fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



映画【ロックフィールド 伝説の音楽スタジオ】をKBCシネマで見る !
2022年2月18日(金)

 先日、2月15日KBCシネマで記録映画
 【ロックフィールド 伝説の音楽スタジオ】
  を見ました!

Rockfield_Poster-01.jpg
      (画像は、映画.comによりコピペ;以下同様)

 ロック音楽好きには、たまらない映画だと思います。

 このスタジオで録音したアーティストは、その後メジャーな存在となり
世界に羽ばたいた人々ばかり。
 そして彼らの楽曲が断片的ではありますが、映画の中で数十曲流れます。

 あいにく、私はロックなどの音楽は詳しくないのですが、その私でも
知っている楽曲やアーティストが多数話題になっていました。
 中には出演されているかたも・・・

 この『ロックフィールド音楽スタジオ』は、大きな音楽産業が作った
スタジオではなく、謂わば田舎の自らバンドを結成している愛好家が
自作を録音して世に送り出して、できれば有名になりたいとの想いで
農家の倉庫を自費を持ち寄って改造して作ったスタジオです。

Rockfield-03.jpg

彼らはメジャーデビューは不可能と自覚して、貸しスタジオとして活用
しようとしたことが、スタジオがメジャーになるきっかけ。

Rockfield-02.jpg


 静かで田舎のくつろぎも感じられる宿泊施設付きのスタジオの噂が
口コミで拡がり、多くのアーティストが録音に来るようになります。

 その収益でスタジオの設備は次第に充実して大手にも敗けない存在に。

Rockfield-07.jpg


 そういう経過と、その時々の楽曲が紹介されるドキュメンタリー的
音楽映画でした。

 エンドクレジットでは、1970年代から2000年代にかけて
このスタジオで収録された主な楽曲のリストが表示されます。


     映画『ロックフィールド 伝説の音楽スタジオ』予告編


    オアシス全盛期は1日1曲の爆速レコーディングだった
    映画『ロックフィールド 伝説の音楽スタジオ』本編映像 


  映画『ロックフィールド 伝説の音楽スタジオ』公式サイト

(公式サイトから紹介文引用)
70年代から2000年代にかけて、ブリティッシュ・ロックの名曲たちを次々と生みだした伝説の音楽スタジオ、ロックフィールドの歴史を辿るドキュメンタリー。

ブラック・サバス、クイーン、エコー&ザ・バニー・メン、イギー・ポップ、デヴィッド・ボウイ、ジューダス・プリースト、ロバート・プラント、シンプル・マインズ、モーターヘッド、ダムド、アズテック・カメラ、ピクシーズ、ブー・ラドリーズ、ザ・シャーラタンズ、コールドプレイ、マニック・ストリート・プリーチャーズ、ストーン・ローゼズ、ティーンエイジ・ファンクラブ、ザ・キュアー、XTC、バッドリー・ドローン・ボーイ、スエード、カサビアン、ニュー・オーダー、オーシャン・カラー・シーン、ポール・ウェラー、ジョー・ストラマー、アイドルズ、オアシスら、名前を挙げると切りが無いほどの多くの人気ミュージシャンが利用。オアシスの「ワンダーウォール」、コールドプレイの「イエロー」といった数えきれないほどの名曲たちがここで誕生した。1997年の最盛期にはイギリス国内ベスト10のうち7つのアルバムがロックフィールドで録音されたという逸話も持つ。中でも、クイーンの名曲「ボヘミアン・ラプソディ」をレコーディングしたのはこの地であり、映画『ボヘミアン・ラプソディ』(18)でもその様子が描かれたことで広く知られている。
本作は、ロックスターたちが多数登場し、ここでどのように過ごしたか、それがどのような経験となったか、自らロックフィールドでの逸話を楽曲とともに振り返る。これは農場を史上最も成功した音楽スタジオに変えた兄弟の物語であり、名曲誕生の秘話と共に紐解く、英国ロック史そのものである。



  映画.comによる作品紹介

(引用)
 1970年代から2000年代にかけてブリティッシュロックの名曲を多数生み出した伝説の音楽スタジオ、ロックフィールドの歴史をたどったドキュメンタリー。
 1960年代のイギリス。ウェールズの片田舎で家業の酪農場を継いだ音楽好きの兄弟キングズリーとチャールズは、農作業の傍ら、屋根裏に録音機材を持ち込んでレコーディングスタジオをつくる。
 当初は友人たちと使用する目的だったが、空き部屋を宿泊施設に改修したことで、兄弟は意図せずに世界初となる宿泊可能な滞在型音楽スタジオ、ロックフィールドを設立した。
 その情報は瞬く間に拡散して国際的な注目を集め、多くの有名ミュージシャンが利用。
 クイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」、オアシスの「ワンダーウォール」など、数え切れないほどの名曲がこのスタジオで誕生した。
映画にはオジー・オズボーン、レッド・ツェッペリンのロバート・プラント、オアシスのリアム・ギャラガー、コールドプレイのクリス・マーティンらが登場し、同スタジオでのエピソードを楽曲と共に振り返る。

**************************
 2020年製作/96分/G/イギリス
 原 題:Rockfield: The Studio on the Farm
 配 給:アンプラグド
**************************

【スタッフ】

監 督 : ハンナ・ベリーマン
撮 影 : パトリック・スミス
編 集 : ルパート・ハウスマン
音 楽 : アレクサンダー・パーソンズ

【登場人物・アーティスト】

キングズリー・ウォード
チャールズ・ウォード
オジー・オズボーン
ロバート・プラント
リアム・ギャラガー
クリス・マーティン
ティム・バージェス
ジム・カー





関連記事

テーマ:ヨーロッパ映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック