fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



K-Ballet Company 【カルミナ・ブラーナ】シネマ・ビューを見る !
2021年5月30日(日)

 昨日・5月29日(土) 15:30 上映の K-Ballet Company
【カルミナ・ブラーナ】シネマ上映版:Karl Orff 作曲
   を トリアス久山ユナイテッドシネマで見ました !

CARMINA BURANA_K-Ballet_20210528

 土曜の午後と云うのに、観客は私一人で相変わらずの貸し切り状態。
 料金は通常料金の2倍(シニア料金の約3倍)の3500円。
 私は、コロナ感染防止で公演ができないでいるバレエ団への
 カンパのつもりで、観賞しました。

   ********

 冒頭の約20分間は、この作品に掛ける熊川哲也さんの想いと
振り付けや稽古風景などのメイキング映像。 興味深い。
 熊川哲也さんの想いとしては、コロナウイルス感染防止対策で
長期に亘って公演できなかったことと、その厳しい状況を、
この作品の演出に活かしたことを語られています。

 バレエ公演部分(【カルミナ・ブラーナ】本編)は、約1時間。

熊川哲也さんの想い (1分間)


 カール・オルフの現代楽曲ではあるが振り付けはクラシック・バレエ的
熊川哲也さんがその振り付けの意図や想いを語ってました。

“Humanity against COVID19” 「人類がコロナウイルスに対峙する」

 配役の中に『アドルフ』(関野海斗)と云う役柄が有って、全編に登場
するのですが、彼はヒットラーとコロナウイルスを象徴する存在。
 ヒットラーのプロパガンダに人々が洗脳される様子と、コロナウイルスに
感染してゆく様子を比喩的にとらえた演出でした。

 熊川哲也さんも冒頭と終幕に特別出演していて、冒頭ではアドルフに
取りつかれる様子を、終幕にはコロナウイルスに打ち勝つ様子を
描いているように捉えました(感じ方は見た人ごとに違います)。

 男声と女声のソロ歌唱は、有名な歌手ではないが上手かった。
 《今井実希(ソプラノ),藤木大地(カウンターテナー),与那城敬(バリトン)》

バレエシーン・ダイジェスト (3分間)

再演不可能といわれた衝撃大作、前代未聞の映像作品として復活!
総出演者250名超 特別参加 熊川哲也 完全無観客4K特別収録
公演映像の概念を超える芸術体験がここに―
熊川哲也 『カルミナ・ブラーナ』 2021 特別収録版



 6月10日(木)まで、期間限定上映中とのこと(お見逃しなく)!

   *******

  【熊川哲也 『カルミナ・ブラーナ』 2021 特別収録版】公式サイト

  公式サイトの作品紹介から
 

【熊川哲也 『カルミナ・ブラーナ』
  2021 特別収録版】

    K-Ballet Company - 2021年5月28日


劇場完全版 「熊川哲也 カルミナ・ブラーナ 2021」
5月28日(金)劇場公開決定!

全国36都道府県 TOHOシネマズ&ユナイテッド・シネマ系ほか68館で公開

<熊川哲也芸術監督コメント>

2020年、すべての前提(環境)が変わってしまった中で、何か世の中に届けることができないか?
――そんな思いが、この衝撃的な作品に新たな解釈を加え、映像作品として生まれ変わらせるという創作意欲につながりました。

 リアルな舞台での感動は、何ものにも代えがたい心の栄養であり、それに勝るものはないと信じて、僕は舞台芸術の世界で生きています。しかしながらこの映像作品は、ライブには勝てずとも、“負けない”ものになりました。

 映像で描くバレエ作品としては、“完璧に近い領域”に至ったと自負しております。映画館の大スクリーンで観たいという多くの声も聞き、実現いただけたことを心よりうれしく思っています。皆様に少しでも勇気を与えることになれば幸いです。

【タイトル】
劇場完全版「熊川哲也 カルミナ・ブラーナ 2021」

【演出・振付・台本】
熊川哲也

【音楽】
カール・オルフ

【舞台美術・衣裳デザイン】
ジャン=マルク・ピュイッソン

【出演】
アドルフ:関野海斗
太陽:髙橋裕哉
ヴィーナス:小林美奈
ダビデ:堀内將平
サタン:遅沢佑介
白鳥:成田紗弥
神父:石橋奨也 ほかK-BALLET COMPANY

特別参加:熊川哲也

【指揮】
井田勝大

【ソリスト歌手】
今井実希(ソプラノ)
藤木大地(カウンターテナー)
与那城敬(バリトン)

【合唱】
新国立劇場合唱団

【児童合唱】
NHK東京児童合唱団

【管弦楽】
シアター オーケストラ トーキョー

【公開期間・価格】
2021年5月28日(金)~6月10日(木)期間限定上映
3,500円(税込み)

 

関連記事

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック