fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



【半藤一利の遺言】NHK-ETV特集 素晴らしい番組でした!
2021年1月31日(日)

NHK-ETVのスタッフが渾身の執念を込めて制作したと思われる
『歴史探偵』を自称されていた半藤一利さん(1月12日死去)
の追悼番組

「一所懸命に漕(こ)いできた〜“歴史探偵”半藤一利の遺言〜」

素晴らしい番組でした!
特に日本国憲法が「占領軍の押し付け」と言う
右派の言い分に事実を持って反論する処は
静かな話しぶりながら圧巻でした!

   *******


「一所懸命に漕(こ)いできた〜“歴史探偵”半藤一利の遺言〜」
 NHK-ETV特集 2021年1月30日 23:00

20210130_NHK-ETV_Handoh.jpg

歴史にこそ現代を生きるヒントがあり、未来につながる道がある。
昭和の軍人や官僚一人一人に取材して「日本のいちばん長い日」「昭和史」がベストセラーとなった半藤一利さん。
いつもニコニコと軽妙な語り口で、歴史を照らす語り部として愛された。
自らの原点である東京大空襲の体験や司馬遼太郎との秘話を語る秘蔵映像、晩年まで共に活動した“歴史探偵団”メンバーのインタビューなどから、半藤さんが残したメッセージに迫る。



【関連記事】

<訃報> 半藤一利さん 享年90歳
 観劇レビュー&旅行記-2021年1月13日(水)


半藤一利さん死去 作家「日本のいちばん長い日」
 東京新聞-2021年1月13日 09時40分

 一九三〇年、今の東京都墨田区に生まれた。旧制中学生だった四五年三月、東京の下町を襲った東京大空襲に遭い、逃げ惑った経験を持つ。その後、茨城県や父の郷里、新潟県長岡市に疎開した。
 五三年に東京大学文学部卒業後、文芸春秋に入社。「連合艦隊の最後」などで知られるジャーナリスト伊藤正徳の担当となり、戦争関係者を取材して証言を集めた。終戦前夜、昭和天皇の玉音放送を収めた玉音盤を巡る戦争継続派の抵抗を描いた「日本のいちばん長い日 運命の八月十五日」は六五年に単行本化され、その後二度にわたり映画化された。
 「週刊文春」「文芸春秋」編集長を務め、ロッキード事件報道の指揮を執った。出版局長を経て専務取締役を最後に同社を退社した後は本格的な作家活動に。歴史探偵を自任し、「昭和史」「幕末史」「山本五十六」「日露戦争史」など歴史や歴史上の人物を取り上げた著書多数。ノンフィクション作家の保阪正康さんとの対談本も多い。近年は護憲や平和を訴える論陣で知られた。



松竹・午前10時の映画祭で【日本のいちばん長い日】を見る!
 観劇レビュー&旅行記-2019年7月5日(金)



昭和史研究者:半藤一利氏・保阪正康氏が安倍政権の危険性に警鐘!
 JUNSKY blog - 2018年12月4日(火)




関連記事

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック