fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



ユーゲントシュティール
ウィーンふたたび-第25回 
*************************************
1月12日 7:10朝食

御同行3名は早めにホテルを出て、街と空港で買い物とのこと。

私は、見残したWienの風景を見るため、別行動

8:30  ホテルからナッシュマルクト市場方面と思われる方向へ検討をつけて歩く。
夜、雨がふったようで、早朝の雨上がりの路面と空気が気持ちよかった。
しばらく行くとシューベルトの家があったが、早朝ゆえオープンしていない。
SchubertMemorial


外から写真を撮るに留まる。
SchubertMemorial02


もう少し行くと少し広い通りに地域案内の看板があったので見てみると検討をつけていた方角で合っていた。

そのまましばらく行くとナッシュマルクト市場の大通りに出た。
目指すマヨリーカハウスは目の前にあった。
MajorikaHaus01
 壁の「花模様」の装飾が美しくて、観光名所となっているとのこと。これもユーゲントシュテール芸術運動の中心人物の一人であるオットー・ワグナーの設計だという。

そこで何枚か写真を撮る。
MajorikaHaus02
 こちらは、金色の「唐草模様?」

見慣れた市場通りを Theater an der Wien 方面に歩く。
NaschMarkt


Theater an der Wien は、Mozart2006に当たり、ミュージカルも上演する劇場からオペラ専門劇場に改装されたというが、外側からは全くわからない。
TheateranderWien


以前ベートーヴェンの部屋が表通りから見えていたような気がするのだが、見えなかった。移設されたのか? そう言えばエントランスの雰囲気がちょっと変わったか?
Theater an der Wien 前面の舗道には、Mozartなど作曲家達のタイルが埋め込まれている。そのなかから
     Mozart
MozartTile


           Schikaneder
       SchikanederTile


                  Beethovenn
              BeethovenTile
 のタイルを写真に撮った。

画家クリムトなどの拠点であった「Secession」の横を通り、
Sesecion

Karlsplatz広場へ出る。
このカールスプラーツ地下鉄駅上屋もオットー・ワグナーの設計。
KarlsPlatz

ブラームス像を捜すと、公園の端のほうにあるのが見つかった。
Brahmus


そこから、目の前のKarl教会に向かう。
   
*************************************
ランキングの応援をよろしく ⇒ 
*************************************


*************************************
ウィーンふたたび-第25回   
このシリーズを最初から読む    第24回へ    第26回へ

関連記事

テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック