FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



1年前の記事ですが、【アリス・紗良・オットさん、難病を公表】
2020年5月5日(火:こどもの日)

 1年前の記事ですが、今初めて知りました。
アリス=紗良・オットさん
「多発性硬化症と診断されたことを公表」

Alice Sara Ott 20140903-02

***********

人気ピアニストのアリス・紗良・オットさん、難病を公表
 朝日新聞デジタル -2019年2月16日 0時49分

  #AliceSaraOtt #多発性硬化症

(一部引用)
 世界的に活躍し、日本でも人気のピアニスト、アリス・紗良(さら)・オットさん(30)が15日、自身の公式サイトで、多発性硬化症と診断されたことを公表した。予定されているコンサートには「意欲を持って臨みます」としている。
 ドイツ人の父と日本人ピアニストの母の間に生まれ、ドイツを拠点に活動している。
 アリスさんは、英語、ドイツ語、日本語で、検査の間に絶望感に襲われたこと、適した治療法を見いだし今までの生活を続ける決意などをつづった。
 公表にためらいがあったことも明かした上で、「特に若くして罹患(りかん)され病気に直面されている方に少しでも同じく勇気を与えることができたら」と記した。
 多発性硬化症は、脳などの神経が冒されて手足のしびれや視力低下が起きる自己免疫疾患。難病に指定されている。


    **************

 

NHK-ETV 【クラシック音楽館】2019.1.6 放送
https://youtu.be/CHzk3Sd6a1Y
アリス=紗良・オット Alice-Sara Ott / ピアノ・リサイタル
~2018年9月27日 東京オペラシティ コンサートホール~
ドビュッシー作曲 「夢」
サティー作曲 「ジムノペディ 第1番」(5:23~)
サティー作曲 「グノシエンヌ 第3番」(8:44~)
ラヴェル作曲 「亡き王女のためのパヴァーヌ」(11:45~)



    **************

Beethoven : Concerto pour piano n°3
( Alice Sara Ott / Orchestre philharmonique de Radio France)

アリス=紗良・オット
ラジオ・フランス・フィルハーモニー管弦楽団
ベートーヴェン ピアノ協奏曲第3番 ハ短調

  **************

Alice Sara Ott (Piano) 2018/02/04

アリス=紗良・オット
オスロ・フィルハーモニー管弦楽団
グリーグ ピアノ協奏曲
https://youtu.be/-L8RZUA8JPY
Oslo Philharmonic
Vasily Petrenko (Conductor)


    **************

Tchaikovsky - Piano Concerto 1

アリス=紗良・オットさん16歳頃の
チャイコフスきー ピアノ協奏曲第1番(約38分)
2005年11月27日
ウクライナ・キエフ・国立フィルハーモニー管弦楽団
東京芸術大学コンサートホールにて
2012年8月9日UP
https://youtu.be/3ZA_Vt3SQRE

    **************

アリス=紗良・オットさん
L.V.Beethoven -『エリーゼのために』を語る
https://twitter.com/francemusique/status/1218945333448912897?s=20
英語で語り、フランス語の字幕
(どこかに日本語字幕の映像があるかも)



関連記事

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック