fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



映画【エブ・エブ】をトリアス久山ユナイテッドシネマで見る! 超クダラナイ!!!
2023年4月13日(木)

  きょう17:20 からトリアス久山ユナイテッドシネマで映画
エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス
 (略称:エブ・エブ,原題:Everything Everywhere All at Once)
  を見ました!

Everything Everywhere All at Once_Poster

予告編をみて、ハチャメチャな映画だろうとは予想していましたが
アカデミー賞・作品賞や主演女優賞など7部門を受賞した作品
という話しなので、取り敢えずみてみることに。

しかし、超絶!クダラナイものでした。

これがアカデミー賞7部門でオスカーを獲得したとか、アカデミー賞の
低俗化を歴然と示すものと言えるでしょう。
東洋人が主演女優賞を獲得したことばかりが話題になりましたが・・・

映画冒頭は、米国に住む中国系のコインランドリーを営む家族の描写。
家族の話す言葉は中国語(方言か?)と米語の混ざった会話で、
突然米語になったり中国語になったり完全に混ざり合った『新しい言語』

これは、この映画特有のものではなく、帰国子女の家庭では日本でも
日本語と英語が自然に混在していることが良くあるらしいです。

その家族の描写が映画の15分過ぎ頃から、『メタバース』と言う次元を
超越した世界になり、人々が突如過去に戻ったり未来社会に行ったり
現在に戻ったりと、絶え間なく変遷し、その殆ど全てで乱闘シーンが
展開されます。

もう、冒頭から30分ほどで辟易しましたが、映画は2時間半ほどあるので
一部ウトウトしながら、どうにか最後まで見届けました。

しかし、大いなる時間の無駄でした。

1ヶ所、敢えて評価するポイントを挙げると映画の1時間50分頃に
崖っぷちに卵型の岩が二つあり、字幕のみで言いたいことを表示
している場面。 おそらく制作者の意図は、ここにあり他の部分は
ただ、荒唐無稽破天荒なコメディタッチの乱闘シーンでした。

   *******


  映画【エブ・エブ】公式サイト
   https://gaga.ne.jp/eeaao/

数々のオリジナリティあふれる魅惑的な作品を世に送り出し、映画ファンの絶大なる信頼を獲得してきた人気スタジオA24が、家族の問題に悩み赤字コインランドリーの経営に頭を抱えるフツーのおばさんが、新たなヒーローとして世界を救うという、全人類が初めて体験するアクション・エンターテインメントを完成させた!
(以下略)




映画【エブ・エブ】予告編映像
https://youtu.be/gqdZLWb8KEs




  映画.comによる作品紹介
   https://eiga.com/movie/96942/

【解説・ストーリー】

カンフーとマルチバース(並行宇宙)の要素を掛け合わせ、生活に追われるごく普通の中年女性が、マルチバースを行き来し、カンフーマスターとなって世界を救うことになる姿を描いた異色アクションエンタテインメント。奇想天外な設定で話題を呼んだ「スイス・アーミー・マン」の監督コンビのダニエルズ(ダニエル・クワン&ダニエル・シャイナート)が手がけた。

経営するコインランドリーは破産寸前で、ボケているのに頑固な父親と、いつまでも反抗期が終わらない娘、優しいだけで頼りにならない夫に囲まれ、頭の痛い問題だらけのエヴリン。いっぱいっぱいの日々を送る彼女の前に、突如として「別の宇宙(ユニバース)から来た」という夫のウェイモンドが現れる。混乱するエヴリンに、「全宇宙にカオスをもたらす強大な悪を倒せるのは君だけだ」と驚きの使命を背負わせるウェイモンド。そんな“別の宇宙の夫”に言われるがまま、ワケも分からずマルチバース(並行世界)に飛び込んだ彼女は、カンフーマスターばりの身体能力を手に入れ、全人類の命運をかけた戦いに身を投じることになる。

エヴリン役は「シャン・チー テン・リングスの伝説」「グリーン・デスティニー」で知られるミシェル・ヨー。
1980年代に子役として「インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説」「グーニーズ」などに出演して人気を博し、本作で20年ぶりにハリウッドの劇場公開映画に復帰を果たしたキー・ホイ・クァンが、夫のウェイモンドを演じて話題に。
悪役ディアドラ役は「ハロウィン」シリーズのジェイミー・リー・カーティスが務めた。
第95回アカデミー賞では同年度最多の10部門11ノミネートを果たし、作品、監督、脚本、主演女優、助演男優、助演女優、編集の7部門を受賞した。

***************************
 2022年製作/139分
 G/アメリカ
 原題:Everything Everywhere All at Once
 配給:ギャガ
***************************


【スタッフ・キャスト】

監督 : ダニエル・クワン, ダニエル・シャイナート
製作 : ジョー・ルッソ, アンソニー・ルッソ, マイク・ラロッカ,
  ダニエル・クワン, ダニエル・シャイナート, ジョナサン・ワン
製作総指揮 : ティム・ヘディントン, テレサ・スティール・ペイジ,
  トッド・マクラス, ジョシュ・ラドニック, ミシェル・ヨー
脚本 : ダニエル・クワン, ダニエル・シャイナート
撮影 : ラーキン・サイプル
美術 : ジェイソン・キスバーデイ
衣装 : シャーリー・クラタ
編集 : ポール・ロジャース
音楽 : サン・ラックス
音楽監修 : ローレン・マリー・ミカス ブルース・ギルバート
視覚効果監修 : ザック・ストルツ


 配  役 : 役  名
ミシェル・ヨー : エヴリン・ワン
ステファニー・スー : ジョイ・ワン/ジョブ・トゥパキ
キー・ホイ・クァン : ウェイモンド・ワン
ジェニー・スレイト : ビッグ・ノーズ
ハリー・シャム・Jr. : チャド
ジェームズ・ホン : ゴンゴン
ジェイミー・リー・カーティス : ディアドラ・ボーベアドラ
タリー・メデル : ベッキー・スリガー
アンディ・リー
ブライアン・リー





関連記事

テーマ:アカデミー賞 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック