FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



映画【泣くな赤鬼】を見る!
2019年7月6日(日)


昨日(7/5)中州大洋で『午前10時の映画祭』を見た流れで
引続き【泣くな赤鬼】を見ました!

20190705_Akaoni.jpg


若くして病気で死に瀕する教え子に対峙する元教師の話し。

いわゆるファミリーミュージカル『泣いた赤鬼』のオマージュ
と云う訳ではありませんでした。


【泣くな赤鬼】公式サイト

Movie Walker による作品紹介

 ベストセラー作家、重松清が教師と生徒の関係をつづった短編集「せんせい。」に収録された同名作を堤真一主演で映画化した人間ドラマ。
 かつては熱血指導で“赤鬼先生”と呼ばれていた中年男とかつての教え子との悲しき再会が描かれる。
 かつての教え子で病に侵された青年を柳楽優弥、その妻を川栄李奈が演じる。


******************
作品データ
 製作年  : 2019年
 製作国  : 日本
 配 給  : KADOKAWA
 上映時間  : 111分
******************


【映画のストーリー】 結末の記載を含むものもあります。

 城南工業野球部監督・小渕隆(堤真一)は、陽に焼けた赤い顔と鬼のような熱血指導から、かつては赤鬼と呼ばれていた。
一歩手前までいきながら甲子園出場の夢は叶わないまま10年の月日が経ち、50代となった今では野球への情熱が衰え、身体のあちこちにガタがきている。
 ある日、赤鬼は診察を受けた病院でかつての教え子・斎藤智之(柳楽優弥)と偶然再会。ゴルゴという愛称だった彼は、非凡な野球センスがありながら堪え性のない性格で努力もせず、途中で挫折して高校を中退していた。
 10年ぶりに再会し今や20代半ばを過ぎた彼は、妻・雪乃(川栄李奈)や息子・集と幸せな家庭を築き、立派な大人になっていた。しかしゴルゴが末期がんであることが判明し、余命半年と告知される。
 赤鬼はゴルゴのために、彼が挑むはずだった甲子園出場を賭けた決勝戦の再現試合を企画。10 年という歳月を経て、それぞれの思いを胸に、ゴルゴの最後の試合が行われる。

【キャスト・スタッフ】
 役  名 : 配  役
小渕隆(赤鬼先生)  : 堤真一
斎藤智之(ゴルゴ) :  柳楽優弥
斎藤雪乃  : 川栄李奈
和田圭吾  : 竜星涼
高校時代の斎藤智之(ゴルゴ)  : 堀家一希
高校時代の和田圭吾  : 武藤潤
斎藤智美  : キムラ緑子
小渕陽子  : 麻生祐未

監  督  : 兼重淳
プロデューサー  : 橋口一成 、 関根真吾 、 東島真一郎
原  作  : 重松清
脚  本  : 上平満 、 兼重淳
撮  影  : 向後光徳
音  楽  : 北城和美 、 北城浩志




関連記事

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック