FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



NHK朝ドラ【なつぞら】に 日本国憲法第18条が出てきました!
2019年6月21日(金)

6月19日放送のNHK朝ドラ【なつぞら】に、なつの先輩で元警察官の
下山克己の経験として日本国憲法第18条が出てきました!

ドラマの中では終戦直後に制定された日本国憲法に「奴隷的拘束の禁止」
という条文(第18条とは言わなかったが)があり、それを根拠に貧困から
売られた女性を救出したと云う流れの中で出たのです。

NHK-NATSUZORA_20190619.jpg
 役名・左から  三浦茜 奥原なつ 下山克己(話題の人) 大沢麻子 堀内幸正
 公式Twitter より #渡辺麻友 #広瀬すず #川島明 #貫地谷しほり #田村健太郎

私の facebook へのコメントによると、この下山さんにも実際のモデルと
なった方が居られたそうです。(伊達 純 さんのコメント)
そのコメントによるとモデルは大塚康生さんとのこと。
「太陽の王子ホルスの大冒険」「ルパン3世」「侍ジャイアンツ」「未来少年コナン」
などの作画監督をされていたそうです。

日本国憲法タブーが蔓延する中でのNHKスタッフの意気を
示したことを激励したいと思います。

こういう流れのなかでしか日本国憲法を語れないNHK!

【日本国憲法 第十八条】
何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。
又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。

************

【関連記事】

NHK【なつぞら】第12週あらすじ

【なつぞら】69話の視聴率とあらすじ!
広瀬すず、貫地谷しほりの対立から川島明の名言へ!?

dorrama9 - 2019年6月20日


広瀬すず主演「なつぞら」第69話視聴率は21・4%で好調キープ
スポーツ報知 - 2019年6月20日 10時17分




以下のブログに全文書き起こしあり

「なつぞら」 第69回
第12週 「なつよ、千遥のためにつくれ」
奇跡は・・・人間が当たり前のことをする勇気

日々のダダ漏れ - 2019-06-19 12:00:00
https://ameblo.jp/pikataa3/entry-12481530361.html


このブログから関連部分引用コピペ(改行は適宜修正)

下山:(なつの先輩アニメーター・下山克己)
 あのころは、警察も、混乱してい たかもしれないけど、そこにいるのは、
やっぱり、人間だからね。僕がまだ、新米で、派出所に勤務していた頃、
近くの飲食店から、逃げ込んできた娘さんがいたんだ。
生活に困って、娘を売るっていう記事が新聞に載っていた頃だから。

 その子は、その店が怖くなって、逃げたんだ。

なつ) 逃げてきたんですか?

下山) 店との間には、あっせん業者が入っていて、まだその時点では、
違法とは言えないって、警察の上司は、判断した。

 だけど、そこにいた、僕の先輩は、諦めなかった。
法律を一生懸命勉強して、戦後定められた、日本国憲法の中に、
 「何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない」 という条文があるのを発見して、
それを根拠に、娘を、自由にしたんだ。

なつ) 勝手にですか?

下山) うん。上司も、飲食店の店主も怒ってね。先輩は、辞職も覚悟してた…。
 あっ、今その子は、先輩の知り合いの旅館で、元気に働いてるよ。
奇跡なんてもんは、案外、人間が当たり前のことをする勇気みたいなもんだよ。
 その勇気を持ってる人間は、どこにでもいるよ。

なつ) その先輩は、下山さんじゃないんですか?
だから警官を辞めたんですか?

  **********
以上、引用終わり(リンク先には全文掲載)
引用者注:
なつが、この話をするときに妹のことでは無くて
「おでん屋に、よく来るお客さんの話なんですけど…」
と知り合いの話しに変えていたので、
「その先輩は、下山さんじゃないんですか?」と言う
ような『返し』となった訳です。






関連記事

テーマ:NHK 連続テレビ小説 - ジャンル:テレビ・ラジオ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック