FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



「島津の国宝と篤姫の時代」
2008年8月13日

 7月から、福岡県大宰府の
九州国立博物館 (略称:九国)
2008Apr.jpg

で開催されている

特別展 「島津の国宝と篤姫の時代」 を見に行った。

Top.jpg


 いつもは、自宅前からバスで福岡市内天神まで出て、そこから西鉄電車で行くのだが、大体2時間弱掛かる。
 まず天神に出るだけでも50分位掛かってしまう訳で、そこから西鉄の福岡天神駅まで歩いて10分、西鉄電車で40分ほども掛かるわけだから。

 そこで、今日は自宅から原付バイクで行って見ることにした。
それも改めて地図も確かめずに“勘”を頼りに・・・

 途中、大宰府近くまで行ってから、右にゆくのか左に行くのか迷った所で、一回だけコンビニに入りペットボトル茶を買ったついでに行き方を訊いた。
 コンビにも前を左にずっと行って「関屋」の交差点を左に行くと天満宮の方に出るので・・・という説明は的確で、難なく九国の駐車スペースまで行くことができた。 

map02M.jpg
                     (中ほど右端の青いグラデーションの屋根が九国)

 自宅を出てから1時間以内で到着。 結構便利。 (駐車料金250円也)

 さて、その展覧会の内容は、と言えば・・・
【東京大学史料編纂(へんさん)所が所蔵する20万点の史料から、国宝「島津家文書」をはじめ、篤姫が暮らした大奥の絵図、国宝「南島雑話」など国宝49件を含む100点を展示。】西日本新聞解説

 まず会場に入ってすぐは、秀吉晩年の老害の典型「朝鮮出兵」の陣立ての一覧。
 そして、秀吉が望んだと言う「不老長寿の妙薬」になる? 虎の肉や内蔵や骨を秀吉に贈る為の「虎狩り」のエピソード。

p03m.jpg
  (見やすいように元画像よりちょっとコントラストを上げています。)

 秀吉の朝鮮侵略と言えば、熊本・肥後の「加藤清正・虎退治」の話は有名だが、薩摩もやっていたと言う事は、全ての派遣軍が虎殺しをやっていた可能性がある。

 この贈り物に喜んだ秀吉は、薩摩に感謝状を送り、その中で、もう虎退治はしないように、と説諭したという。自ら言い出しながら、多数の虎が犠牲になっていることを知って、心苦しいところがあったのか?

p04m.jpg

 今日のところは、この辺にて・・・

 「島津の国宝と篤姫の時代」 第1回
         第2回 へ

************************************
ランキングの応援をよろしく ⇒ 
************************************

関連記事

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

御来訪およびコメントありがとうございます。
「秀吉には大迷惑ですね。」のところですが、
本文をもう一度良くお読みいただければわかると思いますが、虎の肉と臓器や骨を所望したのは、自らの寿命に恐怖を覚えた秀吉の方なんです。
で、遠征軍は本意ではない朝鮮軍との戦い(侵略)という正面作戦に加えて、虎狩りまでさせられたという訳です。
しかし、秀吉の御機嫌を損ねると大変なので、功を競って虎殺しをやり、献上したんだと思います。
一匹や二匹なら、「以下、一切無用」てなことにはならなかったでしょうから、相当多数の虎が各藩(遠征軍)から献上されたんだと思います。
希少種の絶滅の危機の立役者が秀吉かもしれません。
hitomiさんが、秀吉贔屓ならごめんなさい。

【2008/08/28 09:28】 URL | 管理人 #96q68/9Y [ 編集]


画像が美しくて篤姫が一段と楽しめそうです。

大河ドラマ、久しぶりに観ています。

虎狩のこんな立派な絵があるのですか。秀吉には大迷惑ですね。

【2008/08/27 21:11】 URL | hitomi #l9joRyaI [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック