FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



『実写版』 Disney 映画 【アラジン】 を見る!
2019年7月2日(火)

 ちょっと前の話しですが6月23日

『実写版』 Disney 映画 【アラジン】 を見ました!

Alladin-Poster.jpg


『実写版』 と言っても殆どがCGで、その一部に俳優の顔が
当てられているという感じでした。

映画 【アラジン】日本語公式サイト


    実写版『アラジン』ウィル・スミスが歌う「フレンド・ライク・ミー」 


    僕を信じて…実写『アラジン』本編映像


    実写版『アラジン』新曲「スピーチレス~心の声」本編映像



映画.comによる作品紹介

 「アラビアン・ナイト」の物語をベースに、不思議なランプを手に入れた若者が愛する女性を守るため繰り広げる冒険を描いたディズニー・アニメの名作を、「シャーロック・ホームズ」シリーズのガイ・リッチー監督のメガホンでディズニーが実写映画。

 生きるために盗みを働きながらも真っ直ぐな心を持ち、人生を変えるチャンスをつかもうとしている青年アラジンと、自立した心と強い好奇心を抱き、自由に憧れる王女ジャスミン。
 2人の運命的な出会いをきっかけに、それぞれの願いは動き始める。
 そしてアラジンは、邪悪な大臣ジャファーの甘い誘いに乗り、魔法の洞窟からランプを引き受けるが……。

 魔法のランプから登場するランプの魔人ジーニーをウィル・スミスが演じる。
 アニメ版でアカデミー主題歌賞を受賞したアラン・メンケン作曲、ティム・ライス作詞の「ホール・ニュー・ワールド」などおなじみの楽曲も流れるほか、「ラ・ラ・ランド」「グレイテスト・ショーマン」のベンジ・パセック&ジャスティン・ポールが手がけた新曲も物語を彩る。

**************
作品データ
 原 題 : Aladdin
 製作年 : : 2019年
 製作国 : アメリカ
 配 給 : ディズニー
 上映時間 : 128分
 映倫区分 : G
**************

【キャスト・スタッフ】
 配  役  :  役  名
ウィル・スミス : ジーニー
メナ・マスード : アラジン
ナオミ・スコット : ジャスミン
マーワン・ケンザリ : ジャファー
ナビド・ネガーバン : サルタン
ナシム・ペドラド : ダリア
ビリー・マグヌッセン : アンダース王子

監   督 : ガイ・リッチー
製   作 : ダン・リン,ジョナサン・アイリヒ
製作総指揮 : ケビン・デラノイ,マーク・プラット
脚   本 : ジョン・オーガスト,ガイ・リッチー
撮   影 : アラン・スチュワート
美   術 : ジェマ・ジャクソン
衣   装 : マイケル・ウィルキンソン
編   集 : ジェームズ・ハーバート




関連記事

テーマ:ディズニー映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック