FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



劇団四季【カモメに飛ぶことを教えた猫】福岡初演を市民会館で鑑賞
2019年12月7日(土)

今日午後1時から福岡市民会館で公演された劇団四季の
ファミリー・ミュージカル【カモメに飛ぶことを教えた猫】
を観ました。

20191207222910b8f.jpg


劇団四季による新作創作ミュージカル。

久々のオリジナルのファミリー・ミュージカルとのこと。

出演者も全国ツアーを通じて固定的メンバーで行われている模様。

20191207222909498.jpg

【カモメに飛ぶことを教えた猫】と言うか
劇団四季の人気はさすがで、1800席の
9割くらいは売れていて残っていたのは後方の席数列だけ。
やはり親子連れが多いようです。
座席指定なのに列に並んで入場待ちしています。
12時30分に入場が始まりましたが長い列。

主役の猫ゾルバは厂原さんでした。アラジンで主役を演じた方。

以下は、私のレビュー(ネタバレ御注意)


前田更紗さんがヒロインのカモメの子どもだった!

ひよこ🐤シーンは中腰で大変そうだった。
生後60日の早変わりシーンは上手い演出だった。僅か2秒位。

歌もダンスも良かった。
公演後のお見送りで前田さんの前を通ったので「良かったです」
と声を掛けて握手してきました。

オリジナル創作で期待大(!)でしたが裏切りませんでした。
良くできたシナリオとわかりやすい音楽でした(!)
上出来だと思います。

民族ヘイトが蔓延する世の中で観客の子どもたちに、
いたわりと猫類愛を通じて人道主義を感じさせるものです。

飛び始めるときフライングを使うかと思ってたけど
使わない演出だった。
旅公演なので仕込みが難しいかな。

・・・・・・・・・

カモメの卵から孵化するとき暗転と
光の点滅で前田更紗さんになるのだが、
会場から良い意味での笑いと溜息と
子ども達の可愛い😍との声が出てた。

確かに表情も上手くて可愛かった。🐣
そしてヨチヨチ歩きで、前につんのめって
顔からバッタリとコケるのがリアルで
演出的とは思いつつ、
もしかしてリアルでコケたのでは?
と思った。
演出でコケたのなら演技がリアルで上手い。
それから生後60日迄は、ずっと中腰。
腰を痛める姿勢が続いて大変そう。
そこで舞台中央での速攻の早変わり。

黄色いヒヨコ衣装を🐥剥がすだけなのだが
そこは回りとの連携プレーで上手い。
此処でも溜息が聴こえていた。

そこからは前田更紗さんのダンスが入る。

キレの良いダンスだった。

ただ、この公演は拍手する機会が少なく、
緞帳が降りてくる時以外は殆ど拍手無し。

ゾルバは、飛び方を教える方法が解らず
博士に聞いても百科事典に出ていない。
カモメに聞けばどうかと聞いてみれば
飛ぶのが当たり前で教え方は解らないと。
フォルトゥナータに飛ぶことを教えたのは、
ゾルバでも博士でもカモメでも無く、
悪役のマチアスだった。
鳥の親は飛び方を教えない。巣から突き落とすだけ、と。

そしてフォルトゥナータは、ハンブルグの象徴である
塔の上から飛び降りることにする。

その塔の頂上部のセットの狭い床面は結構急な傾斜床(開丁場)
になっていて、しかも舞台床面からは4m?ほどの高さ。
そこで踊りながらポーズを決めるのは結構怖そう。
バランスを崩すとリアルで落ちる。
しかし、怖さを感じさせず演じられてた。

そして、飛び降りる処は観客席と反対側にリアル飛び降りた!
クッションか、お仲間が受けるのか?
其処からフライングでは無い照明効果による飛翔シーンに。
台の上に立っているのは観客席からも判るが
それでも振り付けや爪先立ちなどを上手く使って
飛んでいる雰囲気を作り出していた。

演出も演技も素晴らしい❣️

今後も残って行く作品だと思う。




 
関連記事

テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック