FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



映画【太陽の家】を見る!
2020年1月27日(月)

 きのう1月26日(日)トリアス久山ユナイテッドシネマで日本映画
  【太陽の家】 を見ました!

Taiyo-no-Ie_Poster.jpg


 大工の棟梁の男が、行き掛かりに知り合った女性に
立派な家を建ててあげると云う、ちょっと有り得ないような話。

 その費用は棟梁の『兄貴』(実の兄か任侠的な『兄貴分』かは不明)から
不倫をバラスと言って、ある意味脅して大金を巻き上げる展開。

 わざわざ映画にするほどのネタでも無いような気がしました。


  映画【太陽の家】 公式サイト 

【INTRODUCTION】
20年の時を経て、 俳優・長渕剛がスクリーンに蘇る!


豪華キャスト陣とともに贈る、 優しさに溢れた感動作の誕生!

日本を代表するアーティスト、長渕剛の主演映画『太陽の家』が2019年4月1日にクランクイン。2020年に劇場公開となる本作で、長渕剛は20年振りにスクリーンに蘇ることとなる。
数々の名曲をリリースしてきた長渕の楽曲には、繊細な歌詞の中に常に大切な人への愛が綴られている。
そんな長渕が40年の節目に、挑むテーマは「優しさ」。 デビューから40年の思い――“大切な人”、“家族”への愛を、主人公・川崎信吾を通し、俳優・長渕剛が熱く演じる。
そして共演陣には、豪華キャストが集結した。
川崎信吾の妻・美沙希にTVバラエティで人気を博した後、女優として活躍するベテラン、飯島直子。
信吾の娘・柑奈には、2014年のドラマ「昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜」で連続ドラマデビューを果たし、若手女優として注目を集める山口まゆ。
信吾と関わっていくシングルマザーの女性・池田芽衣には、『おくりびと』(08)、『鍵泥棒のメソッド』(12)などで知られる実力派女優・広末涼子。

そして、芽衣の息子・龍生をオーディションで選ばれた子役・潤浩(ゆんほ)が演じる。更に、信吾の一番弟子・河合高史を『64』(16)、『友罪』(18)などで知られ、常に安定した演技力を見せつける瑛太が演じる。

本作でメガホンをとるのは、様々なTVドラマや映画の助監督を経て、独自の演出を確立、現在最も注目されている監督・権野元。 「相棒シリーズ」や「監査役 野崎修平」での監督としての存在感を示している。
脚本を手掛けるのは、桜田門外ノ変(10)、ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(17)などのヒット作で知られる江良 至がオリジナル脚本を手掛けた。

単純だけど実直な一人の男の「愛と優しさ」が、不器用で臆病な少年の心を成長させていく本作は、人と人との「愛」と人への「優しさ」を爽快に描く感動作。20年振りに見せる俳優・長渕剛の姿が、新たな伝説を生み出すことだろう。





  Movie Walker による作品紹介 

ミュージシャン、長渕剛の20年ぶりの映画出演作。職人気質の大工の棟梁・川崎信吾はある日、シングルマザーの池田芽衣と出会う。父親を知らずに育った芽衣の息子・龍生を心配した川崎は、何かと親子の面倒を見るが、ある日、龍生の父と名乗る男が現れ……。共演は「HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION」の飯島直子、「終わった人」の広末涼子。監督は『相棒』シリーズなどで活躍する権野元。

******************
作品データ
 製作国 : 日本
 配 給 : REGENTS
 上映時間 : 123分
******************

【映画のストーリー】 (結末の記載を含むものもあります。)
川崎信吾(長渕剛)は、神技的な腕を持つ大工の棟梁。
普段は強面風だが、実はやんちゃな上に人情に厚く、現場で木と向き合えば、職人気質なオーラを放つ男だった。
しっかり者の妻・美沙希(飯島直子)と年頃の娘・柑奈(山口まゆ)に囲まれて幸せな生活を送りながらも、少々女性に弱いのが玉に瑕。
そんなある日、いつものように弟子の入江たちと現場で仕事に励んでいた川崎は、通りかかった女性に目を止める。それは、保険会社の営業ウーマン、池田芽衣(広末涼子)。
独身かと思えば、実は芽衣は、龍生(潤浩)という幼い息子を持つシングルマザーだった。父親を知らずに育った龍生が気になり、“俺が男にしてやる!”とばかりに意気込む川崎。だが、半ば強引な川崎に、龍生はなかなか懐いてくれない。それでも何とか、徐々に男同士の触れ合いができるまでに心を開いていく。
そんな折、川崎はこの親子に家を建てようと思い立つ。だが、川崎の家族と一番弟子の高史(瑛太)は、その様子に納得がいかない。
周りの不穏な空気を気にも留めず、家作りに没頭する川崎だったが、その前に突然、龍生の父と名乗る男が現れる……。

【キャスト・スタッフ】
 役 名 : 配 役
川崎信吾  : 長渕剛
川崎美沙希  : 飯島直子
川崎柑奈  : 山口まゆ
池田芽衣  : 広末涼子
池田龍生  : 潤浩
龍生の父   : 利重剛
河井高史  : 瑛太
吉成利治(兄貴)  : 柄本明
ヤス  : 上田晋也

監  督  : 権野元
製作プロデューサー  : 飛田野和彦
脚  本  : 江良至
制作統括  : 遠藤茂行





 
関連記事

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック