fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



映画【Blue Island】(憂鬱之島)を KBCシネマで見る!
2022年8月4日(木)

  きょうKBCシネマで映画
 【Blue Island】(憂鬱之島)
 (原題:憂鬱之島 Blue Island)を見ました! (9:50 ~ 11:30)

BlueIsland_Poster-01.jpg


 香港での半世紀を超える市民運動を記録および再現映像で
構成したドキュメンタリー映画でした。

 2019年の『雨傘革命』では、連日数十万人の香港市民が
街頭を埋め尽くし、一時は100万人を超す Demonstaration が
行われた香港(HongKong)。

 登場人物は実際に、この運動に参加した若者が中心で
映像も2019年の運動を中心に紹介され登場人物がその時の
想いや状況を語ります。

 映画は、香港が英国に実効支配されていた1950年代
文化大革命の1960年代半ば。
天安門事件の1989年
そして雨傘革命と弾圧される2019年からの数年の
4世代に及んで紹介されます。

 そして、雨傘革命に実際に居参加した若者が役所として
各世代の当時の若者を演じます。
 また、その当時に実際に行動した若者(今は高齢者)も
証言を行っています。

 イギリス統治時代にイギリス政府によって逮捕された活動家は
取り調べで自らの Identity を問われ「私は中国人である」と答え
 雨傘革命で中国政府の手下である香港行政庁に逮捕された活動家は
取り調べで自らの Identity を問われ「私は香港人である」と答える。

 世代によって『愛国心』の依拠する処が異なることを強調していました。

 それぞれの時代に民主活動家は異なる統治者から弾圧されてきたのです。
まさにそれは命懸けの戦いでした。

 なお、この映画には『雨傘運動の女神』と呼ばれた
 周庭(Agnes Chow)さんは出ていません。
20200813_AgnesChow_20220807.jpg
 (2020年8月頃の御自身の投稿から:雨傘の束を背景に)
彼女は過酷な弾圧と監獄生活で厳しい状況になったようです。

 全体として中々、興味深い映画でした。

   *******

  映画【Blue Island】公式サイト

  激動の三時代を生きた
実在の三人の視点が絡み合う
  それぞれが求めた
“香港人”アイデンティティ


 すべては、彼らが世界と向き合おうとした時期に起きた出来事だった。
 ある者は文化大革命が起こるくらいならと、香港に向かって横たわる海峡を泳ぎ渡ることを選んだ。 
 また、ある者は学生の自由の要求を支持し天安門広場へと向かったが、戦車と銃弾によって夢と肉体が削ぎ落とされる光景を目撃することになった。 
 そして、あるものは理想の香港を作るため暴動の渦中に向かっていった…。 
 この若き日の熱狂は、時代の移り変わりとともに深い闇の中に埋もれてしまった。
 しかし、彼らがいかに抵抗したかという記憶は、香港の歴史に残るかけがえのない瞬間の記録と証言であり、市民運動に参加する若者たちへ今でも多くの示唆を与えている。

 それぞれの世代の葛藤から、未曽有の危機に直面している香港の人々は、何を受け止め、どのような答えを導き出すのか。
 そして、私たち自身は…。



映画【Blue Island】予告編映像



  映画.comによる【Blue Island】作品紹介

【解説・ストーリー】

 香港の自由を求める闘いの歴史を描いた、香港・日本合作によるドキュメンタリー。
 一国二制度の理念が蝕まれ、市民の自由が急速に失われつつある香港。
 20世紀後半には文化大革命、六七暴動、天安門事件と、世界に波紋を広げた様々な事件に遭遇してきた。
 天安門事件を経験して自身を脱走兵と戒める林耀強、
 文化大革命を逃れ恋人と共に命懸けで海を渡った陳克治、
 抵抗者から経済人へと変わった石中英ら
異なる時代を生きた実在の3人を中心に、自由を守るために闘った人々の記憶を、
ドキュメンタリーとドラマを融合させながら描き出す。

監督は、香港の雨傘運動を題材にしたドキュメンタリー「乱世備忘 僕らの雨傘運動」のチャン・ジーウン。
北米のドキュメンタリー映画祭「Hot Docs 2022」で最高賞に輝いた。

***************
 2022年製作/97分/
 G/香港・日本合作
 原題:憂鬱之島 Blue Island
 配給:太秦
***************

【スタッフ・キャスト】
監督 : チャン・ジーウン
製作 : ピーター・ヤム, アンドリュー・チョイ, 小林三四郎, 馬奈木厳太郎
撮影 : ヤッルイ・シートォウ
美術 : ロッイー・チョイ
編集 : チャン・ジーウン
音楽 : ジャックラム・ホー ガーション・ウォン

 役   名 : 配   役
チャン・ハックジー (本人)
ラム・イウキョン (本人)
若きチャン・ハックジー : アンソン・シェム
若きチャン・ハックジーの妻 : シウイェン
若きラム・イウキョン : フォン・チョンイン




関連記事

テーマ:ドキュメンタリー映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック