FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



音楽映画 【蜜蜂と遠雷】 を見ました !
2019年10月13日(日)

先週から上映されている 恩田陸さんの本屋大賞受賞作品を原作とした
映画【蜜蜂と遠雷】を見ました。

Mitsubachi-Enrai-Poster.jpg


作品の舞台は日本の地方都市の『芳ヶ江ピアノ・コンペティション』

背景はヤマハの地元で開催される『浜松国際ピアノコンクール』
だと思われます。

描かれる中心人物は、最終選考に残る日本人および日系の若手
そして、最終選考には臨めなかった年齢制限ギリギリの社会人男性。

映画の前半はそれぞれのコンペティターの生い立ちや背景を描き、
ピアノ演奏の場面は殆ど無く進む。

それに引き換え、後半部分はコンペティションでのピアノ演奏場面が続く。

それも、素人筋が知っているベートーヴェンやチャイコフスキーやショパン
ではなく、近現代のプロコフイエフやバルトークの難解なピアノ協奏曲。

ある場面では、一つの楽章の殆どを他の映像をオーバーラップさせ乍ら
流すという充実ぶり。
ピアノ愛好家にも見応えのある音楽映画でした。

コンペティターたちは演奏上は競争相手ですが、会場を離れると
親しい友だちとして助言しあったり励ましあったり屈託なく遊んだり。
そういう友情物語としての側面も描かれていました。
(これは原作でも。 なお私は直木賞受賞直後に読みました。)
【オール讀物】3月号で 直木賞受賞作「蜜蜂と遠雷」を読み始め!
 観劇レビュー&旅行記 - 2017年2月28日(火)
 

栄伝亜夜(松岡茉優)と風間塵(鈴鹿央士)がコンペティションの前夜に
どうしてもピアノを弾きたいとピアノ工房を尋ね、連弾に至る場面があり
窓から見える満月を見ながらドビュッシーの『月の光』を演奏しはじめ
それを二人でアレンジしながら次第にジャズ調に成り『月光価千金』を
引きまくり、それがベートーヴェンの『月光ソナタ』に変幻し再び『月の光』
に戻って静かに終わるシーンは二人の心の交流面でも音楽面でも見処でした。



コンペティターたちが弾くピアノは【YAMAHA】と【Steinway & Sons】が
ロゴもハッキリ映っていましたが、栄伝亜夜が最終選考(決勝)で弾いた
ピアノは【Shigeru KAWAI】でした。
私は判りましたが、ロゴがハッキリ映されなかったので“かわいそう”
洒落みたい(笑)。

Mitsubachi-Enrai-Shigeru-Kawai_Piano-02.jpg
  (公式サイトのTOP画面では【Shigeru KAWAI】がハッキリと!)

**************

ピアノコンペティションが舞台なので、出演する俳優はピアノ演奏シーンを
短時間の部分だとは言え習得しなければならず、役作りは大変。

28歳の社会人役の松坂桃李さんは、ピアノは全く初めてとのことですが、
(鍵盤のドレミも知らなかったとのこと)それなりい恰好がついていました。

最終選考に残る栄伝亜夜 役の松岡茉優さんも結構長いフレーズを
弾きこなしていました。 (もちろん音は別音源でしょうが)


蜜蜂と遠雷 : インタビュー
【松岡茉優&松坂桃李が明かす、役へと導くアプローチ法】

 映画.com - 2019年10月7日更新
 

Mitsubachi-Enrai-MatshuzakaMatsuoka-02.jpg


尤も、最新のVFX技術で手元だけ吹き替えと言うことも可能なのでしょうが。
(プロダクションノートなどによるとそういう意味でのCGは使っていないとのこと)


公式サイトより【プロダクションノート】
 

Mitsubachi-Enrai-01.jpg


エンドクレジットでは、コンペで演奏する楽曲の裏の演奏者が出ていました。
【ピアノ演奏:河村尚子 福間洸太朗 金子三勇士 藤田真央】

公式サイトより楽曲および演奏者紹介 


映画【蜜蜂と遠雷】公式サイト 


   第二次審査の課題曲(新曲)【春と修羅】(宮沢賢治による)



松岡茉優「天才が輝くためのお手伝いをするほうが性に合っている」
『蜜蜂と遠雷』原作者の恩田陸先生も驚く

 Movie Walker + - 2019年10月06日 10:30
 

Movie Waiker による作品紹介 

 2017年に史上初となる直木賞&本屋大賞のW受賞を成し遂げた、恩田陸の同名小説を映画化。
若手の登竜門とされるピアノコンクールを舞台に、才能あふれる4人の男女の挑戦と成長を描く。
監督は、初の長編映画『愚行録』で新藤兼人賞・銀賞を受賞した石川慶。
世界を目指すピアニストには松岡茉優、松坂桃李らが扮し、
劇中の演奏を河村尚子、福間洸太朗ら一流のピアニストたちが担当する。


*****************
作品データ
 製作年 : 2019年
 製作国 : 日本
 配 給 : 東宝
 上映時間 1: 19分
*****************

【映画のストーリー】 結末の記載を含むものもあります。
3年に一度開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。
かつて天才少女と呼ばれるも母の死をきっかけに表舞台から姿を消していた栄伝亜夜は、再起を懸けて予選会の舞台へ。
そこで彼女は、年齢制限のため最後の出場となるサラリーマン奏者の高島明石、人気と実力を兼ね備えた優勝候補のマサル、いまは亡き“ピアノの神様”からの推薦状を持つ風間塵と出会い、互いを刺激し合っていく。

【キャスト・スタッフ】
 役 名  :  配 役
栄伝亜夜 : 松岡茉優(ピアノ;河村尚子)
高島明石 : 松坂桃李(ピアノ;福間洸太朗)
マサル・カルロス・レヴィ・アナトール : 森崎ウィン(ピアノ;金子三勇士)
風間塵 : 鈴鹿央士(ピアノ;藤田真央)
審査員・嵯峨三枝子 : 斉藤由貴
指揮者・小野寺昌幸 : 鹿賀丈史

監督 : 石川慶
原作 : 恩田陸
脚本 : 石川慶
製作 : 市川南
エグゼクティブプロデューサー : 山内章弘
プロデューサー : 佐藤善宏 石黒裕亮 加倉井誠人
ラインプロデューサー : 大西洋志
プロダクション統括 : 佐藤毅
撮影監督 : ・ニエミイスキ
照明 : 宗賢次郎
録音 : 久連石由文
美術 : 我妻弘之
装飾 : 篠田公史
スタイリスト : 高橋さやか
ヘアメイク : 酒井夢月
スクリプター : 藤島理恵
VFXスーパーバイザー : 廣田隼也
編集 : 太田義則
音響効果 : 柴崎憲治
劇中音楽 : 篠田大介
音楽プロデューサー : 杉田寿宏
「春と修羅」作曲 : 藤倉大
ピアノ演奏 : 河村尚子, 福間洸太朗, 金子三勇士, 藤田真央
オーケストラ演奏 : 東京フィルハーモニー交響楽団
助監督 : 川口浩史
製作担当 : 相良晶



 
関連記事

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック