fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



【九州国立博物館『琉球』展】を見てきました!
2022年9月2日(金)

  開催期間が、あと3日に迫った
【九州国立博物館『琉球』展】を見てきました。

全体として派手さはなく落ち着いた雰囲気。

到着した朝10時前は、駐車場も館内も閑散としている状態でした。

Ryukyu_Kyuhaku_20220902-01.jpg

11時30分過ぎになると、それなりの人だかりに。

時代ごとに区分けされた5ブロック程のエリアを周りました。

展示の殆どの部分は琉球王朝(尚氏)時代の文物に関するもので
中国など諸外国に対して朝貢外交を行いながらも独立国として
交易などによって繫栄を続けて来た「琉球国」を紹介するものでした。

特別展『琉球』担当学芸員がご紹介!
 https://youtu.be/sIoxHB3ABkQ (約1分間の映像)



薩摩による侵略と『琉球処分』その後の大日本帝国による収奪支配が
無ければ、沖縄戦に巻き込まれることも無く、米軍による占領もなく
繁栄を続けたであろうと思わされます。

琉球王国の最盛期には、奄美群島から先島諸島の与那国島まで
尖閣諸島を含む広い範囲を支配下に置いていたようです。
その『領海』は現代の感覚で言えば極めて広範囲におよびます。

今でも『沖縄独立』を望む声も少なからず有るようですが、
もしかして貿易立国で充分に国を運営できるかも知れません。

一方で、展示そのものには日本による侵略と米軍による占領支配に
関しては殆ど触れられていません。
ビデオコーナーで、十数秒程度の『沖縄戦』映像が流れるだけでした。

映像の中では、2019年末の火災による消失前の首里城の実写と
NHKが作成したCGによる再現映像が紹介されていました。

もっと知って欲しい!特別展「琉球」
 https://youtu.be/I-eDxQw-Fto (約7分半の映像)



   *******

写真撮影可能エリアは、ほんの一隅だけでした。

Ryukyu_Kyuhaku_20220902-03.jpg
Ryukyu_Kyuhaku_20220902-02.jpg

Ryukyu_Kyuhaku_20220902-04.jpg
Ryukyu_Kyuhaku_20220902-05.jpg

 この黒漆螺鈿の箱はNHKの宣伝映像でも紹介されていました!

Ryukyu_Kyuhaku_20220902-06.jpg
Ryukyu_Kyuhaku_20220902-07.jpg
Ryukyu_Kyuhaku_20220902-08.jpg

Ryukyu_Kyuhaku_20220902-09.jpg
Ryukyu_Kyuhaku_20220902-10.jpg

Ryukyu_Kyuhaku_20220902-11.jpg
Ryukyu_Kyuhaku_20220902-12.jpg
Ryukyu_Kyuhaku_20220902-13.jpg
Ryukyu_Kyuhaku_20220902-14.jpg
Ryukyu_Kyuhaku_20220902-15.jpg

沖縄復帰50年記念特別展
【琉球】

https://www.kyuhaku.jp/exhibition/exhibition_s65.html
 九州国立博物館 7月16日(土)~9月4日(日)

(引用)
令和4年(2022)、沖縄県は復帰50年を迎えます。
かつて琉球王国として独自の歴史と文化を育んだ沖縄は、明治以降の近代化や先の戦争、戦後の困難を乗り越えて、現在もその歴史と文化を未来につなぐ努力を続けています。本展では、アジアにおける琉球王国の成立、および特色について、国宝の尚家宝物をはじめ、沖縄が誇る多様な文化財と復興の歩みからご紹介します。



以下の画像は公式パンフレット切り貼り

Ryukyu_Kyuhaku_20220902-21.jpg
  公式パンフレット表紙

Ryukyu_Kyuhaku_20220902-22.jpg

Ryukyu_Kyuhaku_20220902-23.jpg
 このクレジットにあるように極めて立体感のあるモザイクでした。
 真横から見ると凹凸は殆ど無く、高々数ミリほどしかありません。
 周辺の黒漆螺鈿の建具も素晴らしいものでした。

Ryukyu_Kyuhaku_20220902-24.jpg

Ryukyu_Kyuhaku_20220902-25.jpg

Ryukyu_Kyuhaku_20220902-26.jpg

Ryukyu_Kyuhaku_20220902-27.jpg

Ryukyu_Kyuhaku_20220902-28.jpg
 この鳥観図の細密さはかなりのもので外国船が行き交う港の繁栄から
 街の庶民の商売や生活まで描かれていました。


2022年9月4日まで。
観覧予定の方はお急ぎください。




関連記事

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック