fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



又吉直樹・原作の映画【劇場】をKBCシネマで見る!
2020年7月19日(日)

 自称・芸人である芥川賞作家の又吉直樹さん・原作の
映画【劇場】を 今日12:30から 『KBCシネマ』で見ました。

Gekijo_Movie_Top.jpg

 KBCシネマに来たのは、#新型コロナウイルス感染で映画館が
全国で閉鎖され、5月末に解禁されてから2回目だと思います。

 前回行ったのは【21世紀の資本】でした。
 

 今回も、販売される座席は『市松模様配置』で半分以下。
上映の20分くらい前には到着しましたが、私がGETしたのは
最も前の席の最も左側と云う謂わば最悪の席。
 すなわち、満員御礼の最後の1席でした!

 ただ、上映終了後に見ると、最後方に補助椅子が出されていたようで、
その方が見やすかったかも知れません。

 映画は、松岡茉優と山崎賢人が中心の物語であり、大きな進展も無く
地味に進行するストーリーでした。

 松岡茉優は中学生時代から演劇部に所属して女優を目指す沙希を
山崎賢人は素人受けしない変な演劇を上演する小劇場の座付き作者
永田を演じていますが、これまでの映画とは異なるキャラクターを
目指しているように見えました。

 永田は劇作には心血を注いでいるようではあるが仕事もせず
事実上、沙希のヒモ的生活。 沙希のアパートに転がり込んでいるのに
家賃も光熱費も食費も出していない様子。

 しかし、どうやら沙希の方が永田を心底愛してしまっているようで。

 この映画では、同棲している男女の『セックスシーン』が一切描かれない
ことが私にとっては評価できる点でした。

 脇を固める配役として、この処注目されている美人ではない演技派女優
伊藤沙莉が出ていて、映画表現に幅を持たせ緊張感を持たせていました。
役柄としては、永田が本を書いている小劇場の劇団員。

 他は、私があまり知らない俳優・女優陣でした。


  【劇場】公式サイト



  Movie Walker による【劇場】紹介

 芸人として活躍する一方『火花』で芥川賞を受賞した又吉直樹による恋愛小説を、行定勲監督が映画化。

 永田が脚本・演出を手掛ける劇団は公演の度に作風を酷評され、解散状態に。
理想と現実の間で苦しむ中、女優を夢見る沙希と出会い、彼女の家に転がり込む。
劇作家を目指す不器用な永田と健気に彼を必死に支えようとする沙希の恋を、「ヲタクに恋は難しい」の山﨑賢人と「蜜蜂と遠雷」の松岡茉優が紡いでいく。
また、シンガーソングライターの曽我部恵一が本作の音楽を手がけた。

*****************
作品データ
 製作年 : 2020年
 製作国 : 日本
 配 給 : 吉本興業
 上映時間 : 136分
*****************

【映画のストーリー】 (結末の記載を含むものもあります。)
 中学からの友人と立ち上げた劇団おろかで永田(山﨑賢人)は脚本・演出を担当しているが、前衛的な作風は上演ごとに酷評され、客足も伸びず、劇団員も永田を見放し劇団は解散状態に。
 演劇に対する理想と現実との間で悩み、言いようのない孤独を抱える永田。
 そんなある日、同じスニーカーを履いた沙希(松岡茉優)を見かけ、自分でも驚くほどの積極性を発揮し声をかける。
 突然の出来事に戸惑う沙希だったが、様子のおかしい彼を放っておけず、一緒に喫茶店に行く。
 沙希は女優になる夢を抱き上京し、服飾の大学に通っていた。
 金のない永田は沙希の部屋に転がり込み、二人は一緒に暮らし始める。
 自分の夢を重ねるように永田を応援する沙希。永田は自分を理解し支えてくれる沙希を大切に思いつつも、理想と現実と間を埋めるようにますます演劇に没頭していき……。

【キャスト・スタッフ】
 配  役 : 役  名
山崎賢人 : 永田
松岡茉優 : 沙希
寛一郎 : 野原
伊藤沙莉 : 青山
上川周作 : 無名
大友 律 : 無名
井口 理 : 小峰
三浦誠己 : 無名
浅香航大 : 田所

監督  : 行定勲
脚本  : 蓬莱竜太
原作  : 又吉直樹
音楽  : 曽我部恵一
EP  : 坂本直彦
プロデューサー  : 古賀俊輔 、 谷垣和歌子 、 新野安行
アシスタントプロデューサー  : 清水理恵
音楽プロデューサー  : 田井モトヨシ
キャスティング  : 杉野剛
ライン・プロデューサー  : 城内政芳
撮影 :  槇憲治
照明  : 中村裕樹
美術  : 相馬直樹




関連記事

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック