fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



「野球の神様が居る」かも知れない(笑)
2023年3月22日(水)

「野球の神様が居る」と言う人が居る。

もしかして、それはあるかも知れない。

昼から再放送の朝ドラ『舞いあがれ!』を録画しようと
ビデオのチャンネルを回していた時、
たまたまWBC(World Baseball Classic)を
放送しているチャンネルに遭遇。

それも大谷投手のトラウト選手への『B3・S2』からの最後の1球の場面。

空振り三振でトラウト選手を抑え込んだのだが、
それが決勝戦を制する最後の1球とは知らずに驚いた!

実は私は野球にはあまり関心が無かったのに、この場面。
WBCも全然関心が無く見ていませんでした。

偶然、この場面に誘導したのは「野球の神様」かも知れない(笑)

世界一 優勝おめでとうございます!

*******

Nishinippon_20230322_WBC-01.jpg

WBC、侍ジャパンが米国破り世界一
 MVPは大谷、村上が本塁打

http://www.nishinippon.co.jp/item/o/1070108/
 西日本新聞―2023年3月22日 11:43 (3/22 16:17 更新)

(引用)
 ◆ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)決勝
  日本代表3-2米国代表(米マイアミ21日、ローンデポ・パーク)

 日本代表「侍ジャパン」が、米国代表を撃破し2009年大会以来、3大会ぶりとなる世界一に輝いた。MVPには大谷(米大リーグ・エンゼルス)が選ばれた。

 侍ジャパン先発の今永(DeNA)は、2回1死で今大会絶好調だったターナーに先制ソロを被弾。それでも直後の攻撃で、村上がWBC初アーチとなる同点ソロを放ちすぐに試合を振り出しに戻した。

 同点に追いつくと、打線はさらに続く岡本和(巨人)が右前打、源田(西武)が左前打でつなぎ、中村(ヤクルト)は四球で出て満塁の好機をつくり、先発のケリーを降板に追い込んだ。ヌートバー(米大リーグ・カージナルス)は2番手左腕ループのツーシームに詰まらされて一ゴロとなったが、その間に三走の岡本和が生還。勝ち越しに成功した。4回には岡本和がソロを放ちリードを2点に広げた。

 一発をこそ許したが先発の今永が2回を1失点に抑えると、その後は強力な投手陣による継投で米国打線を封じた。2番手の戸郷(巨人)は2回無失点。3番手以降は高橋宏(中日)、伊藤(日本ハム)、大勢(巨人)がそれぞれ1回を無失点に抑えた。

 2点リードの8回にはダルビッシュ(米大リーグ・パドレス)がマウンドへ。1死からソロ本塁打こそ許したが1回を投げリードを守った。1点リードの9回には「3番DH」で出場していた大谷が登板した。

Nishinippon_20230322_WBC-02.jpg




関連記事

テーマ:WBC - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック