fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



【彼女は夢で踊る】を中州大洋で見ました!
2020年10月24日(土)

 きょう午前9時半から【彼女は夢で踊る】を中州大洋で見ました。

Dancing Dream-01

 広島に実在した『老舗ストリップ劇場』閉館に至る経過を描く映画でした。

 「ストリップ劇場」を扱った映画には、古くには『一条さゆり 濡れた欲情』
と言う名作がありましたが、それは実在の一条さゆり本人が出演する
ストリッパーに焦点を当てたものでした。 殆ど半世紀前のもの。

 今日見た【彼女は夢で踊る】は、主として一人の若手ストリッパーと
彼女に密かに思いを寄せる劇場主を描いていて、ストーリーの中心は
劇場主の動向の方でした。

 映画が始まって5分間ほどは、この映画を造るにあたってのきっかけや
動機を話す所謂メイキングシーンでした(結構長かったが実際は5分?)

 映画終盤に、若手ストリッパーが艶やかに演じるシーンが展開されます。
また、もう1人のベテラン・オーラを発するストリッパーの妖艶な舞台も。

 ところが、私は映画中盤で寝落ちしてしまったようで、もしかして
重要なシーンを見逃したかも知れません。

 終盤のショーのシーンは見落としませんでしたが(笑)

 観客は十数人でした。

【彼女は夢で踊る】公式サイト

Dancing Dream-Poster

福岡での上映館は中洲大洋だけのようです。
監督 : 時川英之
出演 : 加藤雅也、犬飼貴丈、岡村いずみ、横山雄二、矢沢ようこ

広島の老舗ストリップ劇場に閉館が迫っていた。社長の木下は過去の華やかな時代を思い出す。最後のステージを飾るストリッパーたちが劇場にやってくる。この舞台で幕を引く有名ストリッパーや、謎めいた若い踊り子。閉館への日々に、木下は忘れていた遠き日の恋を思い出す。そして、最後の舞台の幕が上がる。観客たちはステージの裸の向こうに何かを見つめている。木下は劇場の終演に、胸の奥に隠していたダンサーとの秘密を思い出す。ステージの上に幻は眩しく輝き、木下は遠い昔の美しい夢を見る。
©2019 映画「彼女は夢で踊る」製作委員会





  Movie Walker による作品紹介

広島に実在するストリップ劇場を舞台にしたラブストーリー。閉館が迫る老舗のストリップ劇場。社長の木下は、過去の華やかな時代に思いを馳せる。最後のステージに出演するストリッパーたちが劇場にやってくる。木下は、忘れていた遠き日の恋を思い出す……。監督は、「ラジオの恋」の時川英之。出演は、「影に抱かれて眠れ」の加藤雅也、ドラマ『仮面ライダービルド』の犬飼貴丈、「ジムノペディに乱れる」の岡村いずみ。

***************
作品データ
 製作年 : 2019年
 製作国 : 日本
 配 給 : アークエンタテインメント
 上映時間 : 95分
***************

【映画のストーリー】 (結末の記載を含むものもあります。)
閉館が迫る広島の老舗ストリップ劇場。社長の木下(加藤雅也)は、過去の華やかな時代に思いを馳せる。最後のステージを飾るために、この舞台で幕を引く有名ストリッパーや、謎めいた若い踊り子らが劇場にやってくる。閉館に向かう日々のなか、木下は忘れていた昔の恋を思い出す。そして、最後の舞台が始まる。ステージの裸の向こうに何かを見つめている観客たち。劇場の終演に、木下は胸の奥に隠していたダンサーとの秘密を思い返す。ステージの上で眩しく輝く幻に、木下は美しい夢を見る……。

【キャスト・スタッフ】
 役 名 : 配 役

木下社長;劇場主 : 加藤雅也
青年時代の木下 : 犬飼貴丈
若手踊り子 : 岡村いずみ
ベテラン踊り子 : 矢沢ようこ(本物のストリッパー)
脇役(多数) : 略


監督・脚本・編集  : 時川英之
企  画  : 横山雄二
プロデューサー  : 時川英之 、 田辺裕美子
共同プロデューサー  : 棗田良成
ラインプロデューサー  : 塚村悦郎
撮  影  : イヴァン・コバック 、 ジェレミー・ルビエ
照  明  : 村地英樹
録  音  : 清水良樹
音  楽  : 佐藤礼央
音楽プロデューサー  : 鯨永知生
デザイン  : 江野耕治
助監督  : 馬場弘基
制  作  : 新佛誠康 、 金子勝典
衣  装  : 清水加奈子
ヘアメイク 大橋茉冬
協力プロデューサー 嶋田豪
挿入歌  : Radiohead 、 松山千春




関連記事

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック