fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



歌舞伎座 8月1日に再開したが苦難も続く
2020年8月11日(火)

今日は、会社は業務日で出社。

きょう休めば、8月7日(金)から16日(日)まで10連休となるのですが
海外に行ける訳でもなく、県境を越えての移動も自粛ムードなので
出社して『仕事』してました(笑)!

さて、8月1日(土)から、歌舞伎座が公演を再開したとのこと。

しかし、集客が思うように行かなかったり
微熱が出た人も居て急遽公演中止となったり
中々苦難の道筋のようです。



  【歌舞伎座5カ月ぶり再開 コロナ緊張下で初日】

共同ニュース
伝統演劇の殿堂である歌舞伎座(東京都中央区)は1日、観客を入れて約5カ月ぶりとなる歌舞伎公演「八月花形歌舞伎」を開催した。東京などで新型コロナウイルスの感染者が増加する中、感染防止策を徹底し、緊張感のある再開を迎えた。



20200802_BBC_Kabuki-02.jpg
東京の歌舞伎座、5カ月ぶりに舞台再開
 客席半分などさまざまな工夫

 BBCニュース- 2020年8月2日


歌舞伎座公演再開ならびに新型コロナウイルス感染拡大防止
 および感染予防対策について

 松竹株式会社(歌舞伎美人) - 2020年8月4日(火)



20200805_Asahi_Kabuki-03.jpg
歌舞伎座、5日の公演の一部を中止
 舞台関係者に微熱 #新型コロナウイルス

 朝日新聞-2020年8月5日(水) 17時45分


歌舞伎座5カ月ぶりの再開 「4部制」のメリットとは?〈週刊朝日〉
 AERA dot. - 2020年8月5日(水) 11:30



20200807_NikkanGendai_Kabuki-01.jpg
歌舞伎座5カ月ぶり再開も閑散ガラガラ…
 松竹の悲鳴が聞こえる

 日刊ゲンダイ-2020年8月7日(金) 9:26




   ************

東京の歌舞伎座、5カ月ぶりに舞台再開
 客席半分などさまざまな工夫

 BBCニュース- 2020年8月2日

(引用)
東京の歌舞伎座が1日、5カ月ぶりに公演を再開した。新型コロナウイルスの影響で3月初めから休演していた。

再開最初の演目は、親子の獅子が舞い踊る名作「連獅子」。通常より半分以下の客席で、自粛を求められたため掛け声もなかったが、5カ月ぶりの幕開けを観客は大きな拍手で歓迎した。

感染対策として劇場側は、客席は前後左右を空ける工夫で半数に減らし、入場時の検温、マスクの常時着用、歌舞伎につきものの「大向こう」と呼ばれる掛け声をしないなど、観客に協力を求めた。

舞台の上でも、後方に並ぶ鳴り物と長唄の演奏者たち、小道具などを扱う後見たちは特注の黒いマスクをつけ、普段よりも距離を開けて座った。俳優たちも、普段よりは舞台の際から離れて踊った。

幕間休憩のない4部入れ替え制にして場内を毎回消毒するほか、弁当やおやつの販売は中止。筋書きも販売せず、代わりに簡易版を無料で配っている。




歌舞伎座公演再開ならびに新型コロナウイルス感染拡大防止
 および感染予防対策について

 松竹株式会社(歌舞伎美人) - 2020年8月4日(火)

(引用)
 日頃より、歌舞伎座をご愛顧賜り、心より感謝申し上げます。

 歌舞伎座では、新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐため、3月より公演を中止し、営業再開に向けての準備を進めてまいりましたが、きたる8月1日(土)より営業を再開し、「八月花形歌舞伎」の公演を行う運びとなりました。

 このたびの公演再開にあたりまして、下記の対策を実施させていただくことになりました。

 なにとぞご理解と、係員の指示へのご協力を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。



【8月4日 情報追記】






お客様へご理解とご協力のお願い

・密集を緩和するため、入退場時に距離を空けてのご案内をお願いする場合がございます。また、通常よりも開場時刻を早めさせていただきます。ご協力のほどお願いいたします。

・ご観劇時をはじめ、劇場内では必ずマスクをご着用ください。マスクをご着用いただけないお客様は、他のお客様への影響を鑑み、ご入場、ご観劇をお断りさせていただく場合がございます。お客様の健康と安全確保のためご協力をお願いいたします。

・ご入場時には、手指の消毒をお願いいたします。劇場入口に「手指消毒剤」を常備いたします。

・体調不良の際は、ご来場をお控えくださいますようお願いいたします。ご心配な場合はご来場の前に検温をご実施くださいますようお願いいたします。

・客席内での私語、会話はお控えください。また、ロビー等での会話もできる限りお控えいただきますよう、ご協力をお願いいたします。

・お化粧室をお待ちの際は、列の間隔を空けるなど、混雑緩和へのご協力をお願いいたします。

・大向うや掛け声はお断りさせていただきます。

・場内の清掃、消毒のため、各部完全入れ替え制にしております。次の部を続けてご観劇の方も一旦ご退出いただきます。

・出演者へのプレゼント、手紙、面会はご遠慮くださいますようお願いいたします。

・出演者に対しての公演中の出待ち、入待ちはお断り申し上げます。【7月17日 情報追記】

・厚生労働省による「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」の活用を推奨いたします。【7月17日 情報追記】

・入場時のもぎりは、スタッフがチケット券面の確認を行った後、お客様ご自身でチケットをもぎって備え付けの半券ボックスに半券をお入れください。【8月4日 情報追記】





歌舞伎座、5日の公演の一部を中止
 舞台関係者に微熱 #新型コロナウイルス

 朝日新聞-2020年8月5日(水) 17時45分

(引用)
 松竹は5日、東京・歌舞伎座の公演「八月花形歌舞伎」のうち、第3部「吉野山」の上演を中止した。第3部の舞台関係者1人に微熱があることが4日わかり、専門家に意見を聞いた上で決めたという。その後、舞台関係者はPCR検査で陰性と確認され、6日以降の公演は予定通り実施するという。

 5カ月ぶりに公演を再開した歌舞伎座は4部制で、各部ごとに出演者や舞台スタッフをすべて入れ替えて上演している。





歌舞伎座5カ月ぶりの再開 「4部制」のメリットとは?〈週刊朝日〉
 AERA dot. - 2020年8月5日(水) 11:30

(引用)
 歌舞伎座が5カ月ぶりに上演を再開した。しかし、前後左右の座席が空けられ、幕あいの弁当もなく、大向こうも禁止と異例ずくめ。「待ってました!」と叫ぶことはできないが、なぜこのコロナ禍で再開を目指したのか? 再び舞台の幕を開ける意義などについて話を聞いた。

 東京・東銀座の歌舞伎座では、連日さまざまな演目がかけられ、大勢の客で賑(にぎ)わっていた。だが、新型コロナウイルス感染拡大で状況は一変。2月26日に千秋楽を迎えた「二月大歌舞伎」を最後に、興行の中止を余儀なくされた。

 4月はメンテナンスによる休館が決まっていたが、5~7月は「市川海老蔵改め十三代目市川團十郎白猿襲名披露」興行が予定されていた。しかし、コロナ禍で延期になった。

「3カ月間の興行を短くする案もありますが、やはり“完全なる形”で取り組みたい。襲名を大切に思う興行側の姿勢として受け止めてほしい」

 歌舞伎座の橋本芳孝支配人は、苦渋の決断だったと振り返る。

 緊急事態宣言が発出され、歌舞伎座前も人の流れが途絶えた。早く再開したいという思いはあっても、役者やスタッフ、客の安全確保を考えると、容易なものではなかった。
(以下略;長いです)





歌舞伎座5カ月ぶり再開も閑散ガラガラ…
 松竹の悲鳴が聞こえる

 日刊ゲンダイ-2020年8月7日(金) 9:26

(引用)
 3月公演が中止となって以来、5カ月ぶりに歌舞伎座が開いた。1808席のうち発売されたのは823席なので完売しても45%。

 初日に行ったが、まず、入り口で、人の少なさに驚いた。再開を待ちわびていた人の群れなんて、どこにもない。取材に来ていた報道陣のほうが多いくらいだ。なかに入っても、ロビーは閑散としている。発売された席もかなり余っていた。ただ、人数が少ないわりには拍手は大きく響く。

 通常の歌舞伎座の公演は昼・夜の2部制で、それぞれ4時間近くの間に3つか4つの演目がある。1等席が1万8000円で一番安い3階後方が4000円。昼・夜行けば3万6000円(3階後方だと8000円)で8時間・6演目を見る。今月は4部制にして、各1時間で1演目、1等8000円(3階は一律3000円)。全部見に行くと、1等は3万2000円(3階後方だと1万2000円)と払う額はこれまでとそんなに変わらないのに、4時間4演目しかないので、チケットを買う立場としては、倍以上になった感覚だ。
(以下略)





関連記事
テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック