fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



劇団四季新作オリジナルミュージカル【バケモノの子】開幕
2022年4月30日(土)

 劇団四季が細田守監督の劇場用大作アニメ【バケモノの子】を
ミュージカル作品に仕上げたオリジナルミュージカルの公演が
JR東日本四季劇場[秋](東京・竹芝)にて開幕しました。

 日刊スポーツが主役の熊徹役・伊藤潤一郎さんにインタビュー。

 以下、紹介します。(記事になっている部分は短いですが;笑)

劇団四季新作「バケモノの子」開幕へ
 熊徹役・伊藤潤一郎語る「原作映画が持つ壮大なスケールを」

 日刊スポーツ[2022年4月28日15時26分]

Shiki_BakemononoKo_20220428-01.jpg

(引用)
劇団四季の新作オリジナルミュージカル「バケモノの子」(4月30日~、東京四季劇場 秋)の最終通し舞台稽古が28日、東京四季劇場秋で行われ、熊徹を演じる伊藤潤一郎が、やりがいを示した。

「細田守監督作品が大好きな私にとって、このミュージカルへ出演できることは大きな喜びです。心躍る音楽や迫力のアクション、鮮やかなバケモノの世界。原作映画が持つ壮大なスケールをそのままに、生の舞台ならではの熱量を肌で感じていただけるような作品になりました」とコメントした。

同作は、バケモノたちの住む異世界と東京・渋谷が舞台。無類の強さを誇るバケモノの熊徹と、親子のような絆で結ばれる人間の少年を描いた物語。

原作は、15年に公開された細田守監督の同名アニメ映画で、スタジオ地図作品のミュージカル化は同作が初めて。国産ミュージカルとして最大級の長期公演に挑む。


   *******

【劇団四季公式サイトより】


最新オリジナルミュージカル『バケモノの子』、ついに開幕!
 劇団四季ニュース - 2022年4月30日(土)

(引用)
本日30日(土)、JR東日本四季劇場[秋](東京・竹芝)にて、最新オリジナルミュージカル『バケモノの子』が開幕しました。

2015年公開の細田守監督によるアニメーション映画「バケモノの子」を原作に、劇団四季史上、最大規模で創作する新作オリジナルミュージカル。細田監督作品のミュージカル化は本作が初となります。

Shiki_BakemononoKo_20220430-06.jpg

Shiki_BakemononoKo_20220430-08.jpg

Shiki_BakemononoKo_20220430-11.jpg

迎えた初日公演。次々と来場されたお客様が、色鮮やかな公演グッズを取りそろえた売店や、キャストボードの前で足を止めます。
客席に踏み入れると、舞台上には物語を象徴する光景が――。(※1)

華やかなオーバーチュアとともに開幕すると、舞台は一気にバケモノたちの異世界・渋天街へ。
バケモノ界の長・宗師の継承争いを軸に、最強のバケモノ・熊徹と、彼に弟子入りすることになる人間の少年・蓮(九太)の、血のつながりを越えた絆と成長の物語が、壮大な音楽、心躍るダンスを伴い、熱く展開します。
自分は何者なのかという問いに悩みながらも、熊徹やまわりの人々に支えられ、力強く成長する蓮。やがて迎えた、希望に溢れるフィナーレ――。
カーテンコールでは客席一体となった大きな手拍子が起こり、出演者たちは客席からの熱い反響に笑顔で応え続けました。
Shiki_BakemononoKo_20220430-12.jpg

Shiki_BakemononoKo_20220430-01.jpg

Shiki_BakemononoKo_20220430-14.jpg

Shiki_BakemononoKo_20220430-13.jpg


また、初日公演には細田守監督がご来場。観劇後には熱い感想をお寄せくださいました。

細田守監督コメント

お客様と一緒に、劇団四季の皆さんの素晴らしい舞台を拝見し、感激しています。
小さな九太が出てきた瞬間、「本物だ!」と思うくらい、その存在感に驚きました。俳優さんをはじめ、舞台美術、衣裳などの美しさ。劇団四季がこれまでに培われた技術やアイディアが集約された舞台なのだなと。
皆さんの熱意、パワー、イマジネーションによって、映画の世界が驚くほど忠実に、さらに上回るほどエモーショナルに描き出されていることに感動しました。
ぜひ多くの方に『バケモノの子』を観ていただけたらと願っています。



『バケモノの子』東京公演は、9月30日(金)までの公演チケットを発売中。
人間とバケモノの親子が絆を育み、「自分は何者か」という問いに対峙しながら共に成長していく希望の物語。かつてないスケールでお届けする新作オリジナルミュージカルを、ぜひ劇場でご体感ください。

【今週のキャスト】

熊徹 : 伊藤 潤一郎
蓮/九太(青年) : 大鹿 礼生
猪王山 : 芝 清道
一郎彦(青年) : 笠松 哲朗
多々良 : 韓 盛治
百秋坊 : 味方 隆司
二郎丸(青年) : 奥村 響
宗師 : 増山 美保
楓 : 柴本 優澄美
蓮の母 : 清水 智紗子

【男性アンサンブル】
小出 敏英,中村 伝,狩野 勇人
宮野 薫,丹下 博喜,内田 圭
押田 柊,遠藤 竜也,新庄 真一

【女性アンサンブル】
濵 絢音,稲葉 愛夢,さかい このみ,一来 多恵
大石 眞由,山梨 史奈,能智 慈子,多田 毬奈


蓮/九太(少年) 平岡 幹基 (30日),土田 彪人 (1日)
一郎彦(少年) 伊藤 駿太 (30日),大橋 冬惟 (1日)
二郎丸(少年) 世戸 凜來 (30日),井上 翔太 (1日)





関連記事

テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック