fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



Nスペ【MEGAQUAKE―4】 2010年3月14日放送で巨大津波を警告!
2022年2月15日

今日も、北京オリンピック放送ばかりなので、
録画していた古いビデオを見ていた。

阪神淡路大震災15周年関連番組の
【MEGAQUAKE】シリーズの4回目 で
2010年3月14日に放送された分。

先日の地震に関する最新ニュースで紹介された
南海トラフエリアを襲う津波危機を警告しています。

当に、東日本大震災の一年前に放送されたもの。
このときに原発に津波対処をしておけば
これほどの災害にはならなかった。

非常電源装置の高台への移転だけでも
しておけば炉心溶融は起こらなかった!

地震学者の無念は計り知れなかったことだろう。

   *****


"発表寸前だった「南海トラフ地震臨時情報」とは
 1月の九州で最大震度5強の地震" を

 https://youtu.be/GhKSl5bYTJE
 SBS ニュース-2022年2月10日


(引用)
こちらは1月、宮崎県日向灘を震源とし九州で最大震度5強を観測した地震の映像です。
専門家の検討会は、今週この地震について南海トラフ巨大地震に直接影響はしないとの見解を示しました。
しかし、あと少し規模が大きければ静岡にも関係する「南海トラフ地震臨時情報」が発表されていました。

 <カメラマン>
「駐車場には地震のものと思われる亀裂が入っています」
 数十メートルにわたって駐車場に入った亀裂。寺の石像は足元から折れて崩れ落ちました。1月22日の未明、大分県と宮崎県で最大震度5強を観測した地震。震源は日向灘で深さは45キロ、地震の規模を示すマグニチュードは6.6でした。静岡県内では磐田市で震度1を観測しましたが、この地震の規模がもう少し大きければ揺れの大きさ以上に静岡にも様々な影響を及ぼした可能性があります。南海トラフ巨大地震とのかかわりです。

 <気象庁地震津波監視課 束田進也課長>
「(Q.震源が同じ場所でM6.8以上だったら臨時情報発表に至るような地震だった?)
 はい、そうです。それ以上ですと評価検討会が開かれる」

 地震が起きた日向灘は静岡まで広がる南海トラフ巨大地震の想定震源域の西の端です。
20220210_SBS_Earthquake_Tsunami-01.jpg

今回のマグニチュードは「6.6」でしたが、もし「6.8以上」だったら気象庁は「南海トラフ地震臨時情報調査中」という情報を出して専門家による検討会を開くことにしています。
 そして調査の結果、さらなる巨大地震に注意・警戒すべき時には「巨大地震注意」または「巨大地震警戒」とキーワードをつけた「臨時情報」が出されます。

 津波や土砂災害などから逃げるのに困難な場所に住む人や高齢者などには1週間程度、安全な場所への「事前避難」が求められます。

 <静岡大学防災総合センター 岩田孝仁特任教授>
「数分で津波が来てしまって間に合わない所だけは1週間から2週間程度、警戒をしておこうということが臨時情報の大きな主旨になるので、そういった意味では、多くの地域は日ごろの備えをきちんとしておけば、それほど大騒ぎする話ではないはずなんですね」
 「臨時情報」が発表されても自宅や会社などが安全な場所にあれば普段の生活が続けられると静岡大学の岩田特任教授はいいます。ただ、問題なのは「臨時情報」の認知度の低さです。

 <静岡大学防災総合センター 岩田孝仁特任教授>
「混乱は多分起きるんじゃないかなと思います。そういった状況になった時に緊急避難をするかというと、そういうレベルではなくて、自宅の中の家具だとか固定もされていると思う。備蓄食料、飲料水も備蓄されていると思う。そういったものをもう一度きちんと点検して少し余裕を持たせておくとか、こういう機会に、ぜひ皆さんで話題にして話し合って改善していただければと思う」





関連記事

テーマ:ドキュメンタリー - ジャンル:テレビ・ラジオ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック