観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2016】 に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



現在日本時間



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



FC2ブログランキング



最近の記事



FC2カウンター



ブログ内検索



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



カテゴリー



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



最近のコメント



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



最近のトラックバック



リンク



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



芥川龍之介の遺書4通 公開
 朝日新聞などによると、昭和の始まりとともに自殺した
         芥川龍之介

Akutagawa_Ryunosuke_photo.jpg

の遺書が4通見つかり、複製が公開されると言う。(写真はWikipediaより)

 作家らしく、遺書も二百字詰め原稿用紙に黒インクで書いてあるという。

記事によると、遺書なのに何度も推敲した経過が見えるという。
何事にも緻密に取組む人だったんだ。

      TKY200807180123.jpg
  (あらたに発見された芥川龍之介が子どもたちにあてた遺書
   =18日午前10時30分、東京都目黒区駒場の日本近代文学館、
      筋野健太撮影       asahi.com より拝借)

「人生は死に至る戦ひ」芥川龍之介の幻の遺書4通発見(朝日新聞) - goo ニュース  

 「人生は死に至る戦ひ」芥川龍之介の幻の遺書4通発見
              朝日新聞  2008年7月18日12時15分

 35歳で自殺した作家芥川龍之介の遺書4通の現物が、東京都目黒区の遺族宅から見つかった。芥川の遺書の内容は6通分が全集に収録されているが、一部を除いて焼却処分されたと思われていた。同区の日本近代文学館に寄贈され、19日から複製が一般公開される。

 芥川の遺書6通のうち、友人の小穴隆一あてと妻文子あての断片が同文学館に保管されていた。今回新たに現物が見つかったのは、妻あての2通と「わが子等(ら)に」と題された子供たちにあてた1通、友人の菊池寛にあてたと思われる1通。

 愛用していた松屋製の200字詰めの原稿用紙に、黒色のインクでしたためられている。芥川らしい細い字体で、「人生は死に至る戦ひなることを忘るべからず」(子供たちあて)など、一字一字楷書(かいしょ)で丁寧に書かれている。推敲(すいこう)の跡も見える。

 妻にあてた遺書の中に「この遺書は直ちに焼棄せよ」と遺言されていたことから、処分されたと思われていた。この春、孫の耿子(てるこ)さんが自宅を整理していて発見した。

 芥川は、作家としての絶頂期にあった1927年7月、「将来に対する唯(ただ)ぼんやりした不安」との言葉を残し、東京・田端の自宅で服毒自殺した。  



竜之介の遺書4通発見 焼却免れ、遺族が寄贈(共同通信) - goo ニュース
PN2008071801000320.jpg
  (この写真は共同通信Web版より拝借)

芥川龍之介自筆の遺書4通(産経新聞) - goo ニュース
関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック