマリア : 南波栄一(たつなみ・ソナーマン)
上戸彩 : 市谷裕美(報道ニュースキャスター)
笹野高史 : 竹上登志雄(優柔不断の内閣総理大臣)
夏川結衣 : 曽根崎仁美(防衛大臣)
酒向芳 : 影山誠司(外務大臣)
手塚とおる : 赤垣浩次(統合幕僚長)
江口洋介 : 海原渉(官房長官)
岡本多緒 : 舟尾亮子(海原渉官房長官の秘書)
橋爪功 : 海原大悟(海原渉の父で官房参与と云う黒幕)
アレクス・ポーノビッチ
: ローガン・スタイガー(米太平洋艦隊司令官)
リック・アムスバリー
: ニコラス・ベネット(アメリカ合衆国大統領)
キャラクターへのリンク
 https://silent-service.jp/chara/index.html





関連記事

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック