fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



映画【スパイの妻】をトリアス久山ユナイテッドシネマで見る!
2020年10月19日(月)

 おととい10月17日 13:00から、トリアス久山ユナイテッドシネマで
蒼井優・高橋一生主演のサスペンス昭和史劇
【スパイの妻】を見ました!

蒼井優さんは、さすがの演技力で、さまざまな表情を演じていました。
高橋一生さんは、いつもと同じ雰囲気でシリアスドラマにはイマイチか。

カタキ役の憲兵を演じる東出昌大さんは相変わらずの棒読み大根!
薬物に手を出したら一発アウトだが不倫は大目にみられているらしい。

この映画も、NHKで先行放送されたものをリメイクとのこと。
8Kビデオ映像を編集しなおし色調を映画館向けにしたと言う。
WifeOfSPY-NHK-01.jpg

『みをつくし料理帖』の方はヒロインも含めキャストが全く異なりましたが
『スパイの妻』の方は、元映像が同じものなので配役も当然そのまま。
WifeOfSPY-NHK-02.jpg

黒沢清×蒼井優×8K『スパイの妻』完成のお知らせ
 NHKドラマトピックス - 2020年05月21日
 2020年6月6日(土) 午後2時から3時54分(114分)BS8K


 このテレビドラマ版はBS8K放送なので見られませんでした。

映画「スパイの妻」主演 蒼井優さんインタビュー
 NHK-2020年9月28日


「スパイの妻」出演 蒼井優さん 高橋一生さんがコメント
 NHK-2020年9月13日 20時12分


 映画のテーマは、満州で行われていた捕虜に対する細菌兵器などの
人体実験(731部隊の生体解剖や細菌・化学兵器・凍傷などの人体実験)
を知った商社マンが、これを世界に告発しようとする行動です。
戦争犯罪を現在の人々にも知らせようとする意識が背景に流れています。
(映画内では『731部隊』などの具体的名称は出てきません)

 この国家機密を如何に護って海外に脱出できるか?
その為には妻の力強い協力を得ながら、その妻も騙す
夫婦の愛と確執が描かれています。

 観客は20名ほどでした。

   *******

  【スパイの妻】 公式サイト



  映画.comなど による作品紹介

 2020年6月にNHK BS8Kで放送された黒沢清監督、蒼井優主演の同名ドラマをスクリーンサイズや色調を新たにした劇場版として劇場公開。
 蒼井と高橋一生が「ロマンスドール」に続いて夫婦役を演じたほか、東出昌大、笹野高史らが顔をそろえる。
 「ハッピーアワー」の濱口竜介と野原位が黒沢とともに脚本を担当。「ペトロールズ」「東京事変」で活躍するミュージシャンの長岡亮介が音楽を担当。第77回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で銀獅子賞(最優秀監督賞)を受賞。

***************
作品データ
 製作年 : 2020年
 製作国 : 日本
 配 給 :  ビターズ・エンド
 上映時間 : 115分
***************

【映画のストーリー】 (結末の記載を含むものもあります。)
 1940年、太平洋戦争前夜。
 神戸で貿易会社を営む優作(高橋一生)は満州で偶然、ある国家機密を知り、正義のため、事の顛末を世に知らしめようとする。
 一方、妻・聡子(蒼井優)は、反逆者と疑われる夫を信じ、スパイの妻と罵られながらもただ愛する優作とともに生きることを心に誓う。
 そんな2人の運命を太平洋戦争開戦間近の日本という時代の大きな荒波が飲み込んでいく。

【キャスト・スタッフ】
 役 名 : 配 役

福原聡子 : 蒼井優
福原優作 : 高橋一生
竹下文雄 : 坂東龍汰
駒子 : 恒松祐里
金村 : みのすけ
草壁弘子 : 玄理
津森泰治 : 東出昌大
野崎医師 : 笹野高史


監  督  : 黒沢清
脚  本  : 濱口竜介 、 野原位 、 黒沢清
音  楽  : 長岡亮介
エグゼクティブプロデューサー  : 篠原圭 、 土橋圭介 、 澤田隆司 、 岡本英之 、 高田聡 、 久保田修
プロデューサー  : 山本晃久
アソシエイトプロデューサー  : 京田光広
アソシエイト・プロデューサー  : 山口永
ラインプロデューサー  : 山本礼二
技  術  : 加藤貴成
撮  影  : 佐々木達之介
照  明  : 木村中哉
録  音 :  吉野桂太
美  術  : 安宅紀史
編  集  : 李英美




関連記事

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック