FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



東京藝術大学 「奏楽堂」
 東京都美術館で【芸術都市パリの100年展】を見た後、東京国立博物館に向かい上野公園を歩いていると、東京藝術大学「奏楽堂」の前に来た。

Sougakudou00M.jpg


 「奏楽堂」は長い歴史を持つ由緒正しい音楽の殿堂であった。

 丁度、一般公開中で、その上午後2時からの「チェンバロ演奏会」のリハーサル中であったので、建物と音響と音楽をトリプルで楽しむことができた。

Sougakudou04M.jpg


 小規模のホールであり、昔のこととて天井も低く、現代の水準から言えば立派なコンサートホールには及ばないが、チェンバロの音はクリアに聴こえたし、どの席でも良く聞こえるようであった。

Sougakudou03M.jpg

 もちろんあちこちの席に座った訳ではないが、写真を撮りながら歩いていても、どこでも良く聴こえた。

Sougakudou02M.jpg


 正面のパイプオルガンは日本で殆ど最初に導入された、当時としては本格的なパイプオルガンであったが、随分以前から演奏は不可能になっていたという。
 しかし、これを惜しむ関係者有志の声が届き、大規模な改修工事を経て、再び演奏できるようになったと言う。

Sougakudou01M.jpg

 
************************************
ランキングの応援をよろしく ⇒ 
************************************

東京藝術大学 「奏楽堂」 公式ページ

重要文化財 「旧東京音楽学校奏楽堂」



*****************************
【東京出張&観劇】 No.9
    【東京出張&観劇】 No.8 へ      【東京出張&観劇】 No.10 へ             


「奏楽堂」の由緒については、続き【read more ...】 をお読みください。

         ◇ ◇ ◇ ◇


東京藝術大学(旧東京音楽学校) 「奏楽堂」 の由緒 (台東区・旧東京音楽学校 「奏楽堂」ホームページより引用)

明治23年に創建されたこの奏楽堂は日本最古の木造の洋式音楽ホールで、国の重要文化財に指定されています。

 東京芸術大学音楽学部の前身である東京音楽学校の施設だった奏楽堂は、昭和62年に台東区の手で現在地に移築保存され、一般に公開されるようになりました。

 二階にある音楽ホールは、かつて滝廉太郎がピアノを弾き、山田耕筰が歌曲を歌い、三浦環が日本人による初のオペラ公演でデビューを飾った由緒ある舞台です。正面のパイプオルガンは、大正9年に徳川頼貞侯がイギリスから購入し、昭和3年に東京音楽学校に寄贈したものです。アボット・スミス社製でパイプ総数1,379本。いまでは世界でも珍しい空気式アクション機構の、わが国最古の貴重なコンサート用オルガンでやわらかな音色が魅力です。

関連記事
テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

フランスが夢見た日本―陶器に写した北斎、広重

 NIKKEI EVENTS GUIDEで面白い記事を発見した。  パリ・オルセー美術館と東京国立博物館が、日仏交流150周年を記念し、特別に企画した展覧会で7月1日から8月3日まで開催されるとのことである。  記事タイトルは、「日仏交流150周年記念 オルセー美術館コレクション?...
ウェザーコック風見鶏(VOICE FROM KOBE)【2008/06/07 08:43】