FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



問題の映画【空母いぶき】を見ました!
2019年5月24日(金)

本日公開の『問題の』映画
【空母いぶき】
を早速見てきました。

20190525002134363.jpg


本日上映の最初の回(9時45分開始)すなわち最も早い上映を見てきた訳です。

完成試写会でスタッフやキャストから自衛隊や自衛隊員の全面協力に感謝する声が
幾つか上がっていたことを見ても、この映画がある意味では自衛隊宣伝の映画に
なっていることは明らか。

なので、【航空機積載護衛艦 いずも】 に相当する【空母いぶき】や
搭載機・F35A、潜水艦、護衛艦(イージス艦)などが大活躍。

そして、自衛隊員は節度があり、可能な限り敵兵を殺さないことに留意。
戦争にさせないために局地戦闘で解決すると言う姿が強調されていた。

安倍晋三を茶化したのでは無いかと右翼の攻撃に晒されている
佐藤浩市扮する垂水総理大臣は戦争に繋がる『防衛出動』に躊躇する。

防衛相など取り巻きは「応戦しなければイクサに負けてしまう」と絶叫!

自衛隊員の死傷者が出る中で垂水総理大臣は防衛出動を決定。
南洋での戦闘が本格的に始まるのです。

敵国(劇画では中国名指しだが映画ではISを擬した振興勢力)は、
次々とミサイルや魚雷を打ち出し、これを迎撃ミサイルなどで撃破!

超音速のミサイル同士が正面から向かい合って当たるはずがないのに
ほぼ全てのミサイルを迎撃で撃ち落とすとかあり得ない設定も!

外務省も実際の腰抜け外務省では無くて、国連との難しい交渉を成功させ、
正規の国連軍を国連の歴史上初めて出動させる成果を得る描き方。

今の安倍晋三政権では、絶対に成し得ない結果になるのだが、観客には
どのように受け取られるだろうか?

124席のスクリーンにざっと7割位の上々の入りでした。


【関連記事】

中国軍戦闘機が日本領海上で自衛隊偵察機を撃墜 【空母いぶき】
 観劇レビュー&旅行記 - 2015年7月29日(水)

 今から4年も前から中国軍と自衛隊の戦闘が始まっていた!
 この記事で引用している劇画の場面が、映画でも冒頭に
 『自衛隊の偵察機が撃墜された』と云う筋書きで描かれていた。

「迷ったら射て」 中国との戦争を煽る ビッグコミックの【空母いぶき】
 観劇レビュー&旅行記 - 2015年9月24日(木)

 最初に『空母いぶき』から出撃するアロバトロス隊に
 「迷ったら射て」と云う場面もこの劇画の通りだった!

【安保法制で軍隊化する自衛隊】東京新聞論説委員・半田滋氏講演会
 観劇レビュー&旅行記 - 2018年11月16日(金)


ビッグコミック【空母いぶき】特集 映画化の狙いは?!
 観劇レビュー&旅行記 - 2019年5月14日(火)




こちらは映画版【空母いぶき】の予告編



ビッグコミック【空母いぶき】特集(2019/5/14発売)

BigComic_KuhboIbuki-Special_20190514-04.jpg

     下は、特集号用の【空母いぶき】全体像の特別画面
BigComic_KuhboIbuki-Special_20190514-03.jpg

Movie Walker による作品紹介

【解説】
[c]かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ
かわぐちかいじの人気コミックを、骨太な人間ドラマに定評のある若松節朗が映画化したポリティカル・アクション。謎の武装集団によって領土を占領されるという未曽有の事態に遭遇し、現場へ向かう自衛隊初の航空機搭載型護衛艦いぶきのクルーたちの戦いが描かれる。いぶきの艦長を西島秀俊、副長を佐々木蔵之介が演じるなど、実力派キャストが顔を揃える。**************************
作品データ
製作年 :2019年
製作国 :日本
配給 :キノフィルムズ/木下グループ
上映時間 :134分
******************
【映画のストーリー】 結末の記載を含むものもあります。
20XX年、クリスマスイブ前日の12月23日未明。沖ノ鳥島の西方450キロ、波留間群島初島に国籍不明の武装集団が上陸、日本の領土が占領された。海上自衛隊は直ちに小笠原諸島沖で訓練航海中の第5護衛隊群を現場に向かわせる。その旗艦こそ、自衛隊初の航空機搭載型護衛艦《いぶき》であった。計画段階から「専守防衛」論議の的となり、国論を二分してきた《いぶき》。艦長は、航空自衛隊出身の秋津竜太一佐(西島秀俊)、そしてそれを補佐する副長は、海上自衛隊生え抜きの新波歳也二佐(佐々木蔵之介)。そんな彼らを待ち受けていたのは、敵潜水艦からの突然のミサイル攻撃だった。さらに針路上には敵の空母艦隊が出現。想定を越えた戦闘状態に突入していくなか、政府は戦後初めての「防衛出動」を発令。迫り来る敵戦闘機に向け、迎撃ミサイルが放たれる……。

【キャスト・スタッフ】
 役  名 : 配  役
秋津竜太  : 西島秀俊
新波歳也  : 佐々木蔵之介
本多裕子  : 本田翼
田中俊一  : 小倉久寛
滝隆信  : 高嶋政宏
瀬戸斉昭  : 玉木宏
淵上晋  : 戸次重幸
迫水洋平  : 市原隼人
有澤満彦  : 堂珍嘉邦
藤堂一馬  : 片桐仁
岡部隼也  : 和田正人
葛城政直  : 石田法嗣
柿沼正人  : 平埜生成
吉岡真奈  : 土村芳
森山しおり  : 深川麻衣
浮船武彦  : 山内圭哉
中野啓一  : 中井貴一
中根和久  : 村上淳
沢崎勇作  : 吉田栄作
沖忠順  : 佐々木勝彦
城山宗介  : 中村育二
石渡俊通  : 益岡徹
晒谷桂子  : 斉藤由貴
湧井継治  : 藤竜也
垂水慶一郎 : 佐藤浩市


監督  : 若松節朗
監修  : かわぐちかいじ
原作  : かわぐちかいじ
脚本  : 伊藤和典 、 長谷川康夫
企画  : 福井晴敏
音楽  : 岩代太郎





関連記事

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

やっぱり・・・.
今日,佐賀まで出かけて「沖縄スパイ戦史」を見てきました.
http://www.tofoo-films.jp/spy-senshi/?p=2170
最後には,南西諸島への自衛隊進出の問題も取り上げられています.これこそ全国民が見るべき映画と思いました.でも「空母いぶき」の何千分の1,何万分の1かでしょう.
福岡でも上映会があります.

【2019/05/25 18:50】 URL | 豊島耕一 #npZ2BW2I [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック