FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



映画【居眠り磐音】を見ました! 剣術の話しとは少し違って・・・
2019年5月21日(火)

先週末、中洲大洋劇場で松坂桃李さん主演の時代劇
【居眠り磐音】 を見ました!

20190524230322485.jpg

九州らしき田舎の小藩から江戸留学に出された幼馴染の3人が
3年の留学期間を終えて、藩からも大いに期待されて帰国。

当時の江戸留学と言えば、現在の欧米留学よりももっと遠方のイメージ。
何しろ、欧米は丸一日掛からなくても行けるのに、当時の江戸迄は
何十日もの行程。

また、意識的にも藩が国であり、他藩は外国のようなもの。

その留学から勇躍して帰国して、藩政改革を志し、また期待もされる3人。

映画の冒頭は、そう云う近い将来への明るい展望を描かれるのですが・・・

映画が始まって結構はじめの方の15分くらい経った処で事態が急変し、
救いの無い悲劇的展開に・・・

映画が封切されてまだ1週間くらいしか経っていないので、これ以上詳しく
書くのは控えます。


以下は、中洲大洋のディスプレイ!

20190524233320a8d.jpg

201905242333162b8.jpg

20190524233317f3b.jpg
人物相関図

2019052423331967a.jpg


【居眠り磐音】公式サイト


Movie Walker による作品紹介

【解説】
数々の時代小説で知られる佐伯泰英の人気シリーズを松坂桃李主演で初めて映画化した時代ドラマ。不幸な過去を背負い、故郷を離れて江戸で浪人として暮らす男が、巨悪に立ち向かうため、剣を手に取る。コメディから社会派ドラマまで幅広いジャンルを手がける本木克英がメガホンを握る。主題歌を人気歌手のMISIAが担当する。

***********
【作品データ】
 製作年 : 2019年
 製作国 : 日本
 配 給 : 松竹
 上映時間 : 121分
***********


【映画のストーリー】  結末の記載を含むものもあります。
人情に厚く、春風のように穏やかで、礼節を重んじる好青年の坂崎磐音(松坂桃李)は剣の達人ではあるが、日向ぼっこで居眠りする老猫のような剣術で、眠っているのか起きているのかわからないことから“居眠り剣法”と呼ばれていた。

磐音と幼馴染の小林琴平(柄本佑)、河井慎之輔(杉野遥亮)は江戸勤番を終え、三年振りに故郷である九州・豊後関前藩に戻る。琴平の妹・舞は慎之輔に嫁ぎ、磐音も琴平と舞の妹・奈緒(芳根京子)と祝言を控えていた。

ところが、磐音と奈緒の祝言の運びになったとき、舞が不貞を犯したという噂を聞いた慎之輔が、舞を斬ってしまう。それに激昂した琴平は噂を慎之輔に吹き込んだ人物と慎之輔を斬る。
琴平は罰せられることとなり、磐音が琴平を討ち取るよう命じられる。
琴平を討ち取った磐音は、実の兄を殺した以上、奈緒とは一緒になれないと、彼女を残して脱藩する。

すべてを失い、浪人の身となった磐音は江戸の長屋で暮らすようになるが、収入源がなく家賃の支払いも滞ってしまう。
見かねた大家・金兵衛(中村梅雀)の紹介で、昼は鰻屋の鰻割き、夜は両替商・今津屋の用心棒として働き始める。
穏やかで優しいが剣の腕は立つ磐音は、次第に周囲の人々から頼られる存在になり、今津屋の女中で金兵衛の娘・おこん(木村文乃)からも好意を持たれるようになる。
そんな折、今津屋は幕府が流通させた新貨幣をめぐる陰謀に巻き込まれ、磐音は用心棒として悪に立ち向かう……。

【キャスト・スタッフ】

 役  名 : 配  役
坂崎磐音 :松坂桃李
おこん :木村文乃
小林奈緒 :芳根京子
小林琴平 :柄本佑
河出慎之輔 :杉野遥亮
佐々木玲圓 :佐々木蔵之介
宍戸文六 :奥田瑛二
由蔵 :佐戸井けん太
毘沙門の統五郎 :比留間由哲
東源之丞 :和田聰宏
竹村武左衛門 :高橋努
品川柳次郎 :荒井敦史
坂崎伊代 :南沙良
鉄五郎 :ベンガル
川合久敬 :桜木健一
蔵持十三 :水澤紳吾
黒岩十三郎 :阿部亮平
上野伊織 永瀬匡
さよ :川村ゆきえ
河出舞 :宮下かな子
松吉 :山本浩司
佐兵衛 :有福正志
日村綱道 :菅原大吉
庄右衛門 :陣内孝則
甚兵衛 :橋本じゅん
邦右衛門 :早乙女太一
高尾太夫 :中村ゆり
天童赤児 :波岡一喜
坂崎正睦 :石丸謙二郎
坂崎照埜 :財前直見
田沼意次 :西村まさ彦
吉右衛門 :谷原章介
金兵衛 :中村梅雀
有楽斎 :柄本明

監督 :本木克英
製作 :今村司 、 大角正 、 谷和男 、 中部嘉人 、 有馬一昭 、 安部順一
プロデューサー :西麻美 、 福島大輔
原作 :佐伯泰英
脚本 :藤本有紀
撮影 :安田雅彦
音楽 :高見優
企画・プロデュース :藤村直人
音楽プロデューサー :千陽崇之
音楽ディレクター :岩崎充徳
主題歌 :MISIA
美術 :原田哲男 、 倉田智子
編集 :川瀬功
録音 :山本研二
記録 :西岡智子
音響効果 :岡瀬晶彦
エグゼクティブプロデューサー :伊藤響 、 吉田繁暁
アクションコーディネーター :諸鍛冶裕太
助監督 :井上昌典
演技事務 :城野浩人
照明 :はのひろし
装飾 :郷原慶太 、 中込秀志
ライン・プロデューサー :砥川元宏
VFXプロデューサー :斎藤大輔
VFXディレクター :土師翔太
整音 :鈴木肇
制作担当 :高塚映里香 、 村山大輔



関連記事

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック