fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



劇団四季の新たな拠点・四季劇場[秋]が『オペラ座の怪人』で杮落し!
2020年10月25日(日)

 昨日・10月24日、劇団四季の新たな拠点・
 JR東日本四季劇場[秋]が開場しました。


 杮落しは、これまで各地で四季劇場が開設される度に公演された
定番プログラムである『オペラ座の怪人』

 販売される座席は、まだ1席ずつ空ける『市松模様配置』と思われます。
11月からは前方席数列を除いた全席配置での販売になるようです。

 杮落し公演の模様が、劇団四季公式サイトのニュースや
エンタメ系ニュースサイトで紹介されていますので引用します。

劇団四季の新たな拠点・JR東日本四季劇場[秋]が開場
――『オペラ座の怪人』東京公演が開幕しました!

 劇団四季ニュース-2020年10月24日 (土)

(引用)
本日24日(土)、東京・竹芝にJR東日本四季劇場[秋]が開場、こけら落としとなるミュージカル『オペラ座の怪人』東京公演が開幕しました。

 吉田智誉樹社長を中心に新劇場『秋』開場セレモニー
20201024_ShikiAutumnOpening-01.jpg

新劇場の前身は、JR東日本アートセンター四季劇場[春][秋]。1998年から2017年まで、劇団四季の念願であった首都圏初の常設劇場として、19年にわたりたくさんのお客様に演劇の感動をお届けしてきました。
その伝統と歴史を受け継ぎ、このたび誕生したJR東日本四季劇場[春][秋]。
当初、[秋]劇場は7月、[春]劇場は9月のオープンを予定していましたが、新型コロナウイルス感染症の影響により延期に。
本日、『オペラ座の怪人』の開幕とともに、ついに開場の日を迎えました。

20201024_ShikiAutumnOpening-03.jpg

『オペラ座の怪人』は、1988年日本初演。30年以上にわたり多くの人々を魅了してきました。四季が新しい挑戦をおこなう際に上演してきた演目でもあり、数多くの四季専用劇場のオープニングを飾っています。東京公演は前回2013年以来、約7年ぶりとなります。

当日は、新劇場が位置する「WATERS takeshiba」のグランドオープンを祝したまちびらきイベントも行われ、[秋]劇場は華々しくオープン。
この日を待ちわびてくださったお客様が次々と来場し、劇場ロビーは喜びと期待でいっぱいに。
開演すると、ナンバーごとに熱い拍手が起こり、カーテンコールでは鳴りやまない拍手に出演者は何度も応えました。

20201024_ShikiAutumnOpening-04.jpg
 カーテンコール:観客はスタンディングで出演者やスタッフを激励!

『オペラ座の怪人』東京公演のチケットは、現在11月公演分までを発売中。
12月公演分は、11月3日(火・祝)に「四季の会」会員先行予約を開始します(一般発売は8日(日)より)。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

『オペラ座の怪人』東京公演 12月公演分チケット発売について
発売対象期間
12月1日(火)~31日(木)
発売日程
11月3日(火・祝)「四季の会」会員先行予約開始
11月8日(日)一般発売開始




四季劇場[秋]本日オープン、こけら落とし公演は「オペラ座の怪人」
 ステージナタリー:2020年10月24日 (土) 19:04

(引用)
劇団四季の新劇場・JR東日本四季劇場[秋]が本日10月24日にオープン。そのこけら落とし公演となるミュージカル「オペラ座の怪人」が同日に開幕した。

20201024_ShikiAutumnOpening-02.jpg

東京・JR東日本四季劇場[春]に隣接する同劇場は、複合施設・WATERS takeshiba(ウォーターズ竹芝)の一角に誕生した新劇場。JR東日本四季劇場[秋]は7月に開場予定だったが、新型コロナウイルスの影響によって延期に。これに伴い、本日開幕した「オペラ座の怪人」が同劇場のこけら落とし公演となった。また本日の初日公演前には、劇場前でテープカットセレモニーが行われた。

新劇場のオープンに際して、四季株式会社の吉田智誉樹代表取締役社長は「これからも私たちは、この劇場を拠点に、舞台を通してお客様に『生きる喜び』をお届けして参ります。ご支援賜りますよう宜しくお願いいたします」とコメント。オペラ座の怪人役を務める佐野正幸は「新劇場の記念すべきこけら落とし公演に携わることができ大変光栄です。ここからまた劇団四季の新たな歴史が始まることとなり、身が引き締まる思いがいたします」と思いを明かした。

20201024_ShikiAutumnOpening-06.jpg

【吉田智誉樹コメント】
本日「オペラ座の怪人」の初日、そしてJR東日本四季劇場開場の日をようやく迎えることができました。本劇場の開場をお待ちいただいた皆様に、心よりお礼を申し上げます。

「オペラ座の怪人」は、四季が新しい挑戦を行う際に上演してきた演目です。1990年代に建設した各地の四季専用劇場のほぼすべてで、本作がオープニングを飾りました。全国で多くのお客様に愛された作品が、奇しくも今回もこけら落としを担うことになりました。これからも私たちは、この劇場を拠点に、舞台を通してお客様に「生きる喜び」をお届けして参ります。ご支援賜りますよう宜しくお願いいたします。

【佐野正幸コメント】
新劇場の記念すべきこけら落とし公演に携わることができ大変光栄です。ここからまた劇団四季の新たな歴史が始まることとなり、身が引き締まる思いがいたします。

「オペラ座の怪人」は30年以上にわたって四季で大切にされてきた作品の一つです。今回の上演にあたり、再び真摯に役と向き合い、怪人の心の機微を丁寧に演じていきたいと思います。19世紀のオペラ座で繰り広げられる美しく悲しい愛のドラマを通して、お客様の心に作品の感動をお届けできましたら幸いです。




東京・竹芝の「劇団四季」新劇場開場
 こけら落とし公演は「オペラ座の怪人」 拍手鳴りやまず

 スポーツ報知・瀬戸 花音 -2020年10月24日 (土) 17:07配信

(引用)
 東京・竹芝の複合施設「WATERS takeshiba(ウォーターズ竹芝)」に劇団四季の新劇場「JR東日本四季劇場 〔秋〕」が誕生し、24日、こけら落とし公演が行われた。東京公演としては約7年ぶりとなる、ミュージカル「オペラ座の怪人」が上演された。

 「お待たせいたしました。ただいまより、JR東日本四季劇場〔秋〕開場いたします」。劇場スタッフの声が響き、紅白のテープが切られた。

 1998年に劇団四季の首都圏初の常設劇場として誕生し、2017年に閉館した〔秋〕が竹芝の地に戻ってきた。

 同劇場は当初、7月に開場予定だったが、新型コロナの影響で延期。約3か月遅れでの開場となった。開場記念イベントに登壇した劇団四季の吉田智誉樹社長は「今、世の中はコロナ禍で大変です。劇場は密な空間だというイメージもございますが、我々は感染防止策に最善の努力をいたしまして、皆さまをお迎えしたいと思います。どうか劇場に足をお運びいただけますようよろしくお願いいたします」と呼びかけた。

 劇場を訪れた9歳の女の子は4月の誕生日にチケットをとってから待ちに待っての観劇だった。「最初はボリュームがすごくて、ちょっとこわかったけど…」。初めての劇団四季に圧倒された様子だったが、楽しかった?と聞くと、しっかりうなずいた。

 50代の女性ふたり組は「すばらしいのひとことです」。「久しぶりに本物を見た気がします。ここに来るまでの大変さを思うと、喜びもひとしおです」と感激した様子だった。

 カーテンコールでは、観客がスタンディングオベーション。拍手が鳴りやまなかった。
 (瀬戸 花音)



劇団四季の新劇場が24日開場
 吉田社長「演劇は生きるか死ぬか2択に立たされている」

 スポーツ報知 - 2020年10月23日 23時55分

(引用)
 劇団四季の新劇場「JR東日本四季劇場 〔秋〕」が東京・竹芝の「WATERS takeshiba(ウォーターズ竹芝)」に開場するのに先立ち23日、開場記念式典と「オペラ座の怪人」のプレビュー公演が行われた。同劇場は24日に開場、初日を迎える。

20201024_ShikiAutumnOpening-06.jpg

 新たに訪れた〔秋〕のなかで、怪人の歌声がシャンデリアに響く。1998年に劇団四季の首都圏初の常設劇場として誕生し、2017年に閉館した〔秋〕が竹芝の地に戻ってくる。「オペラ座の怪人」の劇中、重要な役割を果たすシャンデリアは、30年超にわたる日本公演史上初めて、新調された。同劇場は当初、7月に開場予定だったが、新型コロナの影響で延期していた。

 開場記念式典に登壇した劇団四季の吉田智誉樹社長は「ようやくこの日を迎えることができました」と感慨の様子。

 海外スタッフが来日しての稽古がかなわず、リモートでの稽古を余儀なくされたことに触れ、「アメリカとイギリスと日本の演劇人が演劇の力を信じて、国境を越えてコロナと闘って、負けないんだという強い意思でつくられた舞台です」と説明した。

 24日から同劇場〔秋〕では東京公演としては約7年ぶりの上演となる、ミュージカル「オペラ座の怪人」をロングラン上演する。

 竹芝には2021年1月に「JR東日本四季劇場 〔春〕」も開場。〔春〕では2021年6月から注目公演「アナと雪の女王」を上演する予定だ。

 「演劇は今、コロナ禍で生きるか死ぬかこの2択に立たされている気がします。演劇はしぶとい芸術だと思います。私はこれを信じたい」と吉田社長は言う。新しい日常の中で、劇団四季の歴史に新たな1ページが刻まれる。





関連記事

テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック